メールの「返事」が劇的に早く戻る!今すぐできるたった1つのコツ

仕事がデキる女性ほど、無駄な贅肉がなく、無駄な動作もない。一見理不尽にも感じられるこのようなことは、よくありますよね。実は仕事がデキる女性ほど、メールもスマートなのです。いったいどんなテクニックがあるのでしょう。

 

「なかなか返事がこないメール」は長すぎが原因

あなたは、長いメールが届いてうんざりしたことはありませんか? まるで「あなたはヒマなんでしょう?」とでも語っているような長文メール。よくよく読んでみたら、大事な催促文だったとか、じっくり読んでみたら最後に次の約束を取り付ける文書だったとか、そんなことは日常茶飯事ですよね。でも、あなたも同じように酷いメールを送っている可能性もあるのです。

もう少し端的に書けないか?
きみのメールは長すぎる
そこまで注意されたことがある人も結構いるのでは?

・かといって、短くしようと思ってもできない
・短くしてみたはいいけど、情報が足りない部分がありそうで、心配で送信が遅れる
実際に情報が足りなかったらしく、質問のメールが来て、結局もう一往復メールが行き来した。

そんな経験もあるでしょう。それは、「文章は短い方がいい」という考えから来るものですが、「短く」というアドバイスだけではどうしたらいいのか分かりませんよね。
そこで秘策!「メール文をダイエットしよう」と考えると良いのです。

 

1つのメールに書いていい用件は1つ

ひとつのメールに、いくつもの用件を放り込み、余計な贅肉、いえ余計な言葉をゴテゴテとくっつけた分かりにくい文章を書く。それらを醜く、いえ見にくく連ねて、なんとなくまとめたような件名を付ける。これはもう、相手の時間とエネルギーを盗む泥棒メールです。
忙しい人ほどメールをじっくり読む時間がありません。そんな時に、曖昧なタイトル、中身は贅肉でいっぱいの文章、これは後回しにされても当然ですよね。

一文一義」という言葉があります。文章で言う「一文一義」には大きい意味と小さい意味があります。
大きい方は「一つの文章の中には一つの用件を書く」ということです。
小さい方は「一つの文の中にも一つの事柄を書く」ということです。

このような二段構えが文章術全体に有効です。ちなみに、このコラムも「メール文をダイエットしよう」という事柄についてしか書いていません。調子に乗って、私の好きなタレントの話や、家族の話、行きつけの店の話なども書いていませんよね? これが大きい方の「一文一義」の意味です。

これをメールに置き換えると、ひとつのメールにはひとつの用件を書くというテクニックになります。そしてズバリ、要点が「件名」に書かれていれば、通知を見ただけで、とても分かりやすいメールとなるわけです。

 

たった1つのコツ「何を伝えたいのか20秒で話してから書く」

まずは、何を伝えたいのか20秒で話してみましょう。もし、それすらも言えないのであれば、メールを書く準備すら出来ていないことになります。その状態で書き出してしまうタイプの人は、多分、メールを書くのに時間がかかる悩みがあるかと思います。少し頭の中を整理してからメールソフトを開きましょう。料理に例えると分かりやすいかもしれません。お料理は、メニューを決めて、材料をそろえてから作った方が、早く作れますよね? それと同じです。

さきほど20秒で出てきた事柄を、箇条書きにしてください。それが本文になります。

  • お客様感謝デーで配る粗品の納品を早めて欲しい。
  • 地元の野球チームが優勝する可能性が出てきて、商店街でセールをすることになり、それに合わせ、感謝デーのスケジュールを前倒ししたいから。
  • 一週間も早めてもらいたいのだけれど、可能?
  • できたら今週中に返事がほしい。

実を言うと、ストレートに伝わるこの状態がベストなのです(笑)。でもさすがにぶっきらぼうですから、このままではビジネスメールになりません。裸で十分美しいほどスリムになった文ですが、ビジネス用の服を着せましょう

  • お客様感謝デーで配布予定の粗品の件で、納期を早めていただくことが可能かどうかお伺い致します。
  • 実は、地元の野球チームが、○月○日予定の大会で優勝する可能性が高くなって参りました。
  • これにともない、弊社が位置する商店街でも、優勝するかどうかにかかわらず、何らかのセールを開催することになり、弊社もそれに参加する運びとなりました。
  • つきましては、当初○月○日からスタートするはずだったお客様感謝デーを、大会のある○月○日に前倒しをしたいと考えております。
  • 1週間も早いスケジュールではありますが、この納品スケジュールが可能かどうかお伺い致します。
  • こちらの勝手で申し訳ございませんが、今週中にお返事がいただけましたらと存じます。

この6つの文に、宛名と挨拶、依頼文なので重ねてお願い、こちらの連絡先を入れたらOK
ひとつひとつの文も、必要な情報はしっかり入れつつ、不要な情報は盛り込まないを徹底することも大切です。この点もダイエットと似ていますね。必要な部分に必要な肉は付いている、そういうことです。また、最近では、結論は先に書くことが、メールにしろブログにしろ良いとされています。最後まで読まないと何についての文章か分からない文章は、スピード社会には合わなくなってきているようです。

 

文字数を減らすと、往復回数も減る

このように、メールをダイエットすると、すっきり読みやすくなります。その結果、早く送信することができますし、余分な肉、いえ言葉が少ないので誤解も少なくなり、不明部分をもう一度聞くなどの、メールのやりとりも減ります。
伝えたいことを20秒で言い、箇条書きにして、ビジネスの服を着せる。シンプルなプロセスでスッキリ綺麗なメールになるのです。

 

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「速やか」は「はややか」じゃない?即答できない漢字の読み間違い10選

今週は小学校レベルなのに読み間違えがちな熟語10選です。一つでも間違えていたらちょっと反省して!1・この町には風情がある。答え解説あいまいに「ふうぜい」と読む人もいますが、スパッと「ふぜい」と読みましょ…

「直ちに」って正しく読めてますか?意外に間違える漢字10選

「読めそうなのに、意外に読めない熟語」をリストに挙げていくと、いわゆる難読熟語だけではなく、「まさかそれが」と驚くものが出てきます。今週は小学校で習う「読めないかも?」な熟語を10コチェックしましょう。…

「発足」って正しく読めますか?意外に間違えるNG日本語10

どれも知っている漢字なのに、熟語になった途端読めないことってありますよね。そんな読めそうなのに間違っていそうで発音できない熟語を10個集めてみました。今日は有名な文学作品から引用。つい飛ばしてしまう次の…

「さかあがり」って書けてる?みんなが間違えがちな漢字の書き方10選

さかあがり。坂を上るわけではないので、「さかあがり」の「さか」は「坂」とは書きません。ではどう書くのでしょう?今日はそんな熟語を10個集めました。1・子どもの頃は、日が暮れるまでさかあがりの練習をしたも…

「きゅうきゅうしゃ」って書ける?意外とみんな間違える漢字

今日は読めるのに、書けそうで書けない熟語を集めました。いざというときに「あれ?どう書くんだっけ?」と慌てないよう、しっかり準備しましょう。下線部のかなを漢字に直しなさい。そう、漢字テストですよ(笑)1・…

「往来」じゅうらい?みんなが間違えがちなNG日本語10個

なんとなくこう読むのかもなーと思いつつ、しっかり確かめなかったがために、いざという時に恥ずかしい読み間違いをしてしまうこともあります。今日は意外と読み間違いの多い熟語を集めました。この機会にチェック!…

「強面」ごうめん?間違えてたら赤っ恥すぎる日本語のNG読み10

目で見る分には意味が分かるからと、正確な読みを気にとめなかった熟語ってありますよね。いざ、音読しなくちゃいけない時に、とんでもない読み間違いをして、恥ずかしい思いをしないようにしたいもの。今日は、よく…

「牛車」はぎゅうしゃでOK?意外に間違える日本語の読み10

今回は「説明」に、ちょっと為になるワンポイントアドバイスを入れました。間違いも正せて為にもなる、そんなコラムをどうぞ。1・意訳読み間違いの例いわけ正しい読みいやく意味原文の一語一語にこだわらず、全体の…

「大舞台」だいぶたいで合ってる?みんなが間違える日本語の読み

読み間違いしやすい漢字を集めたコラムは世の中たくさんありますが、何回も見てしまうのは、うろ覚え、覚え切れていないからかと思います。国語教師としては、そのあたりの工夫を凝らしてみたいもの。今日は、例文を…

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選

この原稿を書いている日は五月ですが、空は快晴です。とても気持ちの良い晴天です。しかしここで「五月晴れ」と書いてはいけません。この「五月晴れ」を「ごがつばれ」なんて読んではいけないし、しかもこの言葉は「…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事