「ひとあしとび」と読みたくなりますが……「一足飛び」の読み方、知っていますか?

2022.05.03 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「一足飛び」です。

「一足飛び」の読み方は?

「ひとあしとび」や「いちあしとび」と読んだ人がいるかもしれませんが、残念ながらそれは間違い。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「いっそくとび」です。

「一足飛び」は

1 両足をそろえて飛ぶこと。
2 目的の地点まで一気に移動すること。
3 順序を踏まないで、飛び越えて進むこと。一気に飛び越えること。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

という意味です。

類語表現には「一気に・一度に・一斉に」などが挙げられます。このような表現を用いる際、「一足飛び」もぜひ使ってみてください。

「足下」の読みは、「あしもと」?「ソッカ」?

「一足飛び」は「ひとあしとび」ではなく「いっそくとび」と読みますが、「足下」は「あしもと」とも「ソッカ」とも読みます。ただし、「ソッカ」と読めるのは「足“下”」とあった場合のみ。「あしもと」が「足元・足許」とあった場合には「あしもと」としか読めません。

「足下・足元・足許」は

①歩いたり立ったりする足の下のあたり。
②近辺。身辺。置かれている状態や立場。
③足どり。歩き具合。

出典元:あしもと|言葉|漢字ペディア

という意味です。

一方「足下(ソッカ)」は

①足の下。足もと。
②あなた。自分と同等、または下位の相手への敬称。
③手紙の脇付(わきづけ)に使う語。

出典元:ソッカ|言葉|漢字ペディア

という意味です。

“足の下のあたり”を表したい場合には「あしもと」と読んだ方が伝わりやすいかと思います。

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

続きを読む

スポンサーリンク

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     
この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク