何年ぶりかに男性と手をつないだ私は…【小説・あなわた#10】

【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり  vol.10】

長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子。ところが、あるとき共通の趣味「犬好き」に気づき、2人の関係に少しずつ変化が。

(この小説の一気読みはこちら)

 

生まれかけの絆

 

翌朝、出勤すると、高坂くんのデスクの周りに人だかりができている。

何かと思って覗き込んだら、彼のデスクにフォトフレームが置かれている。

それは屏風型になっていて、数枚の写真を連ねることができるものだった。

会社の皆が、その写真を眺めて、何か話している。

 

見てみて驚いた。

昨日一緒に行った、里親を探している犬たちの顔写真が入っている。

確かに昨日、彼は、かわいいかわいいと言って何枚も犬の画像を撮っていたし、お店の人も、里親が見つかるかもしれないので、ぜひ色々な人に画像を見せて、宣伝をお願いしますと言っていた。

 

高坂くんが、こんなに素早く行動を起こすだなんて。

信じられない思いだった。

いつも、面倒くさがって、みんなの会話にもなかなか加わろうとはしない人なのに。

今日は、自分が中心になって、犬の話をしている。

 

なんだか胸が、熱くなった。

私と出かけたことが、彼が変わるきっかけになっている。

素直に嬉しかった。

だから、あえて私は口を挟まず、少し離れたところで彼を見守っていた。

 

一緒の帰り道

 

それなのに高坂くんのほうから話しかけてくる。

「ね、昨日は10匹くらいいましたよね?」

 

みんなの視線が一気に私に集まる。

「え? 昨日高坂くんと出かけたの?」

秘密にしていたのに、あっという間にみんなに知られ、顔が熱くなる。

高坂くんは、みんなに話して平気なの?

 

「えっ、付き合ってるの?」

誰かが突っ込んでくる。

「犬好き仲間みたいな感じかな」

そう答えるしかなかった。

「そうですね、お互いに、実家でプードル飼ってるんで」

高坂くんも頷く。

 

そう、恋人なわけじゃない。

それなのに、私は今日は、高坂くんと一緒に退社した。

会社のみんながビックリしたような目で私たちを見る。

いつの間にそんなに親しくなったんだというような信じられないといいたげな顔。

 

でも高坂くんはそんなことを一切気にしていないらしく、

「急ぎましょう。お店が閉まる前に」

と私をうながした。

 

私たちはホームセンターにペット用品を買いにいくために向かった。

高坂くんは、犬のことになると、人が違ったように積極的で、それが可愛くて、だから私は彼と一緒に買い出しに向かったのかもしれない。

 

差し出された手

 

ホームセンターで買ったのは、犬用のミルク、犬用のおやつ、それから犬用のエサ、それに犬が遊ぶためのボールや人形だった。

 

昨日、お店の人が「これだけ犬がいると、すぐエサがなくなってしまって」と困っていた。高坂くんが「エサを寄付してもいいんですか」と聞くと、もちろんですよ、大歓迎です、と微笑まれた。

 

新しい家族が現れるのをじっと待っている犬たちのことを思うと、高坂くんはいてもたってもいられないらしく、より毛にツヤが出そうな食べ物を選んでいる。

 

「優しいのね」

そう言うと、

「だって、何かしたくなりませんか? 黙ってなんていられませんよ」

と彼は言った。

 

買ったものを、ドッグカフェに宛てて送ると、一気に腕が軽くなった。

さっきまで、カゴにいっぱいに入れた品を持っていた。

高坂君一人では、とても持ちきれなかったから。

 

だからうまくバランスが取れず、よろけてしまう。

「大丈夫ですか?」

さっ、と彼の手が差し伸べられた。

「すみません、荷物、持たせちゃって」

私は彼の手のひらを、ギュッと、握った。

そして私はひさしぶりに男の人と手をつないだ。

ほんのすこしだけ私よりも体温が低い、触れていて心地良い。

それが、高坂くんの手のひらだった。

 

 

(この小説の一気読みはこちら)

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

読むだけでキュン! 年下男子に言われた「胸キュン」エピソード8選

胸がキュンキュンするエピソードを聞くと、それだけで気持ちが上がったり、恋がしたくなる気持ちが強くなったりしますよね。つまり胸キュンには、女性をキレイにする力が備…

たとえ浮気でも!? 40代が恋愛すべき8つの理由

年末年始、女友達との集まりも多かったことでしょう。そのときの話題は、たいてい健康問題か子供が中心になるのがアラフォー世代。既婚・未婚に関わらず、ときめきから程遠…

年下男子が「次も誘いたい!」と思う40代独女のデートでの振る舞い3つ!

年下男子とのデートは、いくつになってもドキドキしますよね。ふたりの距離を縮める大事なデート、実は年下男子の方も上手く素が出せなかったりして、見えないところで緊張…

【40代編集長の婚活記#24】年下にモテる秘訣は「アレがない」こと

恋人いない歴7年、44歳のアラフォー独女であるOTONA SALONE編集長・アサミがリアル婚活模様をお届けしている【アラフォー編集長の婚活記】。2回目の婚活パーティで出会った…

大人の女性必見! 彼・夫以外の男性との胸キュンエピソード6選

前回、【読むだけでキュン! 年下男子に言われた「胸キュン」エピソード8選】でもお伝えしましたが、気分が上がる胸キュン話には、女性をキレイにする力が備わっていると…

【40代編集長の婚活記#27】男の本音はアリorナシ? 「10歳年上」女性との恋愛

婚活パーティで出会ったアラサー男子・メンノンさん(31歳)とデート中の44歳のアラフォー独女・OTONA SALONE編集長・アサミ。食事をしながらデートを愉しんでいる途中、「…

あぁ、ホッとする……。「癒やし上手」な40代女性が持つたったひとつの決め手とは

会社では常に「全力」を求められるアラサー男子。緊張感のある毎日の中で、「この人といると落ち着く」と思うアラフォー女性には、「癒やし上手」という顔がありました。あ…

【40代編集長の婚活記#26】アラサー男子のOKはいくつ年上まで?

非モテかつ非恋愛体質、44歳にしてノーバツ・独女であるOTONA SALONE編集長・アサミが、重い腰をやっとこさあげて婚活をスタート。その模様をお届けしている【アラフォー編…

【40代編集長の婚活記#25】結婚できない 独女のダメ生態とは 

ぼっち街道まっしぐらの44歳アラフォー独女、OTONA SALONE編集長・アサミによる【アラフォー編集長の婚活記】。2回目の婚活パーティで出会ったアラサーのオシャレ男子・メ…

【40代編集長の婚活記#23】40女がアラサー男子とつきあうメリット

44歳の独女・OTONA SALONE編集長・アサミが、人生2回目の婚活パーティに参加し、連絡先を交換した男性は4人。しかし、そのうち連絡が続いたのはたった一人だけ……。30代前半…

社内恋愛の年下カレが「してみたかったこと」小説・あなわた♯20

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40代の社内恋愛。年下カレのお願いごととは…あなわた♯19

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

男性に愛されるなんて久しぶりすぎて【年下小説・あなわた#18】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

そっけない年下男子の態度に揺れる気持ち【年下小説・あなわた#17】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40歳になっても私は恋愛に不器用なままで【年下小説・あなわた#16】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

もう会えないの?年下小説あなたのはじめては、わたしのひさしぶり♯15

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

10歳年下の彼の既読スルー。どうすれば…【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり14】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

その男、誰?年下の彼に昔の男の名前を聞かれ【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり13】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40代、恋愛なんて何年ぶり…?年下の彼は【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり12】

(この小説の一気読みはこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。ところが、ひょんなこ…

「あれ、2人で同棲してるの?」カレが否定しないとき【あなわた#11】

【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり  vol.11】これまでの話長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事