携帯代って普通はいくら?40代の平均通信費は○○円

携帯電話は、今やなくてはならない生活必需品。持たないわけにはいかないだけに、携帯代が高いのは困りものです。しかし、節約をしたくても、使っている機能が今までどおりに使えないと、自分だけではなく周りの人の迷惑になりかねません。そのため思い切ったことができず、二の足を踏んでしまいがちです。みんな、携帯代にいくら使っているのでしょうか。

 

■通信費は年々負担が増している

実は携帯代を含め、通信費がいくらかかっているのかについて、政府も注目しています。総務省の家計調査によれば、2016年の携帯代の全世代の平均は1万5390円でした。40代では、1万6998円です。

 

家計消費状況調査 <総務省、2016年度、2人以上勤労世帯>

*スマートフォン・携帯電話・PHSの通信・通話使用料

30代 1万5,884円
40代 1万6,998円
50代 1万7,938円

 

さらに、これから節約したいものとして、通信(電話、インターネット等)は、ファッション、車とともにトップ3に入っています。やっぱり、みんな節約したいポイントは同じですね。

 

消費者意識基本調査 <消費者庁、2016年度>

*今後節約していきたいもの

ファッション 37.4%
通信(電話、インターネット等) 36.5%
35.9%

 

 

■携帯代を安くする=通話とデータ通信を減らす

さて、ではどんな節約方法があるでしょうか。節約法はいろいろありますが、まずは今使っている携帯電話や料金プランを変えずにできることから始めましょう。

 

★無料通話機能を使う

LINE、Facebookなどの無料通話を使えば、携帯電話の通話料金はかかりません。通話したい相手と、同じSNSを利用していれば、無料通話のメニューをタップするだけなので簡単です。また、固定電話にかける時には楽天電話のアプリがオススメ。通話料がおよそ半額に抑えられます。

 

★Wi-Fi接続アプリを利用する

無料のWi-Fiスポットに近づくと、自動的に接続してくれるアプリを利用する方法です。「タウンWiFi」というアプリなら、面倒な認証操作は不要なのでストレスフリー。動画や音楽をたくさん楽しむ人に、特にオススメです。

 

Wi-Fiを利用するとなぜ、節約になるの?

携帯の通信には、3Gとか4G、LTEといった画面表示がされるモバイルデータ通信と、Wi-Fiでの通信があります。モバイルデータ通信は、携帯プランで月にどのくらい使えるかが決まっていて、一般的に3GB(ギガバイト)や5BGで契約している人が多いようです。契約している通信量を超えると、通信速度が極端に遅くなってしまうので、月末にはデータ通信量を追加購入する人も(1GB=約1000円)。一方、Wi-Fiではそのような制限はありません。

Wi-Fiの利用で、モバイルデータ通信量を減らせれば、追加購入をしなくてよくなりますし、さらに今より通信量が少ない、安い料金プランへ変更することも可能です。

 

★SNSの動画自動ダウンロードはオフ

Twitter、Facebook、Instagramなどで、動画をアップする人も多くなっています。広告も動画になっていることがよくありますね。これらをすべて自動でダウンロードしていると、データ通信量をどんどん消費していきます。

Wi-Fiの接続中だけ自動ダウンロードし、それ以外は手動にする設定にしましょう。設定は、それぞれのアプリの設定メニューなどからできます。

 

■格安スマホはあり? メリットとデメリット

携帯代を大幅に安くするなら、格安スマホの検討は避けて通れません。料金が安くなるメリットは魅力ですが、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

 

★メリット→携帯代が安くなる

格安スマホにしたことで、月々5000円以上安くなった人も珍しくありません。また、各社とも料金プランが細かく設定されているので、ピッタリのプランを選ぶことができます。

 

★デメリット→メールアドレスが変わる

「@docomo.ne.jp」や「@ezweb.ne.jp」という携帯電話会社のメールが使えなくなります。ただし、Gmailなどの無料メールがあれば充分という人も増えています。

 

★ショップは少ない

格安スマホはショップが少ないので、何かあった時の相談先に不安を感じる人もいます。その場合は、電話でのサポートがしっかりしているところを選ぶようにしましょう。

 

★その他のポイント

→電話番号はそのまま使える

→携帯電話本体は使い続け、携帯会社だけを変えることもOK

 

 

通信は相手あってのもの。節約も大切ですが、周りへの配慮も同じくらい大切です。できるところから少しずつ、試してみてはいかがでしょうか。

 

(FPCafe登録パートナー   タケイ啓子

 

 

参照サイト

1016年度消費者意識基本調査 消費者庁・2017年6月28日発表

11ページ 今後節約したいもの

http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/adjustments_index_16_170628_0001.pdf

 

スマートフォン・携帯電話・PHSの通信・通話使用料

3-2の表

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001171685

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

月収25万は増税負担いくら?「あと1万円」ムリなく貯めてチャラにする節約術

いよいよ始まった消費税10%。コンビニエンスストアやスーパーなどでお買い物をすれば、さっそく10%の消費税がかかります。今後、さらなる税金や社会保険料率のアップもささやかれているなか、増税分をチャラにする…

【軽減税率】料理用のワインとみりん、消費税8%はどっち?

いよいよ消費税増税まで1カ月をきりました。8%から10%になる10月1日に向けて各販売店などでは準備が進められているようです。さて、この消費税、すべてのものが10%になるわけではありません。一部については8%の…

あなたは大丈夫?40代独身女性が【やってはいけない】節約って?

頑張って働いて得たお金は大切に使いたいですね。買わなくてもいいものを買ったり、無駄になるようなお金の使い方をしたりするのは避けたいものです。40代独身女性なら、しっかり節約をして将来に備えて貯蓄をしてい…

【総資産300億円!】もしもあなたがジャニーさんの娘だったら、遺産はいくら?相続税は?

ジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川さんの訃報が届いたのは2019年7月9日のこと。日が経つにつれ、各メディアからはさまざまな報道がなされているように感じます。そこでふと気になったのが、ジャニーさんの遺産…

航空券を安く押さえる㊙テクとは?海外旅行をお安く安全に楽しむコツ5選

JTBの発表によれば、2019年の夏休みに海外旅行をする人は299万人、前年比3.5%増の見込みとのことです。人気は台湾、ハワイ、グアムなど、ショッピングやアクティビティが充実していて、しかも比較的安全なところが…

夫婦で2,000万円!?【一生独身の女性の老後のお金】はいくら必要?

「老後資金として2000万円の蓄えが必要」、2019年6月に金融庁の金融審議会がまとめた報告書が話題になっています。年金だけでは足りないと政府が認めたということ? 今から2000万円も貯められない! など不安を感…

【我慢不要で1年で100万貯まる】40代独身女性におすすめの節約術10選

40代の独身女性が節約をするには、「とにかくガマン」の力技的な方法は不向きです。ストレスが溜まりますし、長続きできません。大切なお金は、使うべきところでは使い、締めるところはしっかり締めていきたいですね…

ご祝儀の相場は◯◯円!オトナ世代の【冠婚葬祭で包むお金】の平均

大人のお付き合いに、冠婚葬祭のご挨拶は欠かせません。お祝いやおくやみなど、自分の思いを相手に伝えられるようにと考えると、包む金額はなかなか悩ましいものではないでしょうか。今回は、冠婚葬祭に包む金額の相…

おひとりさまの1ヶ月の貯蓄平均値は約3万円!貯蓄を倍増させるには?

人生100年時代。シングルの女性が老後のために必要な貯蓄は、2000万円とも3000万円とも言われています。しかし、思うように貯まらないと感じている人も少なくありません。そこで今回は、今の貯蓄を一気に倍増させる…

貯金の上手な県は○○だった!貯蓄ができる都道府県ランキング

県民性、という言葉があるように、都道府県ごとに異なる個性があります。性格や行動パターン、考え方などの傾向は、その地域であれば当たり前のことが、別の場所ではそうではない、ということも。ソニー生命保険が発…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事