【40女の恋愛事情】story2 私は彼の特別になれますか?-45歳・真由子の場合(3)-

単なるファンサービスなの? 私に少しでも好意を持ってくれてるの?

舞台のあと、役者の彼と公園で会い続ける真由美は、次の公演のチケットノルマを引き受け……。

語られることのないアラフォー女性の恋愛事情をクローズアップした小説【40女の恋愛事情】

45歳・真由子のケース、1回目2回目に続き、いよいよ完結の3回目です。

 

Defocused urban night scene

役者の彼に、甘えられているのかもしれない。

私が彼のノルマをすべて引き受ける必要なんて、なかったのかもしれない。

でも、少しでも彼を楽にしてあげたかったし、客を集めるために苦労する時間を、稽古に使ってほしかった。そして素敵な舞台を魅せてほしかった。

 

彼は2年前に上京してきた時から、都内で男友達とワンルームマンションをルームシェアしているという。暮らしが大変そうなので、チケット代でさらに苦労をさせたくなかった。

 

彼は私が買った20枚のチケットを引き受けた。

無料なら役者仲間達が観に来てくれるそうだ。

全10公演なので、残りの10枚は、私が観る分だった。

 

花代、チケット代、差し入れ……。

少しずつ、私の負担が増していくのがわかる。

それでも、もう、やめられない。

あの甘い甘い、とろけるような公演終了後の時間があるのなら。

彼のために、なんでもしてあげたかった。

 

チケット代は、貯金を崩して払った。

いつか、たとえば結婚をしたり、マンションを買ったりするかもしれない。

そんな時のために蓄えていたお金だったけれど、彼の芝居がない時に、仕事帰りにバイトをして少しずつ貯金しなおせばいい。

 

公演がない時は、本当につらい。

終演帰りの彼と待ち合わせることもできない。

彼に会えない。

この時ほど、私はただのファンなんだと思い知らされる時はない。

友達や彼女だったら、公演中じゃなくてもやりとりができるはずなのだから。

だからこそ彼と会える公演期間中を、大切にしたかった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事