そっけない年下男子の態度に揺れる気持ち【年下小説・あなわた#17】

(これまでの話はこちら)

おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことからお互い「犬が好き」なことに気づく。 女性と2人で出かけたことすらなかったピュアな高坂くんと、私の関係は、少しずつ変化し……。

 

ひさしぶりの会話

 

高坂くんは、ドッグカフェの店内にいる私に気づいたみたいで、カチリと目が合った。

けれどそれは一瞬だけで、すぐに視線を足元に移し、彼を慕って囲んでいるプードルやチワワの足を拭いてあげている。

 

私は静かに彼のところに近づいた。

「お散歩、させてたの?」

「そう。ボランティアになったんです」

そういえば以前、カフェの人が、犬が20匹以上もいるのでお散歩が大変なので、散歩ボランティアを募集しているんです、と言っていた。

高坂くんは本格的にここを手伝う気になったらしかった。

 

「毎日お散歩させてるの?」

「いや、土日だけ」

彼は、言葉すくなだけど、私に返事をしてくれる。

それが嬉しかった。

最近は、LINEを送っても、返事すら来なかったから、嫌われたと思っていたから。

 

高坂くんは散歩から帰った犬をカフェに引き渡すと、別の5匹の散歩の準備に取り掛かっている。リードをつけられた犬たちは、散歩だとわかるのだろう、嬉しそうにそわそわしている。

「私も一緒に行ってもいい?」

思い切って声をかけると、彼はじっと私の顔を見た。

 

並んで歩くこと

 

私と高坂くんは、公園までの道を、並んで歩いた。

犬の散歩についていっていいかと聞いた私に彼は、

「別にいいですけど、ただ散歩するだけですよ」

と、素っ気なかったけれど、私はついていった。

 

今までも、こうして彼と、何度も並んで歩いていた。

その時は、犬のことばかり話していた気がする。

でも、今は、2人の間に流れるのは、沈黙だった。

 

彼は、一緒に歩いている小さな犬たちを気づかって、ずっと彼らに注意を向けているし、うまく話しかけるタイミングがつかめないから、私もただ、黙って一緒に歩いた。

でも、ただそばにいるだけで、嬉しい。

いつのまに、私の中で高坂くんは、こんなに大事な存在になっていたのだろう。

 

それなのに。

私は彼に「僕たち、付き合ってみますか?」と聞かれた時、やんわり断ってしまった。

「お互いに恋愛感情がなくちゃ」なんて、偉そうなことを言って、断ってしまったのに。

でも、今、私のほうが彼を追いかけている。

 

たいせつということ

 

犬たちを公園で遊ばせた後、私たちは、言葉を交わさないまま、カフェまでの道を歩いた。

「……最近、LINEしても、返事くれないね」

「はい」

高坂くんは短くそう答える。

 

「返事くれないと、なんだか心配になるし、寂しいよ」

素直な気持ちがぽろっと口から出る。

「連絡がないと、何を考えてるのかなって、気になっちゃうの」

「そうなんですね」

彼は、冷たい態度を崩さない。

 

でも、カフェが見えてきたところで、高坂くんはこう言った。

「僕に会いにドッグカフェに来たんですか?」

「そういうわけじゃないけど、でも会えたら嬉しいなと思ってた」

「ふうん」

彼は観察するように私の顔をじろじろと見る。

 

「前に、離れていても、何しているのか気になったり、すぐにまた会いたくなったりするのが恋愛感情だって言ってましたよね。もしかして、僕のことを好きなんじゃないですか?」

 

(これまでの話はこちら)

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

読むだけでキュン! 年下男子に言われた「胸キュン」エピソード8選

胸がキュンキュンするエピソードを聞くと、それだけで気持ちが上がったり、恋がしたくなる気持ちが強くなったりしますよね。つまり胸キュンには、女性をキレイにする力が備…

たとえ浮気でも!? 40代が恋愛すべき8つの理由

年末年始、女友達との集まりも多かったことでしょう。そのときの話題は、たいてい健康問題か子供が中心になるのがアラフォー世代。既婚・未婚に関わらず、ときめきから程遠…

年下男子が「次も誘いたい!」と思う40代独女のデートでの振る舞い3つ!

年下男子とのデートは、いくつになってもドキドキしますよね。ふたりの距離を縮める大事なデート、実は年下男子の方も上手く素が出せなかったりして、見えないところで緊張…

【40代編集長の婚活記#24】年下にモテる秘訣は「アレがない」こと

恋人いない歴7年、44歳のアラフォー独女であるOTONA SALONE編集長・アサミがリアル婚活模様をお届けしている【アラフォー編集長の婚活記】。2回目の婚活パーティで出会った…

大人の女性必見! 彼・夫以外の男性との胸キュンエピソード6選

前回、【読むだけでキュン! 年下男子に言われた「胸キュン」エピソード8選】でもお伝えしましたが、気分が上がる胸キュン話には、女性をキレイにする力が備わっていると…

【40代編集長の婚活記#27】男の本音はアリorナシ? 「10歳年上」女性との恋愛

婚活パーティで出会ったアラサー男子・メンノンさん(31歳)とデート中の44歳のアラフォー独女・OTONA SALONE編集長・アサミ。食事をしながらデートを愉しんでいる途中、「…

【40代編集長の婚活記#26】アラサー男子のOKはいくつ年上まで?

非モテかつ非恋愛体質、44歳にしてノーバツ・独女であるOTONA SALONE編集長・アサミが、重い腰をやっとこさあげて婚活をスタート。その模様をお届けしている【アラフォー編…

【40代編集長の婚活記#25】結婚できない 独女のダメ生態とは 

ぼっち街道まっしぐらの44歳アラフォー独女、OTONA SALONE編集長・アサミによる【アラフォー編集長の婚活記】。2回目の婚活パーティで出会ったアラサーのオシャレ男子・メ…

【40代編集長の婚活記#23】40女がアラサー男子とつきあうメリット

44歳の独女・OTONA SALONE編集長・アサミが、人生2回目の婚活パーティに参加し、連絡先を交換した男性は4人。しかし、そのうち連絡が続いたのはたった一人だけ……。30代前半…

あぁ、ホッとする……。「癒やし上手」な40代女性が持つたったひとつの決め手とは

会社では常に「全力」を求められるアラサー男子。緊張感のある毎日の中で、「この人といると落ち着く」と思うアラフォー女性には、「癒やし上手」という顔がありました。あ…

社内恋愛の年下カレが「してみたかったこと」小説・あなわた♯20

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40代の社内恋愛。年下カレのお願いごととは…あなわた♯19

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

男性に愛されるなんて久しぶりすぎて【年下小説・あなわた#18】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40歳になっても私は恋愛に不器用なままで【年下小説・あなわた#16】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

もう会えないの?年下小説あなたのはじめては、わたしのひさしぶり♯15

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

10歳年下の彼の既読スルー。どうすれば…【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり14】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

その男、誰?年下の彼に昔の男の名前を聞かれ【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり13】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40代、恋愛なんて何年ぶり…?年下の彼は【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり12】

(この小説の一気読みはこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。ところが、ひょんなこ…

「あれ、2人で同棲してるの?」カレが否定しないとき【あなわた#11】

【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり  vol.11】これまでの話長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性…

何年ぶりかに男性と手をつないだ私は…【小説・あなわた#10】

【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり  vol.10】長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事