年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

年収400万円の人は高くなりがちな固定費にメスを!

民間給与実態統計調査によると、現在の会社員の平均年収は400万円程度とのこと。年収400万円というと、毎月の手取り収入が25万円程度。年収300万円に比べると毎月の手取りで5万円増えるイメージです。

手取りで5万円増えるとなると、少し家計に余裕がでるので、年収300万円の人に比べると家計費の中の「固定費」が高めになる傾向にあります。年収400万円の人がお金を貯めるには、固定費にメスを入れることが大切です。

固定費とは、毎月あるいは毎年、一定の金額かかる費用のことです。例えば、月々の家賃や住宅ローン、月謝など毎月支払う教育費、生命保険料、携帯電話代などが挙げられます。食費や服飾費などの無駄を減らすのももちろん大切ですが、まずやるべきは「固定費」の節約です。固定費は1度見直してしまえば、その後は何もしなくても節約効果が得られ、何よりうれしいのがまとまった金額を減らせること。例えば、月々の保険料を3,000円下げ、携帯電話の料金プランを6,000円安くできれば、それだけで毎月9,000円の節約。年間では実に10万8000円もの節約になります。10円安い食材を探すのに時間を費やすより、ずっと効率的です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク