10歳下の彼と、どうにかなりたいなんて。40代独女【年下小説・あなわた#6】

【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり vol.6】

長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子。

(この小説の一気読みはこちら)

 

 

朝の楽しみ

 

高坂くんが同じ駅に住んでいて、同じ時間帯に同じ路線で通勤している。

それを知ってから、私はいつもより少し早起きになった。

 

いつ彼の目に入るかもしれないから、ちゃんとお化粧もしておきたいし、おしゃれもしていたい。だって電車は、混んでくるとびっくりするほど近づいてしまうことがあるから。

でもこんな私のソワソワとは違い、高坂くんは会うたびに眠そうだった。

寝グセがついたまま慌てて乗り込んでくることもあり、可愛いと思った。

 

こんな気持ち、久しぶりだった。

誰かと遭遇する楽しみは、こんなにも毎日に張りが出るものだった。

長いこと、忘れていた楽しみだった。

 

彼と、どうにかなりたいなんて、そんな大それたことは、思ってはいない。

10歳以上も年が違うし、彼はきっと、若い女の子のほうがいいに決まっている。

朝の窮屈な電車の中で、これに彼も乗っているのかもしれないと思うだけで、気分が和む。

今の私には、それで十分だった。

 

会いたい

 

高坂くんには3日に1度は遭遇した。

大抵、彼が私の後から駆け込んでくる。

今日も、そうだった。

 

彼の後ろからもさらにギリギリで入ってきた人がいて、車内は一気にすし詰め状態になり、ドア近くにいた私のバッグに、彼の体が押し付けられた。

高坂くんは、ドアが閉まったところで私に気づいた。

私たちの目が、合ったからだ。

 

「あ、おはようございます」

駅前からダッシュしたのか、彼の息づかいは、まだ荒い。

「おはよう」

思わず、笑顔になってしまう。

「寝坊したの?」

シャツのボタンが一つ外れているし、ネクタイが曲がっている。

 

「そうなんですよ。起きて5分で家出てきました」

話すたびに、彼と交わす言葉が、だんだん増えていく。

最初はぶっきらぼうで、一言喋ったらすぐ黙ってしまうような彼だったのに。

彼は、ただ、照れ屋なだけで、打ち解けたらこんなにも可愛らしい。

 

「……会いたいな」

ふと、彼は電車の中吊りを見上げてそう言った。

そこには女性タレントが微笑んでいた。

彼女と知り合いなんだろうか。それともファンだから会いたいということ?

急に私の胸がざわつく。

 

週末の約束

 

彼女はいないと言っていた彼だけれど、好きな女性は、いるのかもしれない。

その人がたとえタレントであっても、もしかしたら彼には真剣なのかもしれないし。

そんなことをモヤモヤと考えていると、高坂くんが続けてこう言った。

 

「時々会いたくなりますよね、実家の犬に」

「……いぬ!?」

よく見ると、女性タレントは可愛いプードルを抱っこしている。ペット情報雑誌の広告だったのだ。高坂くんはそれを見て、実家の犬に会いたくなったらしい。

 

「でも、実家は遠いんで、なかなかすぐには会いに行けないですね」

「そうね」

私は頷いた。お互いに飛行機に乗らないと帰れないような、交通費がかかる場所に実家があるのだ。

 

「へえ、犬カフェできたんだって」

彼が広告を見上げた。特集記事のひとつに、オープンしたての犬カフェ訪問記があるらしい。何匹もの犬に囲まれ、幸せそうに笑っているレポーターさんの画像もある。

 

「そこなら犬と触れ合えるかも」

「いいですね!」

高坂くんも目を輝かせ、そして、あまりにも自然に、

「週末、一緒に行ってみませんか?」

と言ってきた。

 

(これまでの話はこちら)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク