俳優・和田正人インタビュー 地元・高知とその見どころを語る

NHKの朝ドラ「ごちそうさん」の源ちゃんこと泉源太役で注目を集め、現在放送中の大河ドラマ「おんな城主 直虎」にも出演中の俳優・和田正人さん。四国の高知県・土佐の出身で、高知県の観光特使も務めている郷土愛の持ち主でもある。その高知でいま盛り上がっているのが「志国高知・幕末維新博」。彼の地元である高知の魅力と幕末維新博について、たっぷりと語っていただいた。

 

歴史を通して高知に興味を持ってくれたら

「幕末について勉強すると、必ず高知が絡んできますよね。幕末を舞台にした作品に出演するときには歴史を調べることもありますが、オリジナルで創作された戯曲のときには史実よりも台本の世界観を大事にすることも多いので、僕もこの博覧会であらためて高知の偉人たちの歩みを辿れることを楽しみにしています。歴史を通して高知に興味を持ってくれている人にとっては、もちろんすごくいい機会になると思いますね」

 

新オープン「高知城歴史博物館」に注目

「映画やドラマなどでは幕末の英雄である坂本龍馬が中心になることが多いのですが、そのほかにもたくさん面白い人がいますよね。歴史に詳しくない人でも一度名前を聞いただけで絶対に気になるジョン万次郎とか(笑)。名前から入ってちょっと調べてみるだけでも、漁に出て難破してアメリカの船に助けられて……って、どんどん興味の幅が広がっていく。」

 

高知城歴史博物館の建物の外観

「僕自身は映画『関ヶ原』への出演をきっかけにこの時代について調べているうちに、長宗我部元親のことがすごく好きになりました。これだけの名だたる武将や偉人が都会から遠く離れた高知から生まれていることを、今を生きる者として誇りに思います。高知城歴史博物館はまだ行けていないので、今から楽しみですし、行ったことのある坂本龍馬記念館はリニューアルオープンとのことなので、ぜひ足を運びたいですね」

広々とした高知城歴史博物館のエントランス

高知城歴史博物館の3F展望ロビーからみる高知城の眺め

高知城歴史博物館の1Fにある和室。お茶会や文化体験、季節の催しなどが行われる

高知と幕末維新博の見どころは

「幕末維新博の見どころは県内全域に広がっているので高知市がある中部エリアだけではなく、東部エリア、西部エリアも自然や食べ物と一緒に歴史を楽しんでもらいたいです。中部エリアでは、龍馬で有名な桂浜ではウミガメの産卵が見られることもあるみたいですよ。

東部にある「安芸・室戸エリア」のおすすめは?

安芸市にある岩崎弥太郎生家

「東部エリアのおすすめは、地鶏の土佐ジロー。土佐地鶏とアメリカ原産のロードアイランドレッドをかけあわせた地鶏で、とても旨みが強いんです。すきやき、親子丼、お刺身、卵かけごはん、どれもものすごくおいしい! 土佐ジローがいただける宿泊施設つきの農家が安芸にあるので、ここでは中岡慎太郎館や岡御殿、岩崎弥太郎生家を訪ねてみてはどうでしょうか。」

 

西部にある「四万十・足摺エリア」はいかがでしょうか?

「西部エリアは高知市から2時間半くらいですかね。四万十川などの人気スポットもありますが、最近弟に教えてもらった柏島という橋でつながった隠れスポットもあって。」

 

柏島の全景

(和田さんの携帯電話のなかに入っている写真を見せてくれながら)

透明度の高い海。本当に船が浮いているよう!

「海があまりにも透明度が高いから、船が宙に浮いて見えるんですよ! イタリアのランペドゥーザ島に行かなくても、高知でこの景色が見られます。ダイビングやスタンドアップパドルサーフィンも楽しめるので、これからもっと注目を集めるエリアになると思います。西部エリアの幕末にちなんだ場所としては、ジョン万次郎記念館がおすすめですね。土佐清水には清水サバというカツオをしのぐほどおいしいサバもありますし、B級グルメの鍋焼きラーメン、高級料亭やこだわりのラーメン屋さんでも使われている土佐佐賀のお塩も有名なので、ぜひ味わってみてください」

柏島のテーブルサンゴ。澄んだ海の証

Photo:山田大輔 Text:細谷美香

 

「志国高知幕末維新博」
第一幕 開催中 第二幕 18年4月1日~

今年は江戸幕府が政権を朝廷に返上した「大政奉還」から150年、2018年は「明治維新」から150年の節目の年。幕末から明治維新にかけて多くの偉人を輩出した高知県では、彼らを育んだ時代につながる土佐の風土・文化・食・自然などを知ることができる「志国高知 幕末維新博」を2年にわたり開催する。坂本龍馬の書状をはじめとする幕末・維新関連資料、などを収蔵する「高知県立高知城歴史博物館」がオープン。18年春には、全国の龍馬ファンの聖地ともいわれる高知市桂浜の「高知県立坂本龍馬記念館」の新館がオープン。歴史に触れながら、高知の多彩な魅力に触れることができる。

http://bakumatsu-ishinhaku.com/

 

 

PROFILE

1979年、高知県生まれ。主な出演作に、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」「スペシャリスト」「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」「マッサージ探偵ジョー」、映画「起終点駅 ターミナル」「14の夜」、 舞台「小林一茶」(主演)「世界」 など。現在放送中の大河ドラマ「おんな城主 直虎」に出演中のほか、2017年6月3日には映画「花戦さ」、 8月26日には映画「関ヶ原」が公開予定。

スポンサーリンク

おひとりさま旅歓迎!金曜夜から1泊できる箱根・熱海・軽井沢の温泉

温泉に行きたい。一人で静かに湯船につかってぼーっとしたい。いま、オフィスからそのまま行きたい。でも、温泉旅館は夕飯の時間に間に合わない……。と思っていたら、実は「…

イケメン好きは要チェック! 演歌界の貴公子・山内惠介の魅力とは

イケメンはオトナ女性にとってひとつの癒やし。きっと“マイ癒やしイケメ”ンがいらっしゃるかたも多いことでしょう。そして今、注目していただきたいイケメンがいます。演歌…

いま伊豆旅ブーム中。週末は熱海の絶景旅館でおこもりを

絶景やご当地グルメ、温泉など旅の楽しみは様々ですが、やはり宿選びは大きな決め手。ひとりでもカップルでも納得できる“ほんとうに泊まりたい宿”をご案内します。第6回は…

文化系名古屋男子が控えめにオススメする、名古屋観光スポット6

突然ですが、年内に名古屋に立ち寄る予定はありますか? 名古屋発・国内最大規模の読書会「猫町倶楽部」の山本尚史さん(36才・独身・猫好き)に、文化系名古屋男子オスス…

世界が注目する日本の観光ルート「昇龍道」知ってる?中でもおすすめ観光スポットは…

オトナサローネ編集長・アサミがいま注目している地域といえば、「昇龍道」。中部から北陸にかけての、あたかも龍のような超開運観光ルートです。歴史的建造物や伝統文化、…

雲海を見下ろす露天風呂。新潟・妙高で時間を忘れる「赤倉観光ホテル」

絶景やご当地グルメ、温泉など旅の楽しみは様々ですが、やはり宿選びは大きな決め手。ひとりでもカップルでも納得できる“ほんとうに泊まりたい宿”をご案内します。第5回は…

おひとりさまの京都旅に。こじんまり高級なのにリーズナブル「ヴィラ三条室町・京都」

絶景やご当地グルメ、温泉など旅の楽しみは様々ですが、やはり宿選びは大きな決め手。ここに行けば間違いない!という“ほんとうに泊まりたい宿”をご案内します。第8回は京…

夏、京都。大人目線の見どころ、教えます。

京都ってやっぱり魅力的な街ですよね。外国人がこぞって訪れるの、わかります! じつは、先日、ふと、「そうだ、夏の京都に行こう!」と思い立ち、新幹線に乗ってしまいま…

諏訪湖と一体!インフィニティ温泉がすごい!「萃sui-諏訪湖」長野県・上諏訪温泉

絶景やご当地グルメ、温泉など旅の楽しみは様々ですが、やはり宿選びは大きな決め手。ひとりでもカップルでも納得できる“ほんとうに泊まりたい宿”をご案内します。第3回は…

スナイパー小林が選ぶ、2018年春ドラマベスト3!第一位は果たして…?

2018年も半分が過ぎました。ああ寒い、花粉症? あら、五月病??なんてうっかりしていたらすでに春ドラマも終了へ。今クール、ネットでよく話題になったドラマといえば『…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

この先どう生きる? 【40代の転職と独立】を考えて、日本化粧品検定を受けてみた

人生の折り返しとも言われる40代。この先もこのままでいいのかと、自らに問いかける人も少なくないと思います。「四十にして惑わず」という言葉があるけれど、まだ惑いがあることは否めないOTONA SALONE編集長・浅見…

シンガポールの夜「出会いの予感」がする⁉ おすすめバー3選

シンガポールはNIGHTライフを楽しまナイト!というダジャレはさておき。オトナ女性のみなさま、旅先こそ夜はバーへ繰り出しましょう。旅の恥はかき捨て? おひとりさまバーも、意外と海外のほうがトライしやすいの…

#164 飲み会で出会った48歳バツイチ男性。40代独女、どうする?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートさせてから、はや3年。OTONA SALONE編集長・アサミ、婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェントルさんという恋人ができたけれど…

写真映え抜群! シンガポールの「最新フォトスポット」4選 2019

新しい観光スポットが続々誕生しているシンガポール。絶景スポットはつねに進化しています。自然と人工、水や光を駆使した、最新&未来的で写真に撮りたくなるシンガポールの絶景スポット4選をご紹介します!【シン…

台湾ティー専門店「カムバイティー」が表参道にオープン。オーダー法、人気TOP3も発表!

台湾発のティーブランド「COMEBUYTEA(カムバイティー) 表参道店」が2019年9月21日にオープン。COMEBUYTEAは“ワンランク上”の台湾ティーブランドとして2016年に誕生し、世界6カ国と地域で13店舗を出店しています。…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事