エスムラルダのイケメン調べ 第2回 仲村トオル

現在、ドラマ『家売るオンナ』(日本テレビ系、水曜22時)に出演中の仲村トオルさま。「コンプライアンスに縛られ働く現代のサラリーマンの象徴。万智(北川景子演じるヒロイン)に手を焼く哀愁課長」(公式サイトより)を演じているんだけど、これがもう、哀愁どころか、かっこいいやらかわいいやらで大変なの!

20代にもひけをとらないキュートなトオルさま!

ドラマでは、工藤阿須加くんや千葉雄大くんと共演されているトオルさま。御年50にして、20代の彼らと並んでもまったくひけをとらないキュートさとスタイルの良さは、はっきり言って異常!(←褒め言葉)

だいたいそのあたりの年代になると、男性の俳優さんって、「風格」みたいなものを出したがるので、若手俳優との間に、どうしても「師匠と弟子」「大先輩と後輩」みたいな雰囲気が漂いがちなんだけど、トオルさまにはあまりそういった気負いがなく、とても自然。

「家売るオンナ」では今後、ヒロインをめぐって、工藤くんと三角関係になっていきそうなんだけど、親子ほどの年齢差があるにもかかわらず、「対等な恋のライバル」感が出せるのは、すごいことだと思うわ。

 

目尻のしわが、いい具合なの♡

そんなトオルさまの最大の魅力は、なんといっても目尻のしわ。実は、アタシが「あれ……? 仲村トオルって、こんなにかっこよかったっけ……?」と思うようになったのは、トオルさまのしわが目立つようになってからなの。

若いころのトオルさまはちょっと、顔立ち……というか、目つきがキツすぎる感じがしたんだけど、目尻のしわなどによって、いい具合に柔らかさ、かわいらしさがプラスされたような気がするのよね。

 

中身もイケメンなんですもの!

そしてトオルさま、外見だけじゃなくて、中身も超イケメン。魚は「もったいないから」骨まで食べるらしいし、バラエティ番組ではボソッと面白いことを言うし、とにかく家族を愛しているのが伝わってくるし。さらに5~6年ほど前、奥さまの鷲尾いさ子さんが難病になられてからは、家事や育児を全て担っていたとのこと。

……って、ああもう、知れば知るほど魅力的。アタシにもトオルさまのような男ができますように!(ババア、身の程知らずな夢見すぎ)

illustration:Tokyo Gecko Design

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク