美しい50代女性が「おばさん化」しないためにやめたこと3つ(前編)

「年齢を感じさせない」「どこか品がある」「あんなふうに年を重ねたい」そんな50代女性っていますよね。

「ああはなりたくない」という人と「ああなりたい」という人の違いはどこにあるのでしょう。そこで今回は「素敵ですね」と声をかけられる50代女性に「人生においてやめたこと」についてアンケートをとってみましたのでご覧ください。

 

■美しい50代女性がやめたこと:「コスメ・美容編」

「ファンデーションの厚塗りは絶対にしない。シミやシワは気になるけど、ばっちりカバーすると逆に老けて見える。薄くミネラルファンデで仕上げるようにしています(53歳女性)」

 

「赤い口紅を使わないことですね。50代の赤い口紅は余計に老いを感じさせます。顔色をさらにくすませる、くすみカラーのコスメも使いません(50歳女性)」

 

「黒のアイライナーで目の周りを囲うなど、古く見えるメイクはしないように気を付けてます(54歳女性)」

 

「明るすぎる茶髪をやめました。若く見せたい、という思いが出過ぎて逆効果だと人にいわれました。それ以来、ナチュラルカラーをこころがけています(52歳女性)」

 

お化粧は薄めに、髪の毛も自然に、全体的にナチュラルであることが「おばさん」に見えないポイントになっています。

次ページ▶▶美しい50代女性がやめた「ファッション」そして「行動」とは?

続きを読む

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク