電子マネーをわざわざ現金でチャージしてる人。1年でこんなに大損!

「Suica」や「PASMO」といった交通系電子マネーを利用して切符なしで改札を通過できる便利な時代になってからずいぶんと年が経過しました。いまや当たり前に利用している電子マネー、「nanaco」もついにオートチャージができるようになりました。でも、現金チャージだとむしろ損になっているかもしれません。電子マネーは、クレカチャージを利用してポイント2重取り、損をしない習慣を!

 

電子マネーの普及率がすごい

 

 

2016年の電子マネーの発行枚数は、3億2,862万枚(日銀「決済動向」より)。1年間で1人約2枚以上は電子マネーを新規発行した計算となっています。これほどの発行ですから、1枚くらいは持っているのが当たり前になっている電子マネー、筆者は4枚所有しています。1件あたりの決済金額は991円と割と少額です。小銭をお財布から出し入れする手間が省けるというメリットもあるのでしょう。こんな電子マネーですが、チャージはどのようにしていますか?

実は電子マネーには現金だけでなく、クレジットカードによるチャージも可能になっています。クレジットカードそれぞれによって、異なりますが電子マネーにチャージすることによってもポイントやマイルが貯まるようになっていますよ。

 

現金チャージで4200円も損してた?

 

電子マネーのチャージ、支払う前にいちいちレジで必要な分だけチャージしている方の多いのでは。しかし、現金を出してチャージしていてはスマートではありませんよね。お財布から出すならば、現金で支払うのと手間があまり変わらず、電子マネーとしてのメリットのひとつである便利さをムダにしているといえましょう。しかも、お金の面で損をしていますよ。

 

例えば、さきほどの統計によると1件あたりの平均決済額は約1,000円。現金チャージならば、何も起こりませんが、クレジットカードによるチャージならばどうでしょう。オシャレな女性に人気の「ルミネカード」は、「Suica」に1,000円のチャージで5円相当、オートチャージで15円相当のポイントを貯めることができます。

 

「PASMO」派ならば、普段利用している東急や京急、小田急、京王など私鉄が発行するカードならば、チャージでポイントを貯めることができます。また、「京王パスポートPASMOカード」ならば、0.5%還元なので1,000円のチャージで5円相当のポイント、オートチャージを設定し1年間に1回でもオートチャージをすると年会費が無料となるサービスを実施しています。

このように、20日電子マネーを利用すると1カ月に約100円から300円のポイントを貯めることができるのです。

もちろん、「Suica」や「PASMO」など電子マネーを利用することによってポイントが加算されるプラスポイントなども同じようにつきます。このため、現金でチャージするかクレジットカードでチャージするかの単純比較が可能です。現金チャージの場合、1カ月あたり100円から300円の損、年間にして1,200円から4,200円の損ということになるのです。4,200円あれば、ちょっとしたご褒美ランチが楽しめる金額。1年間にこれを逃しているといえましょう。

 

電子マネーのチャージはオートチャージが便利

 

電子マネーへのチャージは、近年クレジットカードとリンクさせることによって、かなり簡単になっています。電子マネーの残高が一定金額を下回ると自動的に設定金額をチャージするようになっています。いくらの残高になったらいくらオートチャージするかについての詳しい金額も自分で設定することができます。何回オートチャージしても手数料が発生することはありません。レジや券売機で現金チャージする手間がなくスマート、残高がなくてレジ前で慌ててチャージするなどといったことも防止することが可能になります。しかも、クレジットカードによるチャージでポイントをためることができます。

また、クレジットカードによってチャージすれば、手持ちの現金がない場合にATMに行く必要もありません。お財布を忘れてしまったというピンチのときにもオートチャージされている電子マネーがあれば大丈夫。ランチやリフレッシュのためのドリンクが買えないといったことがなくなります。

 

お手持ちのクレジットカードでチャージやオートチャージが可能になっているものもあり、わざわざクレジットカードを作らなくても設定可能かもしれません。筆者の場合は、「JALカードTOKYU POINT ClubQ」を長年所有しているのですが、いつの間にか「PASMO」にオートチャージ可能になっていました。このクレジットカードには「PASMO」と一体になっているものではありませんが、設定申込することによって、オートチャージ可能になりました。

このように、お手持ちの中でオートチャージ設定ができるようになっているクレジットカードがあるかもしれません。「Suica」や「PASMO」などのいわゆる交通系の電子マネーの場合は、改札を通った際に設定残高を下回っているときにチャージされる仕組みです。もちろんオートチャージができるものであっても、クレジットカードそれぞれで還元率は異なりますし、中には電子マネーへのチャージはポイント対象外としているものもありますのでチェックしてみましょう。

クレジットカードによるオートチャージをうまく利用すれば、1年間でご褒美ランチ1回が楽しめてしまいます。ぜひクレジットカードによる電子マネーのチャージを活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

香典やお見舞いの金額。祖父祖母や嫁の親、叔父叔母の相場はいくら?

ある日突然訪れる不祝儀事や病気のお見舞い。これら冠婚葬祭にまつわるお金の相場は、おつき合いの程度、贈る側の社会的な立場、年齢、地域など、さまざまな条件によって違…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

面倒なのは最初だけ!ほったらかしでお金が貯まる方法、試しませんか?

2017年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の対象者がぐーんと拡大し、加入できるようになった方も増えました。また、2018年1月から、払い込みの月などを選べるようになったため、より利用しやすくなりまし…

そのレシート捨てないで!「お金に変わる領収書・レシート」はコレ

確定申告の季節が終わり、花粉症が猛威をふるっているこの時期……。ぜひしておいてもらいたいことがあります。それは、医療機関はもちろんのこと、市販薬に関しても、領収書やレシートを捨てないで保管しておくことな…

お財布の買い替えどきって?2018金運最強の「春財布」はこの日に!

いつも節約しているのに、お金が思っているより貯まらない。神頼みや縁起を担ぎたい。そんな方に向けて、春ならではの金運を引き寄せる方法をお伝えします。縁起はいいほどいい。「春財布」は最強!春にお財布を買っ…

確定申告、間合わなかった人もあきらめないで!まだお金は戻る

毎年、受付開始がニュースになるほどの確定申告。2017年度は終わってしまい、「すっかり忘れてた!」という方もいるかもしれません。でも、まだ間に合うかもしれません。「自分には関係ない?」あるかもしれません。…

今年こそ100万貯める!「利息のリターン以上」なお得おもしろ定期預金5選

お正月のドタバタも落ち着き、ボーナスで買わなければいけないものや、予定していた支出が無事に済んだころでしょうか? 今年こそは100万円貯めたい、でもただ貯めるだけじゃつまらない。「面白い定期預金で貯めた…

買わないで!新年の運気が下がる「ダメ福袋」3つの見抜き方とは

12月から1月2月と、セールや福袋の登場に心躍り、ついつい財布のヒモも緩みがちです。でも、待ってください。買うときはわくわくしても、結局着なかった、使わなかった、という場合もあるのです。そうなると、お得な…

東京メトロ利用者は通勤定期を買うと損、は本当?年間1200円の損って何?

あなたは通勤定期を購入していますか? もし答えがイエスの場合、「学生時代の学割定期の感覚でそのまま購入」していませんか?学割定期の場合、割引率が高いため、買わない選択肢はないのですが、通勤定期の場合、…

安物買いの銭失いって本当?ブランドバッグの費用対効果を考える

世の中に「安物買いの銭失い」という言葉があります。この言葉は、安いものを買っても、質がそれほどよくないためにすぐ買い換えなければならないことから、結局のトータルコストはかかってしまうため却って損になっ…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はどのくらい貯金をしているのでしょうか?気に…

最新統計に見る「女性の平均年収」の低さ。なんでこうなるの?

今年も国税庁から平均年収に関する統計が発表されました。今回はこの「平成28年分民間給与実態統計調査」をもとに、気になる「みんなの平均年収」を見ていきましょう。女性は毎年平均年収が低い結果になっていますが…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事