お風呂上がりの「ヘアケア」は超重要! 9割の人がやってるNG行動がこちら(後編)

<<前ページ

髪はいちど傷んだら復活しない

篠原さん「予備知識をもうひとつ。髪は復活しません」

星「肌にはターンオーバーがありますが、髪にはそれが無いということですね」

篠原さん「そうです。なので、受けたダメージがどんどん蓄積していってしまうのです」

 

風呂上がりの髪はチョコレート

篠原さん「お風呂上がりの髪は、キューティクルが開いていますよね。これって、溶けたチョコレートみたいなものなんです」

星「詳しくはどういうことですか?」

篠原さん「溶けたチョコレートが冷えると、その形で固定されますよね。髪も同じで、10%乾いたら10%、50%乾いたら50%、そのままの形で寝癖のように結合されるということです」

 

濡れた髪をゴムでしばると

篠原さん「僕のインスタで顕微鏡写真を公開しているのですが、濡れた髪をゴムでしばると、縛った部分だけキューティクルが剥がれているんです」

星「見てわかるほどに!? 濡れた髪ってそんなに脆いんですね」

篠原さん「そうです。それが毎日繰り返されたら…」

星「ダメージが大変なことになる、と」

 

ダメージを蓄積させないためには

 

篠原さん「というわけで、お風呂上がりはゴムでしばらない。あと、もちろんタオルターバンもだめですよ」

星「はい、タオルターバンについては恐ろしさを力説頂いたので…あれ以降やってません」

※タオルターバン記事へは関連リンク欄より飛べます

もしくは、こちらから飛べます!

 

篠原さん「今日の結論。お風呂上がりは、優しくコームで梳かして、髪を整えてあげましょう。そして、すみやかに乾かす!120%乾かして下さい! それが髪をキレイに保つ、シンプルかつ最強の方法です」

星「ありがとうございました!」

 


日本髪型研究所では、この他にもたくさんのメソッドをご紹介。

「自分に似合う髪型を探すことで、自分をもっと好きになってほしい」
そんな思いがこもったインスタアカウント、ぜひチェックして!
日本髪型研究所(@nihon_kamigata_kenkyujyo)
(構成・文/星雅代)
       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク