複雑化する子どもの学習。寄り添う親の「たった一つの心得」って、きっとこれだと思う

2022.11.09 WORK

子どもの「探求型学習」や「非認知能力の育成」といったキーワードを耳にするたび、漠然とした不安に焦るママの皆さま。「親もいっしょに体験すると、親なりに腹落ちするものがある」そんな1泊2日をご紹介しています。

前半『子どもの「探求型学習」「アート思考」親は何を助ければいいのかが指針が見えてくる1泊2日。アートビオトープ那須』に続く後編です。

 

やりたいことをなるべく詳しく口に出して、それを一緒に進める最善手をひたすら試行すればいい!

さて、私はこの原稿を最初からこんな小難しい話にまとめるつもりはなく、単なる施設紹介として進めるつもりでいました。しかし、時間にしてたった合計3時間あまりの3つの体験を経て、これまでずっと「どうすればいいのかな」と迷っていたいろいろなことが急激に腑に落ちてしまったのです。

 

子どもに何かを「やらせよう」としてもそろそろ「嫌だ」という反応がくる年齢になりました。子どもが自ら「やりたい」という意思を持たないことはもうできない。また、「子ども用」の何かは必ずしも正解ではなく、ある意味子ども扱いせずフルスペックで実体験させてくれる場のほうが子どもの「もっと知りたい」気持ちに応えてくれそうだ。

 

これらは漠然と感じていたことですが、まさにその通り、子どもでも大人でも同じように「作りたいものを作るための手助けをする」ため現役のアーティストがそこにいて教えてくれるという場は驚くほどに理想通りでした。私たちが求めていた「私たち自身が方法論を会得するための学びの場」はこれだ、と。しかも制作内容だけでなく、「こういう風に対話するとこのような答えを引き出せるのだな」という方法も大変に勉強になるのです。

 

「ゴールとして目指すもの」をなるべく詳しく思い描いた上で口に出し、そのための技法を試行錯誤し検討するという繰り返しが、結果的に社会をよりよく変えていく。これはすなわち「アート思考」の根幹の部分でもあります。言われてもなかなか、言葉はわかるけれど実践は……と二の足を踏んでいたことが、「体験すれば一発でわかる」。これはもう、衝撃的な経験でした。

 

ブックホテルでもあり、ワーケーションも楽しめる。万能すぎるホスピタリティ

レジデンス1F、共用のライブラリーは、読書をしたり仕事をしたりと宿泊者なら自由に使える。

さて、こうした体験だけでなく、ステイのお楽しみのご紹介も。「レジデンス」はプライス的にもお手頃なため、夏場は那須高原の涼を求めて4泊程度のワーケーションを楽しむ方もいるそうです。これからの雪深い季節に完全なるお籠りも楽しそう。近隣には温泉もあります。

もう一つの魅力が「本」。施設全体がブックホテルとしての側面も持ち、館内のいたるところにオーナーの蔵書や、滞在アーティストの作品集など専属スタッフによる選書が並びます。

それぞれの部屋には必ず本棚があり、部屋ごとにテーマを持って集められた本が並びます。これらの本は一部稀覯本を除いて購入することも可能です。私が泊まった部屋には世界のお料理と民俗学が並んでいました。

下段のレバノン料理の本は買って帰るか本気で悩みました。

お部屋には中庭に面したベランダがついています。併設の「CAFÉ KANTAN」で使われる野菜やハーブの一部はこの中庭の畑で育てられており、せせらぎの音を聞きながらゆっくりと緑を眺めるひとときも至福。私は本を読んでいるうちにうとうと、お昼寝をしてしまいました。

併設の「CAFÉ KANTAN」で朝・昼・夜とも食事可能。地元素材食材をふんだんに使ったメニューばかりです。写真は夕食のアラカルトメニューの1つ、「栃木ゆめポークと国産牛のハンバーグオニオンソース温野菜付き」¥2,310(税込)。

朝食の那須町産の弁慶米に最高の滋養卵「純」の卵かけご飯は超絶美味、これを食べるために泊りがけで訪れる人もいるほどの名物なのだそうです。

館内のいたるところに「この地域に育つ草花」を使った活け込みが。これも専属ガーデナーが毎日しつらえているそうです。過去滞在し作品を制作したアーティストの作品そのものが花器として使われていることもあるんだとか。

子ども連れだけでなく、ひとりで訪れるもよし、気の合う友人同士もよし、あらゆる滞在を意義深いものにしてくれる「アート思考」の旅。思索を深めたい人に全力でおすすめします!

 

アートビオトープ那須

スイートヴィラ(宿泊は10歳以上から) 1泊2食つき 大人1名 6万500円~(サービス料・消費税込)
レジデンス 1泊朝食つき 大人1名 1万8,700円~(消費税込)

ガイド付き水庭見学ツアー 11:00/14:00 2,970円(消費税込)
※前日17時までに予約

■ガラスワークショップ
吹きガラス体験(2色まで) 4,840円~
とんぼ玉作り 1,870円~ (パーツ代別110円~)
切子体験 3,190円~ (素材代別440円) (すべて税込)

 

■陶芸ワークショップ
絵付け 2,200円〜 (素材代別330円)
七宝焼 2,420円~(パーツ代別110円~)
手びねり 3,630円~(3点まで)
電動ろくろ 3,630円~(焼成代別100g 330円~*作品の重さにかかる料金)(すべて税込)

■インディゴ体験(ワンディップ) 1,870円〜(素材代別440円~税込)

栃木県那須郡那須町高久乙道上 2294-3
0287-74-3300 (代表)
https://www.artbiotop.jp/

 

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集長 井一美穂

スポンサーリンク

スポンサーリンク