「頑張りすぎない40代」ゆるふわヘアは毛先カールが叶えてくれる(後編)

<<前ページ

ボリューム不足を解消するSカールロング

髪がやせてくるとペタンとしてしまうのですが、髪が長いとその重みでさらにふんわり感が失われてしまいます。

ハリ・コシもなくなってきますから、せっかく根元を立ち上げても時間がたつとへたレてくることもあります。

手っ取り早い解決策はパーマでボリュームを出すこと。

髪が傷んで、さらにボリュームがなくなるのでは?と思いがちですが、毎日アイロンで髪を巻く、ドライヤーの熱を長時間あてることを考えれば髪へのダメージは少なくすみます。

パーマといってもゴージャスな巻き髪ではなく、ゆるやかなS字カールに。THE巻き髪は、老けて見えがちなので注意したいところです。

 

毛先がハネやすいセミロングでも、パーマをかけておくことでまとまりのある動きがつくれます。また、S字カールのおかげでほどよくくびれもできるので小顔効果も期待できますよ。

 

例えばこんなスタイル…

毛量が減って毛先がスカスカに見えやすいロングは、カールの重なりでボリュームが出て華やかに。髪が豊かに見えると若々しい印象に!

出典>>40代でも痛くないロングヘア!「Sカール」でつくるオトナ髪って

 

大きなゆったりカールで大人の華やぎを

長めヘアさんなら大きめのカールでゆるふわにするのがおすすめです。

直毛さんやかたい髪でも手ざわりがよさそうに見え、女性らしさもぐんとアップ。

アイロンで巻いている人も多いと思いますが、カールがダレたり巻きすぎてゴージャスになったり、ちょうどいい加減になかなかならないですよね。

パーマも再現するのが難しいと感じている人もいると思いますが、デジタルパーマなら乾かすだけでスタイルが決まりますよ。

 

例えばこんなスタイル…

担当/加藤貴大さん

 

しなやかな曲線を描く大人のスタイル。ふんわりとやわらかい動きが出るので、ボリューム不足に悩む人におすすめです。ウォームベージュのカラーでツヤと柔らかさをプラス。顔まわりもタイトにせず、ふわっと仕上げて。

 

担当/加藤貴大さん

かき上げ前髪と毛先のゆれ感で大人の魅力がアップ。若づくりでもなく、がんばった感もなく、成熟した大人にぴったりのスタイルです。

ハンドブローで髪を持ち上げながら乾かし、毛先にランダムな動きをつけて。毛束がかたまってしまうと古臭い印象になるので、束感はありつつもカールの動きが一定にならないようにするのがポイント

 

するんとまとまりある美人ヘアに

 

パーマはウエーブをつけるだけではなく、まとまりのあるスタイルをつくるのにもお役立ち。毛先に内巻きのワンカールをつければ、しなやかな女性らしいシルエットが簡単につくれます。丸みボブにしたいという人にもおすすめです。

 

例えばこんなスタイル…

担当/NAOMIさん

清潔感のあるミディアムスタイル。髪が広がる、毛先がハネるなど髪質の悩みをカバーしてくれます。朝の支度もラクに!

つるんとまとまるので、ツヤもアップ。スタイリングは毛先が内に入るようにブローするだけでOKです。毛先がパサつかないようにオイルやシアバターをつけて仕上げて。

 

 

パーマをかけるというと華やかな巻き髪の印象がありますが、今はナチュラルなカールが主流です。さみしくなった髪に動きとボリュームを出したいというアラフォーにはうれしいトレンドです。

髪悩みのカバーとおしゃれを両立したいと考えているなら、ぜひパーマを取り入れてみてください。

出典>>「頑張りすぎない40代」ゆるふわヘアは毛先カールが叶えてくれる

スポンサーリンク

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     
この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク