「ゲッ、スッピンより老けて見える!」40代女性のオバ見えベースメイク

もしものお話ですが、メイクしたお肌のほうがスッピンよりも老けて見えたとしたら、ガッカリしちゃいますよね。

けれど40代ともなれば、若い頃とは異なったお肌の質感や色みに密かにため息をつく年代。そんな背景もあってか「ベースメイクはスッピンよりも美肌に」を意識しすぎて、ちょっとだけ“やりすぎなお肌”になってしまっている人もお見かけします。

「ベースメイクのせいで老けるのはイヤ!」がモットーな40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか? 時短美容家の並木まきです。

今回は、せっかくメイクをしたのに、スッピン肌より老け見えしやすい40代のベースメイクについてお話していきます。

 

顔と首の色が明らかに異なる肌

メイクした顔の仕上がりが首の色と明らかに異なると、実際に厚塗りしているかは別としても“塗りたくっているように”見えやすくなります

そして、おばさん風のメイクではファンデーションを塗りたくるイメージも強いせいか、厚塗りな印象のベースは老け見えを加速させてしまいます。

首よりもちょっと明るいカラーのベースになるだけで、顔だけが首から分離して浮き上がって見えることもあり、小ジワやたるみが出始めている40代の肌をいっそう際立たせてしまうリスクも浮上。

自然光が当たらない空間でメイクしてしまうと、首と顔の色が違っても気づきにくくなりますので「40代のベースメイクはできるだけ太陽光のあたる空間で仕込む」が鉄則です。

次のページ▶▶ナチュラルな肌を目指したいときに、これをするとフケ見えが加速します

続きを読む

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク