財布が○○な女性は縁も金もナシ!デキる40代のお財布って?

おしゃれに気を遣いばっちりキメていても、普段使っているお財布ががっかりだったら興ざめ。さりげなく取り出したお財布で「やっぱりできる女性!」と思われるには、どんなことに気をつけたらいいのでしょう?

 

意外と見られているお財布

「先端に気を遣う人はお洒落」といわれます。ヘアスタイル、靴、ネイル。ここがキマッているとお洒落の上級者という感じがしますよね。ところがその素敵な手に持ったお財布がくたびれているものだったらいかがでしょうか?ショッピングやお食事のお会計の時に意外と見られているのがお財布です。

 

パンパンの財布はどう?

つい溜ってしまうポイントカードやレシート。家計簿を書いて整理することもなく、どんどん入れっぱなしにするとあっという間にお財布はパンパンに膨れてしまいます。そんなお財布を持っていたら「できる女性」に見えるでしょうか?お金の管理ができないルーズな女性に見えてしまいますよね。せっかく素敵な身なりをして一緒に過ごした年下男子が素敵だなと思ってくれていても、最後にパンパン財布を持っていては興醒めです。

 

できるアラフォー女性のお財布とは

では、できる女性のお財布はどのようなものでしょうか?ズバリ「整ったお財布」です。レシートをもらったらスマホのアプリなど家計簿で支出を管理し、確認したらそのレシートを破棄します。ポイントカードもむやみに作らず、何度も行って貯めていけそうなお店でのみ発行してもらいましょう。入れっぱなしで半年以上放置しているなら要注意です。また、小銭でお財布がパンパンなのも美しいとは言えません。お会計が789円で小銭がたくさんあるけれどちょっきりまではないというとき1344円だすと555円のお釣りです。1000円札を出すと211円のおつりで更に小銭が増えてしまいます。ちょっとした暗算で小銭を使うとお財布もスッキリするものです。

 

おしゃれもお金も整えることが大事

身支度を「整える」と言いますが、お金も「整える」ことが大切。アラフォー女性は細くお金の管理をしなくても、なんとなく生活できることが多いものですが、なんとなく過ごしているとお金はなんとなくなってしまいます。いくら使ったか支出を管理するとどこが無駄でどこが有意義な使い方だったか見えてきてお財布もすっきりし、メリハリあるお金の使い方ができてきます。女性のカラダもメリハリがあると美しい。見えないところに気を使えるのが大人の女性の美しさ。年下男子がうっとりするようなお財布を目指していきたいですね。

 

稲村優貴子 ファイナンシャルプランナー(CFP)、心理カウンセラー 
大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事が
したいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆業務を行い、
テレビ・新聞・雑誌などのメディアでも活躍中。(現在HTBテレビ「イチオシ!」に月2~3回レギュラー出演中)FP Cafe登録パートナー。
 *公式ブログ 「FP優貴子のマネーライフ・エッセンス」
 *公式ホームページ「FP For You

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

めんどくさがりズボラ女子でも、1年で貯金100万を達成できる3カ条

お金が貯まらない。でも細かく予算を立てたり、家計簿をつけたりするのはめんどくさいからムリ! 性格というのは変わらないもので、めんどくさがり人間がマメな人間になる…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

1000万円貯めた人がやっていなかった3つのこと

お金が貯まっている人は年収が多いから当然と思っていませんか?FP相談をしていると年収が700万円でも貯金ゼロの人もいれば、年収240万円ほどでも貯金1000万円の人もいて年収は貯金残高と比例しないものだと日々感じ…

お財布断捨離!今すぐ捨てて!お財布の中のあの3つ

気がついたらお財布がパンパンに膨れ上がっていませんか?マネー相談をしていて、カードローンやお金が貯まらないなどマイナスの相談にいらっしゃる方はパンパン財布をもっていることが多いようです。いっぽう、資産…

40代女性のお金の悩み、一番多いのは金欠…マネー相談を通じてわかったこと

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの稲村優貴子です。私は短大卒業後損害保険会社で事務仕事をしていましたが、書類の確認などだけではなく直接お客様に関わるお仕事がしたいと思い、2002年にファイナンシャル…

「保険なのにお金も増える」FPだけが知っている3つの方法

保険というと「あやしい」「うさんくさい」「めんどくさい」というイメージがありませんか?確かに昼休みにアメちゃんを配りにくる保険外交員さんのしつこい勧誘でイヤな思いをしたことがあるかもしれません。しかし…

年収300万の40代。毎月いくら貯金するのが「貯金の正解」ですか?

年収300万円と聞いて少ないと思いますか?民間給与実態統計調査(国税庁・平成28年度)によると、40代前半女性の平均年収は302万円。40代後半女性は299万円となっており、40代の平均は年収300万円ほどといえます。12…

【チェックリスト】10年ほったらかした貯金は没収される!2007年ごろの口座に要注意

平成19年って最近に感じるのが40代。私もその一人です。先日の新聞で「平成19年10月1日以後にお預けいただいた貯金で、最後のお取り扱い日または満期日から10年経過するとATM・ゆうちょダイレクトの利用ができなくな…

40代から「勝手に貯まっていく」仕組みづくりは、この一覧表だけ作ればOK!

お金を貯めようと思っても貯まらないのは、臨時支出があるたびに使ってしまうことが原因です。家計簿をきっちり書くのは忙しい40代には至難の業。貯める額を決めたらそれを取り崩さない仕組みを作ってしまえば「勝手…

お金目線で「結婚してはいけない男」40代だから知っておきたい5選

FPとしてお金の相談をしていると、「これから離婚を考えているけれどどう準備したらいい?」と切り出されたり、お金のやりくりが大変そうで、ああ苦労しているなと思うことがよくあります。大好きな人と結婚したはず…

「ほったらかし貯金」で意外と私はお金持ち!?カンタンチェック方法

「貯金が全然ないんです」とマネー相談に来られるお客様。収入や支出などを確認しながら少しでも貯金できるようにアドバイスしていくのですが、大事なチェックポイントは自分の「資産」。把握している貯金は少ししか…

今からでもまだ間に合う! 40代から始めたい「2つの貯金」

夏休みに帰省して実家に帰ると、少しずつ年齢を重ねていく家族との時間でいろいろと考えることがでてきたのではないでしょうか? 自分の将来を考えて今から必要な準備はお金の貯金だけではありません。お金だけあっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事