知ってた?電子マネーで電気代やクルマ税をお得に納付できるらしい!

税金を納めることは義務のひとつですが、少しでも節約になればうれしいですよね。そして人気急上昇の電子マネーを利用して納めたい!という方も多いのでは?今回は、税金や公共料金を納めるときのお得ワザをご紹介します。

税金の納付書は現金対応がほとんど

自動車税などの税金や水道・電気・ガスなどの公共料金の支払いについて、請求書が郵送されるようなものは、コンビニエンスストアや銀行などにおいて現金で納めることが想定されています。そのため、コンビニエンスストアで支払う場合でもクレジットカードを利用することはできません。

ちょっと前は、一部のコンビニエンスストアではクレジットカードによる支払いを認めていたり、特定のクレジットカードだけに支払いが認められていたりと、知っている人にはお得な裏ワザがありました。

しかし、近年は納付書による支払い、いわゆる収納代行においてクレジットカードなどで支払うことはできなくなっている傾向があります。

それでも、税金や公共料金は高額であることが多いため、現金の支払いはポイントなどを貯めたい人にとっては、何となく「これをクレジットカードなどで支払えたら数百ポイントついたのにな」などといった計算をしてため息をついてしまうことも。少しでもおトクに納付できればいいですよね。

税制改正バンザイ??

平成28年度税制改正によって、クレジットカードで支払える税金等が増えました。各地方公共団体も地方税などをクレジットカードで支払うことができる体制になってきています。しかもクレジットカード払いによって、そのカードのポイントなどもためることができます。自動車税が約5万円だとすると、1%ポイント還元のクレジットカードを利用すれば、500円の還元。ちょっとしたランチを食べることが可能になってしまいます。使わない手はありません。

でも、ちょっと注意が必要です。実はクレジットカードで納付する際に、手数料が必要になります。この手数料は1万円ごとに税込78円。還元率1%のカードならば、22円分のおトク。先ほどのランチの例ですと110円ですから、ちょっとしたジュース類でしょうか。それでも、現金で納付するよりもクレジットカードで支払った方が損をしません。

知っている人は活用している!セブンイレブン

 

それでは、電子マネーならばどうでしょうか。大手コンビニエンスストアであるセブンイレブンでお買い物をするときにおトクがいっぱいなのは、電子マネー「nanaco」。この「nanaco」はセブンイレブンで税金を支払うなら「nanaco」で支払いが可能になっているのが大きなポイントです。

基本的に現金で支払うための請求書ならば、セブンイレブンで「nanaco」支払いできます。

 

ただし、通常お買い物をするときに貯まる「nanacoポイント」はつきませんので、税金をnanacoで支払ってもポイントがつきません。

 

では、どうすれば損をしないのか、それは「nanacoチャージ」をセブンカードなどチャージにポイントが貯まるクレジットカードを使うことです。これで実質的なポイントバックが可能になっているのです。現在最もおトクとされているのが「セブンカード」で、nanacoにチャージすると200円に1nanacoポイントが貯まります。これは0.5%の還元率ですから、先ほどの自動車税の場合は250円です。しかも、オートチャージができるようになってきていますので、チャージも面倒ではなくなってきています。

 

これはあらゆる請求書払いに対応可能ですから、何でも0.5%還元になります。1度に処理支払える請求書の数やnanacoのチャージが5万円までしかできないのに注意してくださいね。

 

どうしても現金チャージ!という方は、「現金チャージをすると2,000nanacoポイントが当たる」などといったセブンイレブンやイトーヨーカドーで実施されているキャンペーンを狙ってチャージしておきましょう。

 

 

ミニストップでは「WAON」を使おう

 

ミニストップの場合は電子マネー「WAON」を利用して、税金などの支払いが可能です。こちらも「WAON」で支払った場合にはポイントが貯まりませんが、「WAON」チャージをするときにポイントが貯まるクレジットカードを利用すれば、チャージでポイント還元が可能になります。

 

また、「WAON」の場合、貯まっていた「WAONポイント」を簡単に「WAON」にチャージすることも可能ですから、ポイントが多く貯まっていた場合実質タダで支払えることになります。

 

こちらも現金派はキャンペーンを狙って少しでも損をしない工夫ができます。イオンなどがお近くにある方はチェックしてみましょう。

 

 

公共料金は口座振替がおトクの場合も

 

水道やガス、電気の場合、口座振替が一番おトクになっていることがあります。これは会社によって異なりますが、「口座振替の場合は毎月50円引き」などといった特典が用意されている場合です。この場合は通常支払う料金とクレジットカードなどで得られる還元率や電子マネーで得られるポイントと比較してみてはいかがでしょうか。

口座振替は一度手続きが完了すれば、口座に残高がありさえすればよいという便利さが魅力です。労力の節約にもなります。

どれが一番損をしないか、ちょっとした手間ですがずっと支払うものが多いですので、見直してみることをオススメします。

 

公共料金や税金の支払いに、電子マネーでおトクを得ることができます。例えば、1回は250円程度でも、税金は高額なものが多いため、同じ金額を10回では2,500円。ちょっとしたぜいたくランチが楽しめます。1つ1つは小さな金額でも積もれば大きな金額になります。ぜひ活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

面倒なのは最初だけ!ほったらかしでお金が貯まる方法、試しませんか?

2017年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の対象者がぐーんと拡大し、加入できるようになった方も増えました。また、2018年1月から、払い込みの月などを選べるようになったため、より利用しやすくなりまし…

そのレシート捨てないで!「お金に変わる領収書・レシート」はコレ

確定申告の季節が終わり、花粉症が猛威をふるっているこの時期……。ぜひしておいてもらいたいことがあります。それは、医療機関はもちろんのこと、市販薬に関しても、領収書やレシートを捨てないで保管しておくことな…

お財布の買い替えどきって?2018金運最強の「春財布」はこの日に!

いつも節約しているのに、お金が思っているより貯まらない。神頼みや縁起を担ぎたい。そんな方に向けて、春ならではの金運を引き寄せる方法をお伝えします。縁起はいいほどいい。「春財布」は最強!春にお財布を買っ…

確定申告、間合わなかった人もあきらめないで!まだお金は戻る

毎年、受付開始がニュースになるほどの確定申告。2017年度は終わってしまい、「すっかり忘れてた!」という方もいるかもしれません。でも、まだ間に合うかもしれません。「自分には関係ない?」あるかもしれません。…

今年こそ100万貯める!「利息のリターン以上」なお得おもしろ定期預金5選

お正月のドタバタも落ち着き、ボーナスで買わなければいけないものや、予定していた支出が無事に済んだころでしょうか? 今年こそは100万円貯めたい、でもただ貯めるだけじゃつまらない。「面白い定期預金で貯めた…

買わないで!新年の運気が下がる「ダメ福袋」3つの見抜き方とは

12月から1月2月と、セールや福袋の登場に心躍り、ついつい財布のヒモも緩みがちです。でも、待ってください。買うときはわくわくしても、結局着なかった、使わなかった、という場合もあるのです。そうなると、お得な…

東京メトロ利用者は通勤定期を買うと損、は本当?年間1200円の損って何?

あなたは通勤定期を購入していますか? もし答えがイエスの場合、「学生時代の学割定期の感覚でそのまま購入」していませんか?学割定期の場合、割引率が高いため、買わない選択肢はないのですが、通勤定期の場合、…

安物買いの銭失いって本当?ブランドバッグの費用対効果を考える

世の中に「安物買いの銭失い」という言葉があります。この言葉は、安いものを買っても、質がそれほどよくないためにすぐ買い換えなければならないことから、結局のトータルコストはかかってしまうため却って損になっ…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はどのくらい貯金をしているのでしょうか?気に…

最新統計に見る「女性の平均年収」の低さ。なんでこうなるの?

今年も国税庁から平均年収に関する統計が発表されました。今回はこの「平成28年分民間給与実態統計調査」をもとに、気になる「みんなの平均年収」を見ていきましょう。女性は毎年平均年収が低い結果になっていますが…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事