知能IQやEQ以外の「頭のよさ」の指標、PQって知ってる?

一般的に「頭が良い」とはどういうことでしょうか?何の基準をもって、判断されているのでしょうか?以前はIQ(Intelligence Quotient)が高い=頭が良い人と思われていました。IQとは知能指数のことで、従来型のIQは、生活年齢と精神年齢の比を基準としていて、知能テストで測定されていましたが、現在ではIQとは違う視点の「人間性」という価値観が注目されてきました。

 

■まず、IQ(知能指数)とは

 

IQとは、基本的に人間の資質を表すものではなく、特定の訓練や、その時の体調によっても結果が左右されます。20世紀初頭にフランスの心理学者アルフレッド・ビネーが考案し、その後改良を加えられました。

 

IQは、生活年齢÷精神年齢×100

という数式で表されます。

具体的には、いろいろな問題を制限時間内に解いていき、生活年齢と精神(知能)年齢の比を測定します。

たとえば10歳の子供が15歳の子供が解ける問題のほとんどに正解すれば、IQは150になります。

最近は知能の遅れを判断するために、活用されることが多く、IQは原則として開示されません。

 

■EQとは

 

現在は、IQとは別のアプローチで「人間性」という価値観が重視されつつあります。情動に関する能力も人間の知性の一部と考えられるようになったからです。そこで登場したのがEQ(Emotional Intelligence Quotient)=情動指数です。

 

EQは、1980年代にアメリカの心理学者、ピーター・サロベイとジョン・メイヤーらが提唱しました。それから1995年に同じくアメリカの心理学者ダニエル・ゴールドマンが著した「EQ こころの知能指数」という本で世界中に普及しました。

 

■EQを構成する5要素

 

EQは主に5つの能力から構成されます。

 

・自己認知力=自分の本当の気持ちを大切にし、自分が納得できる決断を下せる能力。

 

・自己統制力=衝動を抑え、ストレスの元となる感情を抑えることができる能力。

 

・動機づけ=目標に向かって前向きに考え、努力を続けることができる能力。

 

・共感能力=他人の気持ちを敏感に感じ取り、共感する能力。

 

・社会的スキル=集団の中で他人と協調、協力できる能力。

 

■人間性を発揮するには

 

たとえ高いIQ(知能指数)を備えていても、その能力を使う能力であるEQ(情動指数)が備わっていなければ意味がありません。自転車の両輪のように2つが作用し合って、「人間性」を発揮できるといえます。

自分の感情を知り、現実的な自己を形成して、それを行動の指針とする能力(心的知性)と、周囲の人の気持ちを感じ取って適切に行動する能力(対人知性)を合わせた、人格的知性が重要視されています。

 

■さらにPQとは

 

知性の中心に位置するのが、自我と深く関わる前頭葉にある前頭連合野(Prefrontal cortex)です。社会的知性と感情的知性を持ち合わせたEQの能力は、自我と深く関係しています。そのことから、EQと自我を総合した能力をPQ(前頭知性)と言います。

PQは自己の感情を適切にコントロールして、社会生活や人間関係を上手に営み、前向きに、幸福に生きていくための知性といえます。

PQ(前頭知性)こそが、人間性の中心にあるべきという考え方もあり、幼少期にPQをしっかりと教育することこそ大切だといわれています。

 

ちなみに前頭連合野は脳のコントロールセンターとしての役割りがあり、自己をコントロールするとともに、相手の心を読む能力を司っているといわれます。

 

■知性、情動のバランス

 

このように、知性、人間性の総合力がバランスよく備わることで、人は社会生活を幸福に営んでいくことができるといえます。

仕事、家庭、人間関係など、様々な場面で、この能力を発揮して、生活のQOLを上げていきたいものです。またそれが、人生を生きていく上での、これからの「頭の良さ」といえるのです。

 

 

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

無理にでも笑顔を作って!幸運が向こうからやってくる

最近、笑っていますか?忙しいから、達成されない課題があるから、ストレスが多いから、辛いことがあったから……暗い表情で、眉間にシワを寄せて生活していませんか?その昔、天の岩戸の前でアメノウズメが身をくねら…

人前でひどく緊張する?それって対人恐怖症かも

あなたは、人前に出る時や、会議などの集まりの時、とても緊張したりしませんか?ある程度の緊張は普通なことなのですが、「もう、どうしていいかわからない!」というぐらい動揺したり、かなりの不安を感じていると…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソナルスペースと言います。人間が持っている…

10の質問であなたの「幸福度」がわかる…知っておきたい自尊心のこと

人によって、人生に前向きな人と後ろ向きな人がいますよね。その違いは一体なぜ生まれるのでしょう?それは、ずばり自尊感情(自尊心)の程度によります。自尊感情が高いか低いかで人生の視点は大きく変わってくると…

もし、うつかな?と思ったら…憂うつ、不安、倦怠感、無気力、イライラ

人は人生のあらゆる場面で、大きな環境の変化を体験します。進学のために転居したり、社会人として会社に就職して働くようになることもそうですし、異動や転勤、結婚、出産などもそうです。こうした環境の変化からく…

出世も未婚も原因に?人生でもっとも大変な「40-50代の危機」を乗り越える

人生の中で、公私共にとても忙しく、もっともストレスが多いとされる中年期。仕事や家族などのさまざまな問題を抱え、精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすくなる時期です。その中年期の社会生活をどのように乗り…

1分で人づきあい技術がアップする「アサーション」3ポイント

社会で生きていく中で、人間関係を円滑にするソーシャル・スキルを身につけることは、とても大切なことです。より良い人間関係とコミュニケーションを得るために、ぜひ身につけたい技能です。その中で、今回はもっと…

ライクからラブへ、彼を変えるたった1つのテクニック

恋愛において、友達以上恋人未満の曖昧な関係から一歩踏み出したい時ってありますよね。そんな時に有効なのは、相手と時間を共有して特別な体験をする「アハ体験」です。この心理的技法を使って相手との距離を縮める…

「人生が思うように進まない」焦りを好転させる3つのコツ

焦りという感情は人それぞれです。そして、焦りは人生のいろいろな場面で現れてきます。未来への不安だったり、仕事上の問題だったり、人間関係の問題だったり、これからの人生設計についてだったり。もし今あなたが…

あえて「空気を読まない」。もっとのびのび生きるためのコツ

世に言うKY、つまり空気を読まないで行動することは、果たしてそんなに悪いことでしょうか?ちょっと窮屈に生きているあなた、今までの思い込みや常識を捨てて、むしろ空気を読むことを止めれば、人生が面白く回り出…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事