「じゅうじ」ではありません。「十路」の読み方、知っていますか?

2022.06.20 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「十路」です。

「十路」の読み方は?

「十字路(じゅうじろ)」などの言葉から「十路」を「じゅうじ」「じゅうろ」と読んだ人がいるかもしれませんが、残念ながらそれは間違い。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「そじ」です。

「十路」は

《古くは「そち」》10年を単位として、年齢を数えるのに用いる。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

という意味です。

「みそじ」という言葉を聞いたことがありませんか?「みそじ」は漢字で「三十路」と表されます。「十路」が表す各年齢の名称を以下に記すと……

  • 20歳:二十路(ふたそじ)
  • 30歳:三十路(みそじ)
  • 40歳:四十路(よそじ)
  • 50歳:五十路(いそじ)
  • 60歳:六十路(むそじ)
  • 70歳:七十路(ななそじ)
  • 80歳:八十路(やそじ)
  • 90歳:九十路(ここのそじ)

となります。

ちなみに、「三十路」は「三十代」という意味ではなく「三十歳」「三十歳ちょうど」を意味します。「いよいよ三十路」という表現は、「三十路」本来の意味として正しいものですが、「三十路も半ば」のような「三十代」の意味で用いるのは実は誤りだったんです!

とはいえ、言葉というのは時代とともに変化していくもの。「三十代」として用いられることが当たり前になれば、漢字の慣用読み(本来の読みではないが、広く普及した読み方)のように広まっていくかもしれません。

 

参考文献:西東社編集部『今日から役に立つ! 常識の「漢字力」3200』(西東社、2016年)

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

       

【アンケートにご協力ください】「更年期対策」って何にいくらかかりますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク