俳優・和田正人インタビュー 地元・高知とその見どころを語る

NHKの朝ドラ「ごちそうさん」の源ちゃんこと泉源太役で注目を集め、現在放送中の大河ドラマ「おんな城主 直虎」にも出演中の俳優・和田正人さん。四国の高知県・土佐の出身で、高知県の観光特使も務めている郷土愛の持ち主でもある。その高知でいま盛り上がっているのが「志国高知・幕末維新博」。彼の地元である高知の魅力と幕末維新博について、たっぷりと語っていただいた。

 

歴史を通して高知に興味を持ってくれたら

「幕末について勉強すると、必ず高知が絡んできますよね。幕末を舞台にした作品に出演するときには歴史を調べることもありますが、オリジナルで創作された戯曲のときには史実よりも台本の世界観を大事にすることも多いので、僕もこの博覧会であらためて高知の偉人たちの歩みを辿れることを楽しみにしています。歴史を通して高知に興味を持ってくれている人にとっては、もちろんすごくいい機会になると思いますね」

 

新オープン「高知城歴史博物館」に注目

「映画やドラマなどでは幕末の英雄である坂本龍馬が中心になることが多いのですが、そのほかにもたくさん面白い人がいますよね。歴史に詳しくない人でも一度名前を聞いただけで絶対に気になるジョン万次郎とか(笑)。名前から入ってちょっと調べてみるだけでも、漁に出て難破してアメリカの船に助けられて……って、どんどん興味の幅が広がっていく。」

 

高知城歴史博物館の建物の外観

「僕自身は映画『関ヶ原』への出演をきっかけにこの時代について調べているうちに、長宗我部元親のことがすごく好きになりました。これだけの名だたる武将や偉人が都会から遠く離れた高知から生まれていることを、今を生きる者として誇りに思います。高知城歴史博物館はまだ行けていないので、今から楽しみですし、行ったことのある坂本龍馬記念館はリニューアルオープンとのことなので、ぜひ足を運びたいですね」

広々とした高知城歴史博物館のエントランス

高知城歴史博物館の3F展望ロビーからみる高知城の眺め

高知城歴史博物館の1Fにある和室。お茶会や文化体験、季節の催しなどが行われる

高知と幕末維新博の見どころは

「幕末維新博の見どころは県内全域に広がっているので高知市がある中部エリアだけではなく、東部エリア、西部エリアも自然や食べ物と一緒に歴史を楽しんでもらいたいです。中部エリアでは、龍馬で有名な桂浜ではウミガメの産卵が見られることもあるみたいですよ。

東部にある「安芸・室戸エリア」のおすすめは?

安芸市にある岩崎弥太郎生家

「東部エリアのおすすめは、地鶏の土佐ジロー。土佐地鶏とアメリカ原産のロードアイランドレッドをかけあわせた地鶏で、とても旨みが強いんです。すきやき、親子丼、お刺身、卵かけごはん、どれもものすごくおいしい! 土佐ジローがいただける宿泊施設つきの農家が安芸にあるので、ここでは中岡慎太郎館や岡御殿、岩崎弥太郎生家を訪ねてみてはどうでしょうか。」

 

西部にある「四万十・足摺エリア」はいかがでしょうか?

「西部エリアは高知市から2時間半くらいですかね。四万十川などの人気スポットもありますが、最近弟に教えてもらった柏島という橋でつながった隠れスポットもあって。」

 

柏島の全景

(和田さんの携帯電話のなかに入っている写真を見せてくれながら)

透明度の高い海。本当に船が浮いているよう!

「海があまりにも透明度が高いから、船が宙に浮いて見えるんですよ! イタリアのランペドゥーザ島に行かなくても、高知でこの景色が見られます。ダイビングやスタンドアップパドルサーフィンも楽しめるので、これからもっと注目を集めるエリアになると思います。西部エリアの幕末にちなんだ場所としては、ジョン万次郎記念館がおすすめですね。土佐清水には清水サバというカツオをしのぐほどおいしいサバもありますし、B級グルメの鍋焼きラーメン、高級料亭やこだわりのラーメン屋さんでも使われている土佐佐賀のお塩も有名なので、ぜひ味わってみてください」

柏島のテーブルサンゴ。澄んだ海の証

Photo:山田大輔 Text:細谷美香

 

「志国高知幕末維新博」
第一幕 開催中 第二幕 18年4月1日~

今年は江戸幕府が政権を朝廷に返上した「大政奉還」から150年、2018年は「明治維新」から150年の節目の年。幕末から明治維新にかけて多くの偉人を輩出した高知県では、彼らを育んだ時代につながる土佐の風土・文化・食・自然などを知ることができる「志国高知 幕末維新博」を2年にわたり開催する。坂本龍馬の書状をはじめとする幕末・維新関連資料、などを収蔵する「高知県立高知城歴史博物館」がオープン。18年春には、全国の龍馬ファンの聖地ともいわれる高知市桂浜の「高知県立坂本龍馬記念館」の新館がオープン。歴史に触れながら、高知の多彩な魅力に触れることができる。

http://bakumatsu-ishinhaku.com/

 

 

PROFILE

1979年、高知県生まれ。主な出演作に、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」「スペシャリスト」「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」「マッサージ探偵ジョー」、映画「起終点駅 ターミナル」「14の夜」、 舞台「小林一茶」(主演)「世界」 など。現在放送中の大河ドラマ「おんな城主 直虎」に出演中のほか、2017年6月3日には映画「花戦さ」、 8月26日には映画「関ヶ原」が公開予定。

スポンサーリンク

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

三田寛子、梨園妻の頂点に見る「ちょうどいい自慢ばなし」のさじ加減とは

私は芸能人に関するコラムを書いているので、テレビをよく見るのですが、最近のバラエティーの傾向のひとつに、「女優やモデルなど、きれいどころの病んでるアピール」があ…

おひとりさまOK! シンガポールで絶対食べたい「3大地元グルメ」

シンガポールに行ったら何を食べましょうか。オトナ女性の一人旅がふえている昨今、女性一人でも入りやすい「おひとりさまグルメ編」をお届けします。人気店だけれど予約せずにサクッと入れる、シンガポールの3大名…

#158 別れの危機、どうやって回避する? 47歳独女の場合【40代編集長の婚活記】

40代編集長の婚活記、連載スタートして3周年を迎えました! つまり、3年経っても40代の婚活は終わっていないというワケで……(苦笑)。婚活2年半で、やっとのことで恋人(ジェントルさん・49歳・バツイチ・別居中の…

#157 「ごめん」って? 距離を置いた恋人と再会してみると【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はシンプルにはいかない……。OTONA SALONE編集長アサミ、47歳。人生初の婚活をスタートさせて約3年。地道な婚活2年半で、やっとのことで恋人(ジェントルさん・49歳・バツイチ・別居中の子供あり)ができる…

40代から「やめてよかった」こと。心の疲れを減らす、時間の使い方

40代になってから変化したことが、私にはたくさんあります。30代の頃に比べて肌や髪も変化したし、ファッションも変わったし、仕事で異動もありました。その変化の中には新しく始めたこともありますが、やめたことも…

#156 別れ話?それとも? 20日ぶりの彼からの電話とは【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり、谷あり……。OTONA SALONE編集長アサミは現在47歳。人生初の婚活をスタートさせてまもなく3年になる。出会いを求め、さまざまな婚活に果敢にトライ。2年半の活動を経て、やっと一人の男性(ジェン…

#155  フラれる予感⁉ 「恋人の病気」が発覚して【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、いろいろな意味で紆余曲折がある。OTONA SALONE編集長アサミ・47歳、人生初の婚活をスタートさせて約3年。婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介なども経験し、知人のお誘いで行ったレセプションで出…

#154 なんで⁉ 彼から2週間「連絡がない」問題【40代編集長の婚活記】

「40代で婚活しても遅い」というコメントもいただいたけれど……。44歳から婚活を始めてまもなく3年、リアル婚活体験記のパイオニア・OTONA SALONE編集長アサミ・47歳。婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介などさま…

#153 まさか!40代恋愛に起こる「悲しい現実」【40代編集長の婚活記】

40代独女の婚活はうまくいくのか、いかないのか? リアル&ガチな婚活体験コラムを実名&顔出しで書いている「婚活記」のパイオニア・OTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介などさまざま…

#152 イヤな予感!連絡が来なくなった彼からの「告白」【40代編集長の婚活記】

独身のまま40代をむかえた独女が婚活したら、結婚できるのかできないのか──⁉ OTONA SALONE編集長アサミがリアルに婚活を始めてまもなく3年。婚活パーティや婚活アプリなどでたくさんの男性と出会い、デートしたり、…

#151 どうして?交際2カ月、40代独女がかかえた「不安」とは【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴の長いご無沙汰な40代独女が、婚活してみたら──⁉ OTONA SALONE編集長アサミがリアルに婚活を始めてまもなく3年。婚活パーティや婚活アプリをはじめとしたさまざまな婚活にいそしみ、何度もフラれ、断ら…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事