植松晃士 ◯◯に逃げたらオバサンの始まり!40代の「おブス」なファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。

先日のビューティ編に続いて、今回はファッション編です。抗わない=オバさんだと申し上げましたが、ファッションも同じ。挑戦しなくなる=楽するってことでオバさんになっていくと思うんです!

 

ボリューミィコーデはキ・ケ・ン!

そもそも流行というのは、ファッションの重鎮たちが紡ぎ出すというよりは、世間一般が取り入れてナンボなんです。つまり、ラクで都合のいいものが流行る傾向にある。今で言うなら、ボリューミィなトップにボリューミィなボトムを合わせる、みたいな。あれはふんわりしたお洋服の中でどれだけカラダが泳いでいるかがキモ。きゃしゃなモデルだからこそ、そのギャップが着こなしとなっているんです。それを、全身が隠せるからってオバさんが着たらオシャレでもなんでもなくなっちゃう!

 

もちろん、挑戦することは大切ですけど、そこじゃない。全身を隠すのではなく、どこか手首でも足首でもいいから、出しましょう。自分の都合を優先しないで、見せられるところは見せていきましょ。

 

「柄」に挑戦して秋を先取り!

また、ムジラーも多いと思うけど、思い切って柄モノに挑戦するのも手。柄といっても、クマちゃんとかじゃなくていい~(笑)。若い子には流行ってるけどね。ストライプやチェックでもいいんです。ただ、上下とも柄というのは上級者。間違うとおブスなスタイリングになるから、まずはボトムから入るのがいいかも~。しかも色のトーンをトップと合わせておくと無難。柄は小さいよりは大きいものを選んで。小さい柄だと「パジャマ?」って思われちゃうから。

 

どうしても柄に抵抗ある~という方は、スパンコールとかフリルとか、ディテールあるものをチョイスするだけでもムジラーから脱出できます。あるいは、異素材を使ったものとかね。「コレは長く使えそう」という目線で買うのはオバさん。守りに入っちゃダメ! 昔はお洋服は高かったから、そういう目線が染み付いているかもしれないけど、今やファストブランドで流行アイテムを揃えられるんだから、挑戦しやすいはず!

 

40代のオシャレを「お安く」見せないために

ただ、40代アップの方々は、ファストファッションで身を包んだらアクセサリーは本物志向でいきましょ。どこかでバランスは必要。全身お安く見せないことが大切です。お洋服の上ならまだしも、肌の上に直接のせるものは本物のジュエリーで。大人ってお金がかかるものなんです。でも、みすぼらしく見せないためには、お安いものとお高いものをバランスよく身につけるのがコツ。

 

それから、40代以上のおブスファッションで気になることと言えば、斜めがけしているバッグ。プチなものはアクセサリー感覚でいいんだけど、中途半端な大きさのバッグを斜めがけしていると、「夏休みの子供? それとも神社めぐりのおばあさん? どっち?」ってことになるから(笑)。

 

ロングすぎるスカートにご用心!

また、ロングすぎるスカートもNG。中森明菜さん世代には「コレいいー!」ってことになるのかもしれないけど(笑)、どう見てもヤンキー風味が漂っちゃう。しかも、ロングスカートには、サンダルとか履く合わせをよく見かけます。すると、歩き方がグダグダしていて、どうしたって上品には見えないんだよね~。どうしても着たいならリゾート地限定で。あるいは、長めがいいならワイドパンツにして、ちょいクールな辛口に仕上げるなら◎。

 

ビューティでもファッションでもおブスだと思うようなことをいろいろ申し上げましたが、「ラクしない。素のままでいない。抗って、挑戦し続ける」。これが40代以上の女性に捧げるキーワードかな~。

 

では、また次回お会いしましょう♪

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

植松晃士 ご注意!「生活感ある」オバ髪にならない方法

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回のコラムを読んで、さっそくセールに行った方はいらっしゃるかしら?ぜひ、新しいアイテムでフレッシュな自分を見つけてくださいね。40代、くれぐれも「髪」にご注意をさて…

植松晃士 40代がセールで「買っていいもの、ダメなもの」2018

みなさん、こんにちは。植松晃士です。あっという間に半年が過ぎました。6月後半あたりから、セールが始まってますよね。毎年9月10月くらいまで「もしかして、まだ夏?!」というくらいに暑いから、このセールで秋まで…

植松晃士 一歩間違うと「オバ見え」です! 大人スニーカーのたしなみ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回はダイエットのお話をしましたが、今回は足元ファッションのお話。ラクだから。老いも若きもスニーカーちょっとでも理想の体型に近づいてきたら、やっぱりファッションも気…

植松晃士「やせにくい」40代からのダイエット。成功させる4つのポイント!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。最近、一気に夏っぽくなってきましたね。ファッションも露出が多いものが増えてきます。そこで! 今回は、ダイエット話をしようかな~なんて思っております。痩せすぎても「老…

植松晃士 「上品な女性」になるために、40代から使ってほしいもの

みなさん、こんにちは。植松晃士です。暑い日が続きますね~。すっかり夏のファッションにシフトしていることと思います。が、今回はビューティ編。しかも「香り」についてお話したいと思います。ちなみに、読者の皆…

植松晃士 体型カバー・流行・好感度が手に入る40代の「美人見え」コーデとは?

みなさん、こんにちは。植松晃士です。ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか? 長い人は10日ほどもお休みできたんじゃない?誰もが「美人見え」の鉄板コーデって?さて。僕は相変わらず、都内をパトロールの…

植松晃士 赤リップが「似合わない」? おすすめ&選び方のコツ教えます!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。もうそろそろ、ゴールデンウィークの計画も進んでいる頃じゃないでしょうか? リゾートに行く方々は、くれぐれも日焼けにご注意を。紫外線はハンパないから最高UVカット値のも…

植松晃士 40代ファッションで取り入れたい「春の流行」4つのポイント

みなさん、こんにちは。植松晃士です。雪が降ったと思ったら、そのあと急に暖かくなって桜が花開いてびっくり。あっという間に春到来、でしたが、お花見は楽しめましたか?僕はそんな季節の間、お仕事がらみで全国へ…

植松晃士 春のメイク「美人とおブス」の差はコレで決まります!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は春ファッションについてお話したので、今回は春メイクのお話をさせていただきますね。プロが上手に使っているアレ大人の美醜を分けるのは、ずばり「ハイライト」です! …

植松晃士 オバ見えを避けたいなら「買っていい色、ダメな色」!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。そろそろお花見の季節になりますが、桜!と浮かれても、朝晩はまだ冷え込むよね~。とはいえ、やっぱり気持ちは春。お買い物に行って新しいお洋服を買いたくなりますね。2018年…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事