携帯代って普通はいくら?40代の平均通信費は○○円

携帯電話は、今やなくてはならない生活必需品。持たないわけにはいかないだけに、携帯代が高いのは困りものです。しかし、節約をしたくても、使っている機能が今までどおりに使えないと、自分だけではなく周りの人の迷惑になりかねません。そのため思い切ったことができず、二の足を踏んでしまいがちです。みんな、携帯代にいくら使っているのでしょうか。

 

■通信費は年々負担が増している

実は携帯代を含め、通信費がいくらかかっているのかについて、政府も注目しています。総務省の家計調査によれば、2016年の携帯代の全世代の平均は1万5390円でした。40代では、1万6998円です。

 

家計消費状況調査 <総務省、2016年度、2人以上勤労世帯>

*スマートフォン・携帯電話・PHSの通信・通話使用料

30代 1万5,884円
40代 1万6,998円
50代 1万7,938円

 

さらに、これから節約したいものとして、通信(電話、インターネット等)は、ファッション、車とともにトップ3に入っています。やっぱり、みんな節約したいポイントは同じですね。

 

消費者意識基本調査 <消費者庁、2016年度>

*今後節約していきたいもの

ファッション 37.4%
通信(電話、インターネット等) 36.5%
35.9%

 

 

■携帯代を安くする=通話とデータ通信を減らす

さて、ではどんな節約方法があるでしょうか。節約法はいろいろありますが、まずは今使っている携帯電話や料金プランを変えずにできることから始めましょう。

 

★無料通話機能を使う

LINE、Facebookなどの無料通話を使えば、携帯電話の通話料金はかかりません。通話したい相手と、同じSNSを利用していれば、無料通話のメニューをタップするだけなので簡単です。また、固定電話にかける時には楽天電話のアプリがオススメ。通話料がおよそ半額に抑えられます。

 

★Wi-Fi接続アプリを利用する

無料のWi-Fiスポットに近づくと、自動的に接続してくれるアプリを利用する方法です。「タウンWiFi」というアプリなら、面倒な認証操作は不要なのでストレスフリー。動画や音楽をたくさん楽しむ人に、特にオススメです。

 

Wi-Fiを利用するとなぜ、節約になるの?

携帯の通信には、3Gとか4G、LTEといった画面表示がされるモバイルデータ通信と、Wi-Fiでの通信があります。モバイルデータ通信は、携帯プランで月にどのくらい使えるかが決まっていて、一般的に3GB(ギガバイト)や5BGで契約している人が多いようです。契約している通信量を超えると、通信速度が極端に遅くなってしまうので、月末にはデータ通信量を追加購入する人も(1GB=約1000円)。一方、Wi-Fiではそのような制限はありません。

Wi-Fiの利用で、モバイルデータ通信量を減らせれば、追加購入をしなくてよくなりますし、さらに今より通信量が少ない、安い料金プランへ変更することも可能です。

 

★SNSの動画自動ダウンロードはオフ

Twitter、Facebook、Instagramなどで、動画をアップする人も多くなっています。広告も動画になっていることがよくありますね。これらをすべて自動でダウンロードしていると、データ通信量をどんどん消費していきます。

Wi-Fiの接続中だけ自動ダウンロードし、それ以外は手動にする設定にしましょう。設定は、それぞれのアプリの設定メニューなどからできます。

 

■格安スマホはあり? メリットとデメリット

携帯代を大幅に安くするなら、格安スマホの検討は避けて通れません。料金が安くなるメリットは魅力ですが、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

 

★メリット→携帯代が安くなる

格安スマホにしたことで、月々5000円以上安くなった人も珍しくありません。また、各社とも料金プランが細かく設定されているので、ピッタリのプランを選ぶことができます。

 

★デメリット→メールアドレスが変わる

「@docomo.ne.jp」や「@ezweb.ne.jp」という携帯電話会社のメールが使えなくなります。ただし、Gmailなどの無料メールがあれば充分という人も増えています。

 

★ショップは少ない

格安スマホはショップが少ないので、何かあった時の相談先に不安を感じる人もいます。その場合は、電話でのサポートがしっかりしているところを選ぶようにしましょう。

 

★その他のポイント

→電話番号はそのまま使える

→携帯電話本体は使い続け、携帯会社だけを変えることもOK

 

 

通信は相手あってのもの。節約も大切ですが、周りへの配慮も同じくらい大切です。できるところから少しずつ、試してみてはいかがでしょうか。

 

(FPCafe登録パートナー   タケイ啓子

 

 

参照サイト

1016年度消費者意識基本調査 消費者庁・2017年6月28日発表

11ページ 今後節約したいもの

http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/adjustments_index_16_170628_0001.pdf

 

スマートフォン・携帯電話・PHSの通信・通話使用料

3-2の表

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001171685

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

めんどくさがりズボラ女子でも、1年で貯金100万を達成できる3カ条

お金が貯まらない。でも細かく予算を立てたり、家計簿をつけたりするのはめんどくさいからムリ! 性格というのは変わらないもので、めんどくさがり人間がマメな人間になる…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間がかからず、放ったらかしでもお金が貯まる仕…

新年度の「かくれ値上げ商品」はコレ!値段ではなく量に注意すべし

新年度が始まり、新たなスタートをきった方も多いのではないでしょうか。新しい環境になっても、お金の収支はきちんと守っていきたいですね。冬の間は野菜の高値が続きましたが、最近は落ち着いてきています。しかし…

4月から生命保険料が変わる!見直してもいい人とダメな人

春、新しいことが始まる季節。実は生命保険も新しい保険料になります。生命保険は、5~10%程度の値下げとも言われています。これは、平均寿命が延びて長生き時代になったため。この機会に保険の見直しを考える人も…

給与天引き派なら10年20万以上トクできる?イデコ・ニーサ「基本のき」

毎月の収入の中からコツコツお金を貯めるのは、貯蓄の基本です。しかし、それだけではなかなか増えていかないのも現実。長く続くマイナス金利の影響で、金融機関に預けていても、利息は0.001%という金融機関は少な…

逆転の「現金で家を買う」発想・40代独女ならできる一括購入への道

おひとりさまでも、そうでなくても、女性の住まいに関する心配は少なくありません。特に「老後破産」「下流老人」などというセンセーショナルな言葉には、老後の経済的不安があおられっぱなしです。そこで今回は、退…

もしも「貯金ゼロで親の介護」に突入したら、自分の老後のお金はどうなる?

寒い毎日が続いていますが、日差しに少しずつ春の気配を感じます。春は新しい暮らしを始める人が増える季節。そんな時は、気持ちの準備も必要ですが、経済的な計画性も大切です。今回は、新生活を始める前に相談にき…

人間関係に疲れてもう辞めたい。40代の転職は現実的?

仕事上の困難は、ステップアップするためには必要な時もありますが、仕事を続けること自体が苦しくなってしまう場合もあります。特に人間関係のストレスは、自分だけではどうすることもできないケースも多いものです…

40代ナース、もうヒモ男を養うのは限界。夜逃げに必要な貯金額は?【マネー相談】

40代ともなると、人生の新しい一歩を踏み出す時に必要なのは、気持ちだけではありません。経済的な安心感がなければ、思い切った行動をとるのはなかなか決心がつかないもの。東京都在住のナース、E子さん(44歳)も…

気になる「時短家電」をコスパで比べてみた!オススメはどれ?

おトクとは、「限られた資源を有効活用する」こと。資源にもいろいろありますが、誰にとっても大切な資源は「お金」と「時間」です。お金を払っても時間が節約できるなら、総合的に考えておトク。賢いお金の使い方と…

「ダメ財布」でわかるオバサン度診断!あなたのマネー年齢はいくつ?

「肌年齢」や「見た目年齢」など、実年齢とは違う年齢があります。フィナンシャルプランナーとして多くの方のお話を伺っていると、マネー感覚にも年齢があるように思えてきます。今回はいつもと趣向を変えて、「財布…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事