【40代の時短美容】オトナが美人見えするリップは「ツヤグロッシー」

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

「40代からの口紅選びは、意外と難しい!」……そんな風に、痛感してはいませんか。

口紅に限らず、今年はくすみカラーの当たり年だけど、トレンドアイテムをバシバシ投入しても、なんだか顔がくすんで見える。

それもそのはず、だって加齢に伴ってベースがくすんでいるのだもの! だから、アラフォーからの口紅選びってただでさえ難しく、時短メイクならばなおのことです。

とはいえ、一瞬で華やぎを加えてくれる口紅は、時短美容の強い味方。だから、オトナ肌に合う口紅を見つけられれば、「時短でキレイ」への近道になります。

“オトナアラフォー唇”を、時短で華やぎリップに変身できてしまう口紅の選びかたをご紹介しましょう。

その他の時短メイクのコツはこちら

「アラフォーオトナ唇」にマット・シアー系は“くすみ”を加速

マット系やシアー系、パール系など口紅の質感は数あれど、オトナ肌を瞬時に明るくしてくれるのは「グロッシーなツヤ系」。

唇は、加齢とともに色がくすんだり縦ジワが目立ってしまったりと、年齢が出やすいパーツでもあります。

そんな“加齢に伴う劣化リップ”に、マット系やシアー系の口紅をぶつけてしまうと、くすみやシワを目立たせることもあるだけに要注意です。

「悲しいかな」の“加齢リップ”をカバーするには、ツヤのある口元が一番のカギに。ツヤ感があると、光を集めながら瞬時にみずみずしい印象を与えてくれるから、艶やかな口元に導いてくれるのです。

けれど、単なるツヤだけでは少し古くさい。だから、「ツヤ系」のうちでもグロッシーなリップメイクが今の気分です。潤いをプラスしながら“くすみ”や縦ジワを瞬時にごまかしてくれるパワーが潜んでいるだけに、時短で“オトナ美”をつくるなら、グロッシーな質感がマストなのです。

でも、ギトギトなグロッシーリップは絶対にダメ! ただの若作りに見えてしまったり古くさく感じられたりするから。

ならば、選ぶべきは……?

 

“アラフォーオトナ唇”の時短美容を叶えるのは「オイル系リップ」

前述のように、グロッシーなツヤ系が時短美容だと言っても、ギトギトのグロス唇はすでに時代遅れ。

そこで、ほどよくツヤや潤いを与えてくれてトレンドもキャッチできる頼もしい存在として見直すべきは、「オイルリップ」なのです。

塗るだけで、ほどよくグロッシーかつ潤いリップになるから、40代からの時短美容では強い味方になってくれます。

オイルのツヤ感は、少し前に流行った「グロス」より優しく自然な潤いがあることに加え、オイルの特性で長時間うるうるの唇が長時間キープできるので、メイク落ちを防ぎ、周囲に「ちゃんとしている人」という印象までも与えてくれちゃう優れもの。

「キレイな唇」をキープしようとすると、オトナ唇にはどうしても入念なリップメイクが求められるけれど、オイルリップなら“塗るだけ”で済む。

「こんなに便利なものない!」って言えるくらい、アラフォーメイクの強い味方なのです。

しかも、トレンドも意識して自然な仕上がりにすべく、リップライナーも不要。“ちょんちょん”とのせるだけで、抜け感のある旬な雰囲気に仕上がるのです。

ポーチの中にひとつ忍ばせておくと、メイク直しまでも時短に。まさに「オイルリップ」は、アラフォー世代が1本は忍ばせておくべきマストアイテムです。

 

アラフォーオトナ唇には、加齢を隠すための入念なリップメイクが求められるなんて話もあるけれど、ウソ。マットなリップも落ち着きがあってステキだけれど、華やぎ顔には遠くなる。

時短でも、アイテム選びにさえこだわれば、瞬時に華やぎ顔に変身できるのです。

「オイルなんてギトギトしそう」「ギャルっぽくなりそう」と避けていたらもったいない! すでに不動の地位を確立しつつある「オイルリップ」で、あなたも時短のうるツヤリップを叶えてみて。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともに…

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

「脚も腕も絶対焼かない!」時短美容家がガチ検証したオススメUVはコレ

気候が良くなってきて、外に出るのが気持ちよく感じる今日この頃。そして、外が暖かくなってくると、UV対策もそろそろ本腰を入れるべきシーズンの到来です。年齢を重ねるにつれ、これまでに蓄積されている紫外線の量…

えっハンカチも…!? 婚活40代女性が「持っているだけで結婚を逃す」7アイテム

「この女性は、僕とはちょっと合わないな」と思われてしまえば、40代の婚活道は厳しいものにもなりがちなのは否めません。ところで、まだ相手のことをよく知らないうちは、お互いが相手の身なりや持ち物からの情報で…

まさかの「昭和な女」がモテる?ミドル世代男性を魅了する40代女性とは

つい先日のこと、ミドルなバツイチ男性とお話していたら「俺はさー、次に結婚するならやっぱり、“昭和な女”がいいんだよな」なんて話題になり、その場にいた男性陣が「いいよね」などと賛同しまくる事態に。その場に…

「ふーん」って言ってない? 男女関係すさまじい破壊力の3ワードはこれ

言葉はときに、ものすごい破壊力をもちます。一度でも、深い仲にある男性から「この女性は、失礼だ!」「俺にはこんな女は、無理だ!」と思われてしまえば、その後もネガティブなイメージがつきまといがち。男性の抱…

知らない間に肌が焼ける人は、たぶんファンデの塗り方が悪いはず。盲点3つ

日差しが強まってきて、日焼け対策にも意識が高まるシーズンの到来です。手や足などのUV対策のほか、40歳を過ぎると意外と気になるのが、ファンデーションまわりのUV対策。うっかり焼いてしまい、シミを加速させる原…

忙しい朝もOK!手脚にすばやく確実に日焼け止めを塗る裏ワザ

これからの季節、デイリーのお手入れで欠かせないもののひとつが“日焼け止め”です。年齢を重ねた肌に限らず、紫外線は美肌の大敵だけに、春先からは毎日の日焼け止めが欠かせなくなります。また、若い頃には「焼く派…

1つでも持ってたら超オバサン!今すぐ捨てて「たんすのこやしコスメ」7つ

「あの人、バブルメイクって感じ」などと陰でウワサされるのは、ちょっと避けたいと感じていらっしゃる40代50代女性もいらっしゃるのではないでしょうか。近年はバブリーなスタイルよりも、ナチュラルで清楚な透明感…

男性ウケ悪すぎ!「さすがにダサいだろ」と沈黙される40代の春メイク3つ

装いを春仕様にチェンジしたのに、男性から「この女性は、ダサい!」なんて思われてしまったら、かなりガッカリです。しかし女性の間で流行しているメイクやファッションを、心底から理解できずに首を傾げている男性…

春はマイナス3歳!「自然なぱっちり目」をつくる40代のテク3つ

「春になったら、老けた」ではなく「春になったら、若返った」と思いたい私たち世代にとって、この時期はメイクのアップデートにも“若見え”を意識したい頃合いです。手っ取り早く「マイナス3歳!」を目指すなら、怠…

あっ…使ってた! スキンケア下手な女ほど持ってる「呪いの10アイテム」

知らない間に、スキンケアが下手になっていた……なんて展開は、できるだけ避けたいのが多くの女性の本音です。しかし、コスメやお道具をアップデートしないままでいると、いつの間にかスキンケア下手に陥っていること…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事