【ヘアオイル】の付け方、9割の人が間違ってるって本当!? ヘアオイルの本当の役割とは(後編)

<<前ページ

水から髪を守るためには

星「ええと、少しでも水分があるとキューティクルが開いてしまうわけだから…」

篠原さん「そう、だから、カンペキに水分から髪を守る必要があるんです」

星「一体どうやって…?」

篠原さん「それはね、水と反発するものを使えばいいんですよ」

星「水と反発… なるほど、そこでオイルなんですね!」

篠原さん「はい。昔の人は椿油をつけていましたよね。電子顕微鏡がない時代でも、感覚的に油をつけることが良いと知っていたんですね」

 

オイルを使って水分から守るしくみ

篠原さん「身近なドレッシングを使って説明しましょう。ドレッシングを振って混ぜても、時間がたつと分離しますよね。これは分子の性質が関係することなんです」

篠原さん「水の分子も油の分子も引き合う性質があります。水は水と、油は油と引き合うのです」

星「水の表面張力も、その性質のおかげなんですよね…。引き合うから水がいっぱいになってもこぼれない」

篠原さん「その引き合う力が、油よりも水の分子の方が力が強いんです。引き合う力が同じだと混ざる性質があります」

 

原理を知ればカンタン。オイルが水分を弾いてくれる!

篠原さん「なので、オイルと水は混ざりません。髪を水分から守るヒントはここにあります…。ヘアケアの最大の敵である『水分』をオイルが弾いてくれるんです」

星「なるほど!! パサパサな髪から…うねる髪から…広がる髪から、守ってくれるのが…」

篠原さん「ババババーーーン!そう!『オイル』なんです!」

星「じゃあ、濡れた髪にオイル塗ってたのは間違いだったんですね」

篠原さん「そうです。オイルは、乾いた髪に塗りましょう!」

星「今日からそうします! ありがとうございました!」

 

次回 乾かす前にオイルをつけてはいけない3つの理由

>>クリックして続きを読む!

 

 

★髪のツヤシリーズ

第一章:髪のツヤの正体を知る

第二章:ヘアケアの敵は潤い!?

第三章:←本記事

 

毎週土曜 朝7時に更新!


日本髪型研究所では、この他にもたくさんのメソッドをご紹介。

「自分に似合う髪型を探すことで、自分をもっと好きになってほしい」
そんな思いがこもったインスタアカウント、ぜひチェックして!
日本髪型研究所(@nihon_kamigata_kenkyujyo)
(構成・文/星雅代)

スポンサーリンク

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク