騙されたと思ってやってみて! 40代からの顔があかぬける3つのメイクポイント

「私って、なんだか地味顔……」そんなふうにため息をついていらっしゃるなら、メイクで華やか顔にチェンジしてしまうのが、理想どおりのイメージを演出する最大の近道です。

他方、40代ともなると年齢を重ねるごとに、若い頃より顔が地味になったように感じていらっしゃる女性も増えがち。

昨今は自然な仕上がりのナチュラルメイクが長きにわたってリアルトレンドではあるものの『地味顔×ナチュラルメイク』だと、どうしても“垢抜けないワナ”にも陥りやすくなる傾向は否めません。

「地味顔だけれど、パッと目を引く華やかメイクも、この機会に知っておきたい」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、そんな「スッピンが地味顔」を、手っ取り早く時短で華やか顔に見せるのに、注力すべきパーツメイクのお話です。

 

外せないパーツメイク1:まつ毛

 

アイシャドウにマスカラ、アイライン……と、手間と時間をかけて強めのフルメイクをすれば、どんなに地味顔を自認していらっしゃる女性でも“華やかな顔”になるのは、言ってみれば当然のお話。

そこを「時短」でパッと目を引くイメージに変えるならば、まず注力すべきは“まつ毛”だと私は思います。黒々としたほどよいボリュームと長さのまつ毛があれば、それだけで目元に陰影が生まれ、正面のみならず横顔にも色気が加わります。

「地味顔」を感じさせる理由のひとつには、なにかと顔の立体感が欠ける点も挙げられるため、アイシャドウやアイラインで真正面からのインパクトを出すよりも、まつ毛を際立たせたほうが、立体的な華やかさを手に入れやすく、いい意味でセクシーな印象にも。

私も、休日メイクでは他のアイメイクを省いてでも、まつ毛だけは黒々とさせるよう心がけています。

 

 

外せないパーツメイク2:チーク

 

さらに「私って、地味」と感じている理由には、血色の不足も関係していることが多く、ここを補ってあげると、一気に華やかな印象に仕上げやすくなります。

そのために欠かせないパーツメイクと言えば「チーク」。

多少、ベースにシワやシミなどのアラがあろうとも、丁寧に仕上げたチークがあれば、お肌のアラは目立ちにくくなるメリットもあり、まさに40代が時短で華やか顔を手に入れるなら、絶対に忘れるべきではないパーツメイクです。

ただしオレンジ系など肌の色みに近いチークだと、頬がこけているように見えやすかったり疲れ顔に感じさせたりといった失敗も起こりやすいため、選ぶべきはピンク系のいかにもな“華やかカラー”。

華やかなピンクチークは、普段使い慣れない女性ほど「40代の私には、派手すぎない?」のためらいが出がちですが、むしろそのくらい華やかな色をセレクトしてこその“華やか顔仕上げ”。「おてもやん」のように頬だけを悪目立ちさせないためには、仕上げのパウダーの前にウォータリーチークやクリームチークを丁寧に仕込み、“肌色”を上塗りするように忍ばせると、自然な発色を得やすいです。

 

最後に、やっぱりこれも外せない

 

外せないパーツメイク3:口紅

 

年齢とともに、どうしても“くすみ”や“しぼみ”が出やすい唇も、地味顔を払拭するには、最優先で手をかけるべきパーツのひとつだと痛感しています。

 

他のパーツが多少地味なメイクだったとしても、口元に明るさが感じられると、それだけで華やかな印象にも見せやすく、40代の時短メイクでは絶対に手を抜けない部分。若い頃には唇そのものの色みも手伝って、口紅をこまめに塗り直さなくとも「それなり」だったとしても、40代になったら唇はどんなときでもしっかり色を加えておきたいパーツの代表格でもあります。

 

「コロナ禍のマスク生活でリップは使わなくなった」という方が増えましたが、ここで活用していただきたいのがティントタイプの口紅です。

 

ドラッグストア店頭にはオペラやセザンヌなど若いコ向けのプチプラティントが並んでいますから、まずはお試しください。ほぼマスクにつかず、また落ちてしまってもどこか「華やかな雰囲気」がキープされます。さらに「華やか」を追求するならば、ここでも色みにこだわり、レッド系やローズ系をセレクトしてみてください。

 

「地味顔だから、メイクをしてもつまらないし、華やかな印象とはほど遠くて……」と思っていらっしゃるなら、“色”を味方につけながら、時短メイクでも垢抜けた印象を狙ってみて。

どんなに地味なスッピンだったとしても、注力すべきパーツを確実に彩れば、パッと目を引く華やかフェイスに近づけることはそんなに難しくありません! よろしければ「騙された」と思って、一度これらの3つのパーツにぜひ、注力してみてくださいませ。

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク