わっオバ眉…!男が「苦手」と感じる40代女性の眉3パターン(後編)

男性たちが苦手感を抱きやすい40代女性の眉の傾向に迫ります。後編です。

<<前ページ:男が「怖くて近づけない」と思う眉の代表がコレ

手をかけていても…アウト!? 男ウケがイマイチすぎる40代女性の眉2:描き足しているのがバレバレな自眉と異なるコントラスト

昨今は多くの眉コスメが揃っていて、眉色も、マスカラやペンシルで自在に色を変えられます。

しかし自眉と異なる色合いのペンシルで書き足しただけの眉は、男性目線で強烈な違和感を抱くリスキーなメイクに。

 

「眉毛の色が途中から違うオバサンは、無理している感がある。自分の眉の色より明るくしている人が多い気がするけど、あれって若づくりの一種ですかね?」(42歳男性)

「明らかに眉毛の色と違う色で眉を描き足している40代って、残念なイメージ。不自然だし、違和感しかない!」(40歳男性)

 

自眉の形が悪く剃っている女性や、若いころに自眉を抜いてしまい生えてこなくなった人ほど、足りない部分を“理想の色”で書き足しがち。

しかし残っている自眉の色合いとかけ離れたカラーを使ってしまうと、その時点で違和感が出てしまいます。

眉マスカラで全体の色を整えるだけで、この違和感は大幅に解消できるはずですから、面倒でもひと手間を怠らないことが、男ウケを下げないコツにつながります。

 

「この眉は正直、違和感がある」男性の意見が一致した眉とは

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク