岩井志麻子 【超年上妻】を選ぶ男たちは熟女好きなのか? #志麻子ヒョウ柄コレクション

フランスのマクロン大統領といえば何をおいてもさておいても、妻が二十四歳年上で出会ったときは教師と生徒で、妻は前夫との間に子どももいた、ってことが話題になる。グーグル検索でマクロンと打ち込んだら、予測変換には真っ先に妻と出てくるし。

 

超年上妻を選ぶわけ

十六世紀フランスの国王アンリ二世にも、有名な年上妻がいた。正確には愛妾だけど王妃同然だった、二十歳年上のディアーヌ夫人。こちらも夫人は前夫との間に子どもがいて、宮廷の家庭教師として幼いアンリ二世と出会っていたのであるよ。
ここに自分らを持ってくるのはものすごく心苦しいし、不敬罪でギロチンにかけられても仕方ない気もしてくるが、私も今の夫は十八歳年下だ。岩井志麻子は別として、マクロン夫人やディアーヌ夫人は見た目も人柄も美しく魅力的で、大統領も国王もざっくり熟女好きなのではなく彼女その人に惚れたのだ。

私らついつい、大統領や国王も熟女好き、あんな富も名誉も身分も何もかもあるいい男が若い娘より年増を選んだ、とはしゃいでしまいがちだが。熟女ならなんでも好きな訳じゃないから、彼らも。そこんとこ、勘違いや決めつけをしてはいけないわね。

 

我が夫婦の場合

じゃあ、あんたの夫は何だという突っ込みは必ず、金目当てだろうというのとセットになっている。まぁ、まったくはずれてはいない。っていうか、その通りだと思う。
だけど、金も魅力の一つ。もちろんそんな大富豪じゃないけどね。その人の金そのものより、金を稼げる能力に魅了されてお近づきになりたいってのは、私にもある。

ともあれ自分がちょっと稼げるもんだから、夫となる人には経済力を求めないのね。じゃあ何を求めているかといえば、おもしろさや可愛さ楽しさだ。あと、物語を作らせてくれる、もっとぶっちゃけるとネタになってくれる言動ね。

 

自称・熟女好き男とは

自分が最も何を求めているか、何が必要か、そして何が要らないか。繰り返すが大統領も国王も若い女が嫌いなのでも熟女好きでもなく、愛する女の年齢が重要でなかっただけ。

ここで年上妻からアドバイス。熟女好きを自称する男の言葉を、額面通り受け取ってはダメ。広く女からの好感度を高めたいだけだったり、ウケ狙いやキャラ付けのいわば営業熟女好きがけっこういる。「熟女ではなくあなたが好き」という男を受け入れましょう。

 

#志麻子ヒョウ柄コレクション 女ヒョウメイクにうっとりの図。

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

岩井志麻子 20代それとも40代!? 女性の性欲のピークはいつなのか

五十二歳になった今、己を振り返ってみれば。やっぱり性欲が盛んだったのは二十歳~四十歳あたりだったわ。それはずばり、妊娠と出産の適齢期だったからでしょう。適齢期と…

岩井志麻子 43歳で再婚した私が「40代の結婚」で大切だと思うこと

私の場合、最初の結婚は二十三歳、今も続く再婚は四十三歳のときだった。結婚というものは本当に人それぞれ、人の数だけ形はあると思うが、初婚のときはわりと何もかもが平…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

おひとりさまには理由がある? 40代独女の特徴「○○ない」性格

40代で未婚・独身という女性が、それほど珍しくはなくなってきている。国立社会保障・人口問題研究所の2015年の調査でも、女性の生涯未婚率が14.06%という過去最高の数字…

「出会いがない」は言い訳。独身者が結婚しない、本当の理由

30代以上の男女が独身でいる理由の第1位は「適当な相手にめぐり会わないから」。国立社会保障・人口問題研究所が発表した第14回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調…

岩井志麻子 40歳を過ぎると「みんなセックスレス」問題について

子どもの頃、親に必ず怒られる言い方として、「みんな持ってるもん」「みんなやってるのに」というのがあった。「あれ買って~、みんな持ってるもん」そういうと親は決まっ…

岩井志麻子「そろそろ閉経…」と思い始める40代女性に伝えたいこと

私自身が五十代も半ばとなり、閉経もした。少なくとも自然の状態、つまり医療行為をしない状態であれば絶対、妊娠はしない。当然、出産もない。50代になって思うこと子ども…

岩井志麻子 男女の別れは醜い?美しい? 私が離婚したときのこと

私がやってる唯一のスポーツは射撃で、つまり猟銃を所持している。最初に所持許可をもらうのもなかなか大変なんだけど、三年に一度の更新ってのもかなり手続きが煩雑。モノがモノだけに、所轄の警察署から関係者に聞…

岩井志麻子 実は顔の造作じゃなかった。「美人とブス」を決めるもの。

「超のつく美人よ」「腰が抜けるほど可愛い」なんてあらかじめ聞かされてから本人に会うと、確かに美女には違いないけど、おのれを棚に上げまくって「そこまでいうほどか」「このくらいなら、ちょっとした会社の受付…

岩井志麻子 「今年こそ結婚したい」と願う婚活女子たちへ。必読のバイブル書とは

あちこちで話題の我らが浅見悦子編集長の婚活体験をまとめた『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』は、すべての婚活女子のバイブルとなるべき書である。なんたって浅見編集長は一回りくらい若く見られる可愛らしい…

岩井志麻子 私の「重大ニュース2018」とは? 1年を振り返る

十二月に入り、今年を振り返ってみたのだが。良くも悪くも、ぱっとしない一年だったなぁ~、と苦笑いするしかない。今年、何か自分にとっての大きな出来事や事件があったっけ? と考えても、すぐには何も浮かばない…

岩井志麻子 42歳の中谷美紀さんも。40代からの「国際結婚」を考える

昭和の半ば過ぎまで、特に田舎であれば女の人生の選択肢は乏しいというより限定されていた。何はともあれ結婚しなければ生活できない、生きていけない女が大半だった。大昔の結婚から今の結婚までの流れ明治、大正生…

岩井志麻子 モテたいなら、モテる女より見たほうがいい「アレ」

昔からあちこちで書いたり発言したりしているが、何度でも繰り返させてもらう。モテたかったらモテる人を真似るのではなく、モテない人を真似ないようにしなさい、と。モテる人は何をしてもモテる人は、その人だから…

岩井志麻子 40代からの「女の年齢と市場価値」を考える

そりゃ、女にとって年齢ほど価値のあるものはないよ。そして、女にとって年齢ほど厳しい査定を突きつけられるものもない。結婚市場、婚活の現場、ナンパの路上、そして水商売や風俗といった色気と美を売る職種におい…

岩井志麻子 潔く引くか、死ぬまで現役か。人生の幕引きを考える

人気絶頂期にすっぱりと芸能界を引退。昭和なら百恵ちゃん。平成なら安室ちゃん。それぞれ、愛する人と結婚するから。違う人生を歩みたいから。という、これまた時代に合った美学を見せつけられ、「もったいないけど…

岩井志麻子 40代の「痛いファッション」について考える

アラフォー以上に対していわれる「イタいファッション」とはたぶん、本来なら十代や二十代が着るような「過ぎた若作り」、もしくは派手すぎ露出度の高すぎな「セクシーすぎる」感じを指すのだと思う。いずれにしても…

岩井志麻子 女50代「私の更年期」について考えてみる

四十になる前にガツンと重いのが来た人もいれば、軽めのが閉経したときの五十くらいで来たかな、とか。閉経間際の四十代後半でかなり長引いて苦しかった、などなど。更年期とは、年齢も症状も本当に人それぞれのよう…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事