英語で「ありがとう」。ちょっと上級に聞こえる3つの言い方

 

“Thank you.”  サンキューはもはや、日本語ともいえるほど、ありがとうの言葉として認識されています。

実は、感謝の気持ちを伝える英語は、ほかにもいろいろあるんです。

最新の言葉、あらたまった場での表現も知っておきたいですね。

 

1・「本当にありがとう」という気持ちをつたえよう


Thank you very much.
Thank you so much.   

本当にありがとう!

とても感謝しているときには、「とても」という言葉を付け加えます。

友人同士など、カジュアルな関係には Thanks も使いますが、大変ありがとうというときには、

Thanks a lot.    Thanks a million.  Many thanks.
本当にどうも。

さらにカジュアルなスラングとしては

ta / Sanks  などもあります。

 

2・~に感謝しています

なにに感謝しているかは for ~ を加えます。名詞または、動名詞をつけて……

Thank you for your present.
プレゼントをありがとう。
Thank you for today.
今日はありがとう。
Thank you for calling to ABC Company.
ABC社にお電話ありがとうございます。
Thank you for inviting me to the party today.
今日はパーティーにご招待ありがとうございます。

3・フォーマルな「ありがとうございます」

よりフォーマルに「感謝」の気持ちを伝えるには appreciate  や be grateful  for を用います。

I appreciate you.
感謝しています。
I appreciate he takes care of my family.
彼が私の家族の世話をしてくれることに、感謝しています。
I am grateful for your love.
あなたの愛に感謝。(カードなどによく書いてあります。)

注意してほしいのは、通常英語は主語が一番初めにくるからといって、I をつけて、

I thank you.

とはいってはいけないこと。
高圧的に、上から感謝してやる!と言っているようにとられるかもしれません。

 

会話例

カジュアル
A : Here’s yours.
A  :  こちらあなたのよ。
B  :   Oh,thanks.
B   :  ああ、ありがとう。

フォーマル
A : What was the situation of the matter?
A  :   あの案件はどうなりましたか?
B : I really appriciate your help the other day.  Thank you for that, the matter was solved.
B :  先日はお力添えいただき本当にありがとうございました。  おかげさまで、問題は解決しました。

 

スポンサーリンク