その男、誰?年下の彼に昔の男の名前を聞かれ【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり13】

 

(これまでの話はこちら)

おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことからお互い「犬が好き」なことに気づく。 女性と2人で出かけたことすらなかったピュアな高坂くんと、私の関係は、少しずつ変化し……。

 

簡単なことじゃない

 

 

「僕たち、付き合ってみますか?」だなんて……。

あまりにも唐突すぎる提案に、何も言えなくなってしまった。

 

「ダメですか?」

高坂くんがさらに突っ込んでくる。

「ダメとかいうわけじゃなくて……」

気持ちを落ち着かせて、必死に言葉を探す。

 

「恋愛って、お互いに恋愛感情を持っているものだと思うの。

高坂くんの私への気持ちも、まだ恋愛感情って感じじゃないんじゃないかな」

「恋愛感情って、どんなのですか」

 

彼は怖いくらい何も知らない。

ここで私が嘘をついても、信じてしまうのかもしれない。

でも私は私なりに、正直に彼に言う。

「恋愛感情って、そのひとのことを特別に大切に思うことじゃないかな。

離れていても、元気にしてるかな、夜ごはんは何を食べたかななんて気にしたり。

離れていても、すぐにまた会いたくなったりすると思う」

 

恋をしていた頃の自分の記憶を辿りながら、彼に伝える。

本当はうれしくないわけじゃない。

ひとまわりも下の男の人にそんなことを言われて。

でも、勢いだけで付き合うほどもう若くもないから。

 

恋愛感情ってなに?

 

「わかりました」

高坂くんはわかったようなわからないような顔でそう言った。

 

「とりあえず、今はその時じゃないってことですね?」

「そう、そんな感じ」

私は急いでうなずいた。

 

「どうせ付き合うのなら、お互いに恋愛感情を持ってからお付き合いしたほうがいいと思うの」

「そうですね」

彼はうなずいた。

 

恋をしたら、その人のことを考えて眠れなくなったり、その人のことが気になってソワソワする時がある。

次に会ったらどんな格好をしようと、鏡に向かって髪や服装を考えることがある。

 

高坂くんは、恋をしたことがないと言う。

だから多分、こういう甘酸っぱい感情を味わったこともない。

でもこれも恋の醍醐味。

できれば知ってもらいたい。

 

それに私も、また、恋をするときめきを知ってみたい。

二人が付き合うとしても、恋を自覚して、お互いに気持ちが盛り上がってからで遅くない。

そう、きっと。

 

 

その人はだれ?

 

 

会社に着くと、すぐに、沙羅が声をかけてきた。

「今日は一緒にご出勤?」

意味ありげに笑って尋ねてくる。

 

「同じ駅だから、駅で会っただけだよ」

私はそう答えながら、高坂くんも疲れるだろうし、あんまり会社では近くにいすぎないほうがいいのかもしれない、と、考えていた。

私たちが目立つようなことをするから、からかわれてしまうのだから。

 

「駅が同じなのっていいね。会いたい時にすぐ会えるし、夜中でも」

「そうだね。待ち合わせには便利かな。ドッグカフェに行く時とかに、ね?」

高坂くんは、固い表情のまま、黙っている。

 

「柳沢くんの時は遠かったもんね。電車で1時間くらいだっけ?」

沙羅がぽろっと漏らした名前に、私は慌てた。

「ちょっ……その名前はっ」

「えっ? あ、ごめん」

 

すぐに気づいて沙羅は口元を押さえた。

高坂くんが聞いていなければいいなと思ったのに、やっぱり、聞いていた。

「柳沢くんって、誰ですか?」

と言われて、私と沙羅は顔を見合わせた。

 

 

(これまでの話はこちら)

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

読むだけでキュン! 年下男子に言われた「胸キュン」エピソード8選

胸がキュンキュンするエピソードを聞くと、それだけで気持ちが上がったり、恋がしたくなる気持ちが強くなったりしますよね。つまり胸キュンには、女性をキレイにする力が備…

たとえ浮気でも!? 40代が恋愛すべき8つの理由

年末年始、女友達との集まりも多かったことでしょう。そのときの話題は、たいてい健康問題か子供が中心になるのがアラフォー世代。既婚・未婚に関わらず、ときめきから程遠…

年下男子が「次も誘いたい!」と思う40代独女のデートでの振る舞い3つ!

年下男子とのデートは、いくつになってもドキドキしますよね。ふたりの距離を縮める大事なデート、実は年下男子の方も上手く素が出せなかったりして、見えないところで緊張…

【40代編集長の婚活記#24】年下にモテる秘訣は「アレがない」こと

恋人いない歴7年、44歳のアラフォー独女であるOTONA SALONE編集長・アサミがリアル婚活模様をお届けしている【アラフォー編集長の婚活記】。2回目の婚活パーティで出会った…

大人の女性必見! 彼・夫以外の男性との胸キュンエピソード6選

前回、【読むだけでキュン! 年下男子に言われた「胸キュン」エピソード8選】でもお伝えしましたが、気分が上がる胸キュン話には、女性をキレイにする力が備わっていると…

【40代編集長の婚活記#27】男の本音はアリorナシ? 「10歳年上」女性との恋愛

婚活パーティで出会ったアラサー男子・メンノンさん(31歳)とデート中の44歳のアラフォー独女・OTONA SALONE編集長・アサミ。食事をしながらデートを愉しんでいる途中、「…

あぁ、ホッとする……。「癒やし上手」な40代女性が持つたったひとつの決め手とは

会社では常に「全力」を求められるアラサー男子。緊張感のある毎日の中で、「この人といると落ち着く」と思うアラフォー女性には、「癒やし上手」という顔がありました。あ…

【40代編集長の婚活記#26】アラサー男子のOKはいくつ年上まで?

非モテかつ非恋愛体質、44歳にしてノーバツ・独女であるOTONA SALONE編集長・アサミが、重い腰をやっとこさあげて婚活をスタート。その模様をお届けしている【アラフォー編…

【40代編集長の婚活記#25】結婚できない 独女のダメ生態とは 

ぼっち街道まっしぐらの44歳アラフォー独女、OTONA SALONE編集長・アサミによる【アラフォー編集長の婚活記】。2回目の婚活パーティで出会ったアラサーのオシャレ男子・メ…

【40代編集長の婚活記#23】40女がアラサー男子とつきあうメリット

44歳の独女・OTONA SALONE編集長・アサミが、人生2回目の婚活パーティに参加し、連絡先を交換した男性は4人。しかし、そのうち連絡が続いたのはたった一人だけ……。30代前半…

社内恋愛の年下カレが「してみたかったこと」小説・あなわた♯20

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40代の社内恋愛。年下カレのお願いごととは…あなわた♯19

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

男性に愛されるなんて久しぶりすぎて【年下小説・あなわた#18】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

そっけない年下男子の態度に揺れる気持ち【年下小説・あなわた#17】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40歳になっても私は恋愛に不器用なままで【年下小説・あなわた#16】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

もう会えないの?年下小説あなたのはじめては、わたしのひさしぶり♯15

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

10歳年下の彼の既読スルー。どうすれば…【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり14】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40代、恋愛なんて何年ぶり…?年下の彼は【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり12】

(この小説の一気読みはこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。ところが、ひょんなこ…

「あれ、2人で同棲してるの?」カレが否定しないとき【あなわた#11】

【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり  vol.11】これまでの話長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性…

何年ぶりかに男性と手をつないだ私は…【小説・あなわた#10】

【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり  vol.10】長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事