「勃勃」の読み方、分かりますか? 間違いやすい漢字3選(前編)

2022.06.14 QUIZ

同じ言葉を似回繰り返すことで、より強い意味を表現する畳語(じょうご)。今日は、普段よく使っている畳語を漢字にしてみたものを3つ紹介します。あなたは3問中何問読めるでしょうか。挑戦してみてください!

 

1・「勃勃」の読みは?

「ぼつぼつ」でいいのかな。どんな意味なのかしら。ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「勃勃」の意味は次の通り。

  • 物事のさかんに起こり立つさま。

例えば「勃勃たる闘志」「勃勃たる憎悪の念」

もう分かりましたね?

正解は……

さきほどの例文で言うと……

  • 勃勃(ぼつぼつ)たる闘志
  • 勃勃(ぼつぼつ)たる憎悪の念

と読みます。

「勃」は「起きる」という意味です。力をたくわえ、はけ口を求めて頭をもたげる様子を表す漢字です。「ぶっ」や「ぼっ」と読みますので、外国の国の名前の当て時にも使われます。この「勃」を重ねることで、起こり立つ様子を強めます。ブルガリアは「勃牙利」と書きますし、ボルネオは「勃泥」と書きます。

 

次の問題:「仄仄」の読みは?

「仄仄」は何と読むのでしょう。意外な読み方なんですよ。でも、ここまで読んだあなたなら、漢字のイメージから想像して読めるはず!ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「仄仄」の意味は次の通り。

  • かすか。ほんのり。ほのかに明るいさま。

例えば「夜が仄仄と明ける」

  • ほんのりと心暖まるさま。

例えば「仄仄とした愛情」

もう分かってしまいましたね。

正解は……?

次ページ▶▶「仄仄」なんと読む? 答えは…

続きを読む

       

【アンケートにご協力ください】「更年期対策」って何にいくらかかりますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク