一周半回ってひらがなに戻る!使うだけでモテる言葉って?

男性の場合は、わざと難しい熟語やカタカナ言葉を使うと、仕事がデキるように感じることがあります。女性の場合は、男性と違い、一周半回ってひらがなに戻る。これがデキる女と思わせるテクニックです。ひらがなに変換すると、熟語やカタカナ言葉を卒業した感が出るのです。

 

「わかった」時に使えるデキるひらがなは?

レベル1「わかった」→「わかりました」

たとえば「わかった」という状態を伝えたい時、それをそのまま丁寧にして、「わかりました」と言い換えるのが普通です。可もなく不可もなしで、無難とも言えます。

レベル2「わかりました」→「承知しました」

ここは大きな進化です。二字熟語「承知」の登場です。ぐっとデキる女っぽくなりましたね。ちなみに「了解しました」は、「了解」の意味、つまり許可をこちらが出すことですから、失礼に当たることもあるので、気をつけて下さいね。

レベル3「承知しました」→「かしこまりました」

さあ、ひらがなに戻りました!ひらがなに戻ったのに、デキる女っぷりがアップしましたね。「かしこまる」は「畏まる」とも書き、相手に尊敬の念を抱いていることを示す時に使います

「かしこまる」を辞書で引くと次のような説明があります。

・敬しうやまう。畏敬する。
・おそれつつしむ。恐れ入る。
・正座する。威儀を正して座る。
・もったいなく思う。また御礼を述べる。
・わび入る。いいわけをする。
・謹慎する。
・気兼ねする。遠慮する。
・つつしんで目上の人の言葉を承る。拝承する。承知する。

広辞苑第6版

この最後の「つつしんで目上の人の言葉を承る。拝承する。承知する。」が今回の使用方法ですが、他の意味からも想像できるように、相手をかなり持ち上げる言葉です。ですから「かしこまりました」は、私たちが普段耳にする場面としては、デパートやホテルなどで、お客様相手に使われるシーンが多いですよね。
この言葉を使うコツとしては、仰々(ぎょうぎょう)しくならないようにということ、またむやみに連発しないということも挙げられます。
その二つのコツさえつかめば、この「かしこまりました」はかなり女っぷりがアップします。ためしに、このコラムを読んだ直後に、上司に何か頼まれた時、「わかりました」や「承知しました」ではなく「かしこまりました」と言ってみてください。

 

「帰る」時に使えるデキるひらがなは?

レベル1「そろそろ帰る」→「そろそろ帰ります」

たとえば「帰る」という状態を伝えたい時、それをそのまま丁寧にして、「帰ります」と言い換えるのが普通です。可もなく不可もなしで、無難とも言えます。「帰りますね」とも言えます。でもまだフランクな感じですよね。

レベル2「そろそろ帰ります」→「そろそろ失礼します」

ここは大きな進化です。二字熟語「失礼」の登場です。ぐっとデキる女っぽくなりましたね。さらに「させていただく」を付けて「そろそろ失礼させていただきます」というように敬語化もできます。この辺りは普段使っているのではないでしょうか。

レベル3「そろそろ失礼します」→「そろそろおいとま致します」

さあ、ひらがなに戻りました!ひらがなに戻ったのに、デキる女っぷりがアップしましたね。「おいとまする」は「お暇する」とも書き、別れ去ることを示します。相手に尊敬の念を抱いていることを示す時に使います。
「おいとま」だなんて、仰々しいと思うかもしれませんが、年上の人からは好感を持たれることが多い印象です。また、会食などのレベルが上がるほど、この言葉の登場回数が多いように感じます。さらに、作法などの本でもこの言葉を取り上げる頻度は高いですね。まずは使ってみましょう!

 

「めんどうをかける」時に使えるデキるひらがなは?

この言葉は二段階。しかも漢字が同じです。

レベル1「お手数(てすう)をおかけします」

手数とは

・その物事または他人のために特に力を尽くすこと。骨折り。めんどう。
広辞苑第6版

という意味があります。
何かをするのに、何段階か手段を経なければならない時に「手数がかかる」と表現します。

「えー、これ、ちょっと面倒だなあ。でも仕方ない。やっておくよ。」
「お手数(てすう)をおかけして、申し訳ございません。よろしくお願いします」

こんなふうに使いますよね?

レベル2 「お手数(てかず)をおかけします」

さあ!「数」の読みが音読みから訓読みにかわりました。ひらがなの言葉です。ぐっと雰囲気が柔らかくなりました。この「雰囲気が柔らかくなる」ということは、かなりの武器です。女性が使うとメリットの多い武器ですね。

「えー、これ、ちょっと面倒だなあ。でも仕方ない。やっておくよ。」
「お手数(てかず)をおかけして、申し訳ございません。よろしくお願いします」

男性が使わない分、相手も「お!?」と思うでしょう。

 

以上「かしこまりました」「おいとまいたします」「おてかずをおかけします」3つのひらがな言葉を伝授しました。試しにちょっと声に出して言ってみてください。なんだか、デキる女っぷりが上がった気がしませんか?
さっそく今日、誰かと話すときに使ってみて下さいね!

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

香典やお見舞いの金額。祖父祖母や嫁の親、叔父叔母の相場はいくら?

ある日突然訪れる不祝儀事や病気のお見舞い。これら冠婚葬祭にまつわるお金の相場は、おつき合いの程度、贈る側の社会的な立場、年齢、地域など、さまざまな条件によって違…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「連続」の反対は…「持続」かな?言えそうで言えない反対ことば

知らないとは言わせません。今日は中学生までに習った反対語を3つ集めてみましたよ。1・連続の反対語は?答えB 断続解説「連続」という言葉、きちんと言葉で説明できますか? 「連続」とは、切れ目なく続くこと、続…

小家じゃない!「大家」の反対語って言える?意外と知らない日本語3選

え?この言葉の反対語ってそれだったんだ! 今日はそんな言葉を3つ集めてみましたよ。1・インテリアの反対語は?答えB エクステリア解説インテリアとは、建物の内部や室内のこと。また、壁紙、床材、照明器具や家…

プラスの反対はマイナス。では「意外」の反対って何だかわかる?意外すぎる反対語3選

え?この言葉に反対語ってあったんだ! 今日はそんな言葉を3つ集めてみましたよ。1・意外の反対語は?解説「意外」の反対語は「当然」です。なので「へー、意外だね」と言われたときに反対意見を言う場合「そうかな…

「腐っても鯛ですね!」この日本語はOK?NG?

生活の中で生まれた知恵などを言い伝える「ことわざ」。ところがTPOをきちんとわきまえないと、とんでもなく失礼になることも! 今日はそんなことわざを3つ選びましたよ。1・溺れる者は藁をもつかむ解説「溺れる者…

え、「危機一発」じゃないの?オトナも間違う四字熟語5

普段使っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?今日はそんな四字熟語を5つ選びました。1・いみしんちょう解答と解説正解は「深」。「意味深長」で…

「じがじさん」を「自我自賛」って書いてない?みんなが間違える四字熟語5つ

知っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?そんな四字熟語を5つチェック!1・いきとうごう解答と解説正解は「意」。「意気投合」です。「意気投合…

「ぜったいぜつめい」「絶対絶命」でOK?簡単な割にみんな間違える四字熟語5

普段使っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?今日はそんな四字熟語をテストします。1・いしんでんしん解答と解説正解は「以」。「以心伝心」で…

「ちこ」じゃない!「知己」の読みは?大人も誤読しがちな漢字10選

読めるには読めるけど、かなり不安~。こっそり答えをググっちゃう。そんな、小学生の時に習ったはずなのに、読み方を忘れている人が多い漢字を集めてみました。1・蝉時雨答え解説時雨とは、主に秋から冬にかけて起…

「速やか」は「はややか」じゃない?即答できない漢字の読み間違い10選

今週は小学校レベルなのに読み間違えがちな熟語10選です。一つでも間違えていたらちょっと反省して!1・この町には風情がある。答え解説あいまいに「ふうぜい」と読む人もいますが、スパッと「ふぜい」と読みましょ…

「直ちに」って正しく読めてますか?意外に間違える漢字10選

「読めそうなのに、意外に読めない熟語」をリストに挙げていくと、いわゆる難読熟語だけではなく、「まさかそれが」と驚くものが出てきます。今週は小学校で習う「読めないかも?」な熟語を10コチェックしましょう。…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事