ドキッ!意外と見られている!?オトナ女性のきれいは「◯◯姿」にアリ!

暑さが増して薄着になる夏は、ボディラインが気になる季節。体重は変わっていなくてもどこかメリハリがなくなったり、全体的にたるんできたり……。オトナ女性のボディに悩みはつきません。そんな世代の女性に、薄着の季節も怖くない夏ファッションのコツをご紹介します! 【PR】

 

 

夏ファッションで「気になること」

OTONA SALONE読者に夏ファッションで気になることを聞いてみたところ、このような声があがってきました。

「少しでもスッキリ見せたい」(広告代理店・42歳)

「できるだけ体型がカバーできる服を選んでしまいます」(営業・40歳)

「さりげなくトレンドを取り入れて、オシャレだと思われたい」(自営業・44歳)

「若づくりに見えたり、痛いと思われたくない」(保険・42歳)

 

もっとも気になるという声が多かったのが、やはり体型カバー。オトナ女性は少しでもボディラインをスッキリ、きれいに見せたいという願望を強く持っているようです。

 

今年の夏はボリューム感のあるスカートやパンツがトレンド。オトナ女性がスタイルよく着こなすには、リブトップスやTシャツ、ブラウスなどのコンパクトなトップスと合わせるのがオススメです。でもコンパクトなトップスだと、ボディラインがより気になりますよね……。

 

 

ボディをきれいに見せるための「意外な盲点」とは

オトナ女性のボディをきれいに見せるための意外な盲点は、ずばり「後ろ姿」です! 家を出るとき、鏡で全身を見ていても後ろ姿のチェックはつい忘れがち。 けれど実は、周囲の人からは、正面よりも「後ろ姿」のほうが見られているんです!

 

特に、夏はあまりアウターを羽織らないシーズンなので「後ろ姿」をカバーしにくいもの。オフィスに着いてからふと鏡に映った自分を見たら、背中やワキの部分にくっきりとブラの段差ができていたなんて経験……ありませんか? せっかくオシャレな服を着ていても「後ろ姿」をおろそかにしてしまったら、女性の身だしなみとしてはちょっと残念ですよね。

 

「後ろ姿」をスッキリ見せるコツは?

「後ろ姿」をスッキリ見せたいなら、大切なのは「ブラ選び」。背中に段差ができにくいタイプのブラを選べば、ちょっと背中にお肉がついてきたオトナ女性のボディでも、スッキリしたラインが叶えられます。

 

たとえば同じコーディネートでも、段差ができにくいブラを選べば「後ろ姿」がステキに感じませんか? カラダの半分は「後ろ姿」なのですから、美しい後ろ姿をめざせば、あなたの美人度もきっとアップします!

 

オトナ世代におすすめの「ブラ選び」のポイントは?

「後ろ姿」美人になるためのブラ選びのポイントは、サイドからバックにかけての部分です。ここがカラダにきれいにフィットするかどうかで、ハミ肉は回避できます。

ウイング/ワコールの「きれいのブラ 後ろ姿キレイType」は、それを叶える機能的なブラなのです。

 

まず、サイドからバックの部分が幅広設計であること。カラダに沿った絶妙なカーブで脇から背中を広くカバーしてくれます。

次に、三段階のパワー切り替え(上から弱・強・中)になっていること。着圧を分散してスムーズなボディラインを叶えてくれます。

そして、ブラの上下辺がフラットな仕上げ。ブラとカラダの段差がつきにくいんです。

 

そんなバックの機能性がありながら、見た目は美しい上品なレース仕上げの「きれいのブラ 後ろ姿キレイType」。きれいな後ろ姿のシルエットと、ふっくらとしたバストラインもメイクする機能が好評で、2012年の発売以来、累計120万枚を超えるロングセラーなんです。

 

美意識の高いオシャレな女性こそ、気を付けたいのは「後ろ姿」。凛とした後ろ姿で、オトナの美人度、あげていきましょう。

 

ウイング「きれいのブラ」

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

オバサン見えは痛い「下着」のせい? 40代からのブラ・ショーツの選び方

小中学生の頃、40代女性=オバサンだと思っていました。しかし自分が40代になって、正直、心のどこかで「オバサンと言われたくない」「オバサン見えしたくない」と思ってい…

真冬のZARA! 「#ザラジョ」に学ぶデニム着回し7コーデ

アラフォーのデニムスタイルって実は難しいコーデのひとつ。脚が細いからといってスリムを履くとイタくなりますし、ダメージデニムも組み合わせによっては汚く見えます。そ…

「シンプル&ベーシック」は45歳まで?大人世代コーデ【石田純子】

第3 章 私のコーディネートルール【石田純子・大人スタイルの新常識 法則17】「シンプルなコーディネートが一番」「ベーシックアイテムさえあれば大丈夫」そんな言葉をフ…

着ない洋服は捨てる…が正解とは限らない?【スタイリスト石田純子の視点】

手持ちの洋服の数が少ないほど、知的でおしゃれじょうずのイメージがある昨今ですが、スタイリスト石田純子は「捨てなくていい」と思ったりするのです。そんなアイテムにこ…

ベージュのパンツは老けて見える?【石田純子・大人スタイルの新常識】

最近何を着ても老けて見える気がする。いつも似たような無難アイテムを買い足してしまう。手持ちの服をどう組み合わせれば年齢相応の品が出るのかがわからない……そんなおし…

オバサンすぎ?過剰な「絶対焼かない美白ファッション」に気をつけて【特集オトナの美白とUV】

いよいよ夏も本番! 一週間休みを取って海外リゾートへ行く予定の人も、近場の海やプール、山などで短い休暇を楽しむ人も、気になるのが紫外線問題。10代〜20代前半なら、日焼け後も思い出の一つと笑って済ませられ…

「いい具合に盛れる!」40代が買って失敗しない色&柄の夏ファッションって?

世間ではセール真っ只中。つい買い足ししたくなるけど、店頭やネットで衝動買いしてしまうと、結局着られずに後悔することも……。今回は、今買って失敗しない、夏コーデのマンネリを解消してくれる色と柄のアイテムを…

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街で意外と見かけるのが、服はきちんとしてい…

恐怖の薄着シーズンがやってきた!40代でも痛くない「やせ見え服」って?

梅雨も中盤、晴れる日は真夏日になることも多い季節です。これからは、どんどん薄着になっていき、ボディラインに自信が持てないアラフォー女性にとっては恐怖の季節。かといって、いつまでも全身を覆うスタイルでは…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国家資格とネイリストの資格を取って表参道で…

40代オバサンでも全然痛くない!いざという時頼れる「夏ワンピ」5ポイント

いよいよ梅雨時期、毎日ジメジメ蒸し暑い日が続き、おしゃれする気力がなくなってきている……という人も多いのでは? コーデを考えるのも面倒な日や、忙しい朝の時短にも効くのは、やっぱりワンピース。しかし、一枚…

あなたのそばにもいるかも?「恐怖のワンピース」が 40代のオバさん感を強調

40代にもなると、途端に似合うデザインが減ってくるのがワンピース。そういえば、最近あんまり着てないな……という人も多いのではないでしょうか。なぜなら1アイテムでコーデが完成するワンピースは、服の中でも対象…

「ごめん、無理」と男にお断りされる痛コーデ。40代の残念3大ファッションって? 

以前たくさんの反響を頂いた「ごめん、無理!」と男が引く痛コーデ 40代女性閲覧注意!? 記事。年相応のファッションが分からないおしゃれ迷子や、若作りや痛いと思われたくないアラフォー女性は、思ったよりも多…

今すぐやめて! 今年やると痛い目にあう去年の流行アイテムをおさらい

ファッションのトレンドは、継続するものも数多くありますが、流行りすぎたアイテムほど次のシーズンは廃れてしまうもの。特に雑誌でトレンドの特集に数多く掲載されたものは、翌年着ているといかにも去年っぽさが目…

うわダサっ…と思ってたコレがいま再流行中!「痛くない」リバイバルトレンド4

ファッションの歴史は巡るもの、この春の流行も昔私たちが経験してきたトレンドアイテムが復活して登場しています。でも、取り入れ方を間違うと、2周目だからこそ時代を超えた痛い着こなしになってしまう可能性も大…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事