男性に愛されるなんて久しぶりすぎて【年下小説・あなわた#18】

(これまでの話はこちら)

おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことからお互い「犬が好き」なことに気づく。 女性と2人で出かけたことすらなかったピュアな高坂くんと、私の関係は、少しずつ変化し……。

 

 

おためし期間

 

結局、その日から、私は高坂くんと付き合うということになった。

彼の勢いに押し切られて、そういうことになってしまった。

 

確かに私は、彼が少しそっけなくなってから、彼のことが気になってしかたがなかったし、とてもさみしかった。

それを、高坂くんに「僕のことを好きなんじゃないんですか?」と聞かれたら、そうなのかもしれない、と答えるしかない。

 

「僕も、好きなのかもしれない」

高坂くんはそう言った。

私が他の男の人と話していると、気になるんだという。

そんなことを職場で彼が考えていたなんて知らなくて、体が熱くなる。

男の人に、気にされるなんて、本当に、ひさしぶりのことだったから。

高坂くんは、こう言った。

 

「お互い、まだはっきりとはしてないけれど、かなり恋愛感情に近いものを持ってますよね。だったら、それを確かめるためにも、おためしで何日か付き合ってみませんか?」

 

 

ふたりきりのランチ

 

月曜日には、社員食堂で高坂くんとふたりでランチを食べた。

これは偶然だった。

私が電話対応をしていて少し遅めのランチになったので、一人で食べていたら、正面に高坂くんが座って、まるでふたりきりで食べているかのような状態になってしまって気恥ずかしかった。s

 

目の前で本日のパスタを食べている高坂くんは、おためし期間の彼氏だという。

ひとまわりも年下の男の子と付き合うだなんて、どんな風に接したらいいのか見当もつかない。

それを言ったら高坂くんは笑った。

「僕なんて、誰とも付き合ったことがないから、何もかもどうしたらいいのかわかんないですよ」

 

「どうして私と付き合いたいって思ったの?」

「うーん」

彼は困ったような顔をしながら、正直に打ち明けてきた。

「この人だったら、付き合ってくれそうって、思ったからかな」

 

優しくしてくれるし、何かと一緒にいるし、自分のことを好いてくれていると感じたのだという。

彼の話を聞いてると、私のほうが彼に近づいたんだな、とはっきりわかる。

もしかしたら恋の始まりなんて、こんなものなのかもしれない。

気になって話しかけたり、近づいたり。

そんなことから始まていくのかもしれない。

 

一緒に帰ること

 

偶然のふたりきりのランチの後は、時間は静かに過ぎていった。

けれど、振り返れば、おためしの彼がいるという環境なので、何だかそわそわしてしまう。

高坂くんはこんな気持ちにはなっていないらしく、テキパキと仕事をこなしている

 

「今日は高坂くんは元気だね」

と誰かが声をかけているのが聞こえる。

「そうですね、ちょっといいことがありましたんで!」

彼が明るい声でそう答えている。

 

彼の元気の素は、もしかしたら私なんだろうか。

そう考えると、不思議な温かさが心の中に満ちていく。

長いことひとりでいたから、この感覚には、しばらく慣れそうもないけれど、くすぐったいような嬉しさが、こみあげてくる。

 

そして午後5時になり、終業のチャイムが鳴った途端、高坂くんは私のデスクの脇に立った。

「一緒に帰りませんか?」

 

(これまでの話はこちら)

スポンサーリンク

年下男子が「次も誘いたい!」と思う40代独女のデートでの振る舞い3つ!

年下男子とのデートは、いくつになってもドキドキしますよね。ふたりの距離を縮める大事なデート、実は年下男子の方も上手く素が出せなかったりして、見えないところで緊張…

あなたは甘え上手?甘えさせ上手?「年下にモテる星座」ランキング

あなたの周りに年下キラー、1人はいますよね。若い恋人や友人を引き寄せる能力、素直に羨ましいものです。でも本当はあなたにもその素質がある!かもしれませんよ。今回は…

「うわっ、無理!」年下男子にスルーされてしまうLINEのNGワード3つ

今や多くの世代で重要なコミュニケーションツールとなっている「LINE」ですが、気軽にメッセージが送れる分、相手にとってはNGな言葉を使ってしまうこともあります。特に年…

「別れなければ良かった…」アラサー男子が忘れられない40代独女の特徴3つ

アラサー男子が「別れるんじゃなかった!」と後悔するような40代独女。それは、決して外見の良さだけが際立つのではなく、やはり内面の「美しさ」「頼もしさ」「しっかりし…

【新・連載小説】あなたのはじめては、わたしのひさしぶり

第1話あきらめのころ高坂くんに初めて会ったのは、4月1日だった。あの頃の私は、恋愛をあきらめていた。どうせ今年も何も起こりはしない、誰にも出会うこともない。きっと…

40代ならでは!相手のハートの落としかたのコツ3つ

40代の未婚女性は、恋愛に遠慮がちです。「男の人はもっと若い女性のほうがいいでしょう?」などと決めつけ「もう私は一生結婚できないかもしれない……」と嘆くかたが、少な…

恋愛をあきらめていた私に、一回り年下の後輩男子は【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり3】

(この小説の一気読みはこちら)ひとりでいたい翌朝、私は高坂君を、通勤電車の中で見つけた。飲み会で、全然自分のことを話さなかったから、彼が私と同じ路線に住んでいる…

年下男子にズバリ言われた言葉に【あなたのはじめては、わたしのひさしぶり vol.4】

長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子。でも…(この…

デートなんて何年ぶり?年下男子と2人きりで歩く私に彼は【年下小説・あなわた#7】

【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり  vol.7】長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんで…

40代の社内恋愛。年下カレのお願いごととは…あなわた♯19

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男…

社内恋愛の年下カレが「してみたかったこと」小説・あなわた♯20

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40代の社内恋愛。年下カレのお願いごととは…あなわた♯19

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

そっけない年下男子の態度に揺れる気持ち【年下小説・あなわた#17】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40歳になっても私は恋愛に不器用なままで【年下小説・あなわた#16】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

もう会えないの?年下小説あなたのはじめては、わたしのひさしぶり♯15

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

10歳年下の彼の既読スルー。どうすれば…【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり14】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

その男、誰?年下の彼に昔の男の名前を聞かれ【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり13】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40代、恋愛なんて何年ぶり…?年下の彼は【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり12】

(この小説の一気読みはこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。ところが、ひょんなこ…

「あれ、2人で同棲してるの?」カレが否定しないとき【あなわた#11】

【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり  vol.11】これまでの話長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性…

何年ぶりかに男性と手をつないだ私は…【小説・あなわた#10】

【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり  vol.10】長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事