ひそかに見られているかも!?痛い40代の“オバ見え”ファッション

毎日の通勤やお出かけで電車に乗っていると、よく目に付くのが残念ファッションのアラフォー女性。一番最悪なのは、シワシワの服や折じわのついたシャツ、毛玉のついたサマーニットやシミのあるボトムなど、清潔感ゼロな着こなしですが、それ以外にも痛い雰囲気が出てしまうポイントはたくさんあります! 暑くてつい気を抜きがちな真夏、電車内でオバさん認定されてしまうファッションをご紹介。

 

コーデ①楽ちんさと冷房対策感がオバ見え

チュニックワンピ×スキニーデニム

太めのブロックチェックは、面積が大きく見えてしまうので、背が高くてスタイルのいい人でないと難しいアイテム。さらに胸下切り替えでボリュームが出てウエストの絞りがないので、妊婦のようなフォルムになってしまうのも難点。さらにデニムを重ねるのも残念ポイント。冷房対策なのか露出に抵抗があるのかわかりませんが、ワンピースにボトムを合わせるのは重く古臭い印象です。このワンピを着るなら、ウエストをベルトでマークしてヒール靴を合わせて、重心を上に持っていくのがポイントです。

 

コーデ②民族風の着こなしで安っぽオバさん

ビッグTシャツ×エスニックマキシスカート

ビッグTシャツもマキシ丈のスカートもトレンドですが、とにかくウエストマークが基本の今季、トップスをアウトしてダラダラ着るのは生活感が滲みすぎてNG。この着こなしは若い女性なら抜け感、こなれ感を狙ったおしゃれコーデになる可能性もありますが、全体的に厚みの増してくる40代の女性が着てしまうとゆるずるで残念なシルエットに。この組み合わせなら髪をアップにして、Tシャツをボトムにインすると今季のバランス感になります。

 

コーデ③トレンドアイテムも着方次第で残念に

エンブロイダリーブラウス×ワイドデニム

どちらも今季らしいアイテムなのですが、着こなし方、合わせ方を間違えていると一気にダサく見えてしまう、というパターンがこちら。エンブロイダリーブラウスは、ふんわりシルエットなのでデニムならスキニーを合わせると大人っぽいバランスで着られます。デザインも少し子供っぽいので、黒の刺しゅうなどシンプルなものや、ベースのブラウスの素材を落ち感のあるものが大人に似合います。ワイドデニムは、太めに折り返してしまうと昔風な着こなしになってしまいシルエットも台無しに。デニムの丈が長すぎるようならカットしましょう。

 

他にも見られている! こんな場所

 

・下着のラインや肉が浮いた背中

リブトップスやぴったりめの薄手Tシャツを着た時に注意したいのが、背中のシルエット。きちんとした下着をつけないと、はみ出したお肉やたるみが丸見えに。電車に乗る前に、後ろ姿もチェックしてください。

 

・オープントゥパンプスにストッキング合わせ

オープントゥのパンプスだからいいかな、と思って履いてしまうのかもしれませんがつま先部分のストッキングは意外と目立つもの。電車で座っていると足元はよく目に入るので、専用ストッキングを履くか、パンプスに変えましょう。

 

・スニーカーに半端丈靴下

この足もとコーデでは、まるで学生。40代の大人にはミスマッチです。もちろんスニーカー自体はOKアイテムなので、シンプルに素足で履くか、外から見えないような靴下を選んでください。靴下がダメなら…と言っても、ストッキングに合わせるのはもちろんNGです。

 

 

以上、いかがだったでしょうか。人の振り見て我が振り直せ、ではありませんが、電車に乗っていると色んな着こなしをしている人を見かけるので、「この人オバさんっぽいな」と思ったら、どこが老けて見えるのかをチェックしてみると自分のコーデにも役立ちます。一年で一番暑いこの時期、ファッションもダレて来るので、もう一度気を引き締めて、残りの夏おしゃれを楽しんでください。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

植松晃士 大人の夏ファッション、40代女性こそ〇〇が大事!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。いきなり夏日が続いてファッションが追いつかない!という方も多いのでは?今回は、夏に向けてのファッションについてお話させていた…

オバサン見えは痛い「下着」のせい? 40代からのブラ・ショーツの選び方

小中学生の頃、40代女性=オバサンだと思っていました。しかし自分が40代になって、正直、心のどこかで「オバサンと言われたくない」「オバサン見えしたくない」と思ってい…

真冬のZARA! 「#ザラジョ」に学ぶデニム着回し7コーデ

アラフォーのデニムスタイルって実は難しいコーデのひとつ。脚が細いからといってスリムを履くとイタくなりますし、ダメージデニムも組み合わせによっては汚く見えます。そ…

あなたはどれを捨てますか?40代のファッション断捨離候補、1位はアノ服

最近「やったこと」「やってみたいこと」でよく挙がるのが「断捨離」です。30代に積もり積もらせた服を捨てに捨て、身軽になる人が大変多いとのこと(編集部調べ)。単価高…

オバサンすぎ?過剰な「絶対焼かない美白ファッション」に気をつけて【特集オトナの美白とUV】

いよいよ夏も本番! 一週間休みを取って海外リゾートへ行く予定の人も、近場の海やプール、山などで短い休暇を楽しむ人も、気になるのが紫外線問題。10代〜20代前半なら、日焼け後も思い出の一つと笑って済ませられ…

「いい具合に盛れる!」40代が買って失敗しない色&柄の夏ファッションって?

世間ではセール真っ只中。つい買い足ししたくなるけど、店頭やネットで衝動買いしてしまうと、結局着られずに後悔することも……。今回は、今買って失敗しない、夏コーデのマンネリを解消してくれる色と柄のアイテムを…

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街で意外と見かけるのが、服はきちんとしてい…

恐怖の薄着シーズンがやってきた!40代でも痛くない「やせ見え服」って?

梅雨も中盤、晴れる日は真夏日になることも多い季節です。これからは、どんどん薄着になっていき、ボディラインに自信が持てないアラフォー女性にとっては恐怖の季節。かといって、いつまでも全身を覆うスタイルでは…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国家資格とネイリストの資格を取って表参道で…

40代オバサンでも全然痛くない!いざという時頼れる「夏ワンピ」5ポイント

いよいよ梅雨時期、毎日ジメジメ蒸し暑い日が続き、おしゃれする気力がなくなってきている……という人も多いのでは? コーデを考えるのも面倒な日や、忙しい朝の時短にも効くのは、やっぱりワンピース。しかし、一枚…

あなたのそばにもいるかも?「恐怖のワンピース」が 40代のオバさん感を強調

40代にもなると、途端に似合うデザインが減ってくるのがワンピース。そういえば、最近あんまり着てないな……という人も多いのではないでしょうか。なぜなら1アイテムでコーデが完成するワンピースは、服の中でも対象…

「ごめん、無理」と男にお断りされる痛コーデ。40代の残念3大ファッションって? 

以前たくさんの反響を頂いた「ごめん、無理!」と男が引く痛コーデ 40代女性閲覧注意!? 記事。年相応のファッションが分からないおしゃれ迷子や、若作りや痛いと思われたくないアラフォー女性は、思ったよりも多…

今すぐやめて! 今年やると痛い目にあう去年の流行アイテムをおさらい

ファッションのトレンドは、継続するものも数多くありますが、流行りすぎたアイテムほど次のシーズンは廃れてしまうもの。特に雑誌でトレンドの特集に数多く掲載されたものは、翌年着ているといかにも去年っぽさが目…

うわダサっ…と思ってたコレがいま再流行中!「痛くない」リバイバルトレンド4

ファッションの歴史は巡るもの、この春の流行も昔私たちが経験してきたトレンドアイテムが復活して登場しています。でも、取り入れ方を間違うと、2周目だからこそ時代を超えた痛い着こなしになってしまう可能性も大…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事