この語尾を使う人、「なんだか失礼な印象の人」って言われてませんか?

「でしょ?」「じゃない?」このような語尾を使う女性がいるようです。どんなところに気をつけたらこの口癖が直るのでしょうか。今日はなぜこの口癖が失礼なのか解説し、また、どうしたらこのような言い方を避けられるのかお話します。

 

「でしょ?」って失礼でしょ?

 

「これ、美味しいね」「でしょ?」

この会話、親しい友人間では、リズムの良い受け答えですよね。私も友人とよくこんなテンポで話します。しかし、この「でしょ?」が口癖になってしまうと、あらたまった場面やビジネスシーンで思わず口から出てしまいます。そうなった時にとても恥ずかしい思いをしますよね。さらに「でしょ?」と語尾を上げてしまうと、「でしょ?うねえ……。」と続きもうまく言えません。この「でしょ?」は何ともリカバリのしにくい言葉です(笑)

そもそも「でしょ?」って何でしょう?

 

上の文からも分かるように、単発の「でしょ」は「でしょう」の省略形です。

 

そもそも、断定の助動詞「だ」の丁寧語が「です」で、「だろう」は、「だ」に推量の助動詞「う」がついた形。そのままだと付けられませんので、「だ」の未然形「だろ」に推量の助動詞「う」が付いて「だろう」となっているわけです。

 

これが、丁寧語だと「でしょ」+「う」です。

「これ、美味しいね」「でしょ?」

というやりとりは丁寧な言葉にすると

「これ、美味しいですね」「そうでしょう?」

となります。

 

さて、文法なんて難しい話はこれくらいにしましょうか(笑) 「でしょ?」がどうして失礼かと言うと、これが省略形だからなのです。何でも省略形は失礼です。

例えば「いらした」は、「いらっしゃった」の省略形で、「いらした」を嫌がる方もいらっしゃいます。ですから、言葉を省略をしないように心がけることが大切です。

 

また、この「でしょ?」は省略形な上に、語尾を上げるのも問題です。字面だけでなく、イントネーションがイライラ度を増すようです。

 

「じゃない?」って失礼じゃない?

「むしろ、こっちの仕事を先にやった方がいいんじゃない?」
「そうじゃない?」

などに見られるように「じゃない?」は、同意を求める表現として良く使いますよね。

 

こちらも、省略形な上に語尾上げなのが問題なのですね。

 

ではこの「いいんじゃない?」を、省略しない、丁寧な言葉に直せますか?

 

「いいんじゃない?」は「良いのではありませんか?」です。この「じゃ」は、話し言葉です。正しくは「では」です。これがかなりの曲者です。「じゃ」の元が「では」だなんて、なかなか気がつきませんよね。

 

目上の人が、下の人に向かって、くだけた感じを出すのに、「では」を使わず「じゃ、そろそろ始めましょうか」というのは許されても、逆はよくありません。

 

いくら語尾に丁寧な言葉をつけて、例えば「私じゃ無理だと思うんです」のようにしてもNG。正しくは、「私では無理だと思うのです」ですね。

 

語尾が失礼にならないコツ

このように省略形を使わないように気をつけるには、いったいどうしたら良いでしょう。

まずは、ゆっくり話すことです。ゆっくり話せば、省略形も出てきませんし、話し言葉も出てこなくなります。この「ゆっくり話す」というコツさえつかんでおけば、たいていの言葉は大丈夫です。覚えておいて損はありませんね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

【完全解説】メール文末の「ご自愛ください」正しい書き方バリエとNGなケースは?

たとえ形式的なこととは分かっていても「寒さ厳しき折、ご自愛ください。」このような言葉が文末にあると、相手の気遣いがほんのり感じ取れます。でも、こういう形式的な言葉ほど、バリエーションがほしいときはあり…

日本人の48%が誤用。「気が置けない人」は、信頼できない人という意味であってる…?

「気の置けない仲間と、のんびりした週末を過ごした」。こんなふうに全文の印象が「リラックスムード」だと、「気の置けない」という言葉の正確な意味が分からずとも、話は通じますよね。でも、「あの人とあの子、気…

新春に「去年は大変お世話になり」は失礼?意外にNGな日本語とは

新年明けましておめでとうございます。この言葉に対し「新年は明けないでしょう」だとか「そもそも『新年』と『明ける』はダブっているでしょう」だとか、そういうツッコミに対し、細かすぎる解説を付けるのが普段の…

テレビのテロップで「すごい美味しい」が「すごく美味しい」に修正されるわけ

「すごい」と「すごく」は見た目がとても似ています。同じ言葉からできた言葉なので、意味はほぼ同じです。でも違うということは、違う言葉なのです。「どっちでもいいじゃん」と思っているとしたら、「すごくヤバい…

約6割の日本人が間違えている「確信犯」の使い方。他のきわどい日本語は

忘年会はエースの彼の「独擅場」思い通りに振る舞って好き放題。そんなふうに使う時、この「独擅場」は「どくだんじょう」と読みますよね。でも実はこれ、「どくせんじょう」が正しく、しかも「だん」「壇」と「せん…

「ご回答ください」は間違い?やっかいな日本語の正誤5選

先週、仕事のスケジュールの話になったとき、私の仕事量について「苛酷なスケジュールですね」とコメントをくれた方がいらっしゃいました。意味から察して正しくは「過酷」です。私の体を心配してくださっているコメ…

「ご承知おきください」は上から過ぎ!ちょうどいいメールの丁寧語って?

先日、ある会議の時間変更があり、メールで連絡を受けました。「以上の理由によりやむなく変更といたします。ご承知おきください」。確かに相手側にとってはやむを得ない事情のようなのですが、召集されている人たち…

「凡例」ってぼんれい?みんなが読み間違えている熟語10選

先日、ある料理屋で鳥刺しをいただいたのですが、塩と梅肉が添えられていました。醤油ではなく、この塩と梅でいただくという形。「まさに良い塩梅ということですね」と申し上げましたら、お店の主人が「ありがとうご…

実は「違和感を感じる」は間違っていない。でも「頭痛が痛い」がNG日本語な理由

「人事異動で秘書課になったあの人、違和感ゼロだわー。もともとそこにいたみたいな感じ。」こんな日本語が、説明なしで通じる世の中になって参りました。言葉は移り変わるものですが、そもそも誤りであることを知っ…

「折り入ってご相談」が失礼に当たるタイミングって?NG敬語の言い換えは

「折り入ってご相談がございます」「微力ながらお手伝いさせていただきます」このような言葉は、ビジネスシーンではよく見られます。しかし、本来の言葉の意味を知らないと、使うタイミングを間違えたり、使うシーン…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事