たるみもほうれい線も! 40代こそ使いたい最先端コスメ3選

みなさん、たるみケアしていますか? たるみやほうれい線はシミやくすみと違って、ファンデーションではなかなか隠せないのも痛いところ。夕方のエレベーターの鏡や、帰宅時の電車の窓に映った自分の顔……、その深い影やお疲れ感、残念すぎるおばさん顔に驚いた経験のある女性は、たるみケア適齢期です!

化粧品でここまでできる、最新のたるみケア

化粧品では毎年、秋から冬にかけてが新作のたるみコスメの発売ラッシュ。今年は「化粧品でそんなことまでできるようになったの?」と驚くような猛者たちが登場しています! 決して安くはないけれど、40代が知っておきたい最先端のコスメを厳選しました。

塗るだけでコントゥアリング効果! スッキリ小顔も

フォーエバー リブレイター Yセラム N 30ml 14,580円/イヴ・サンローラン・ボーテ

ハイライトやシェーディングなどのメイクでメリハリを演出するコントゥアリングが流行っていますが、イヴ・サンローランの新しい美容液は、塗るだけでメリハリのある顔立ちを叶えるというのがウリ。肌を奥から満たしつつ、強力なネットのように引き締める、2つの効果を両立。なので、頬の高い部分にはふっくら弾力が、フェイスラインはキュッとシャープになったようなストレッチ感が得られ、まさにコントゥアリングしたかのような実感が。内部の流れを促してくれるので、朝のむくみや冷えによる血行不良くすみが気になるときも頼りになります!

顔立ちまで変わる!? 立毛筋&表情筋の筋トレ美容液

エクシア アンベアージュ ル セラム 40ml 41,040円/アルビオン(10/16発売)

顔のたるみ対策として、表情筋の衰えにアプローチするものはこれまでもありました。しかしアルビオンの最新美容液は表情筋に加えて、立毛筋にも着目したのが画期的。立毛筋は毛穴の収縮に関わり、肌を垂直方向から支えている筋肉。顔に限らず体にも広く分布し、寒いときに鳥肌が立つのもこの立毛筋の働きによるもの。ですが人間の顔の立毛筋は退化しているため(だからこそ顔には鳥肌が立たない)、これを活性化することで、毛穴がギュッと引き締まり、きめ細かく立体的な顔立ちを目指せるそう。立毛筋ケアはこれまで未着手だっただけに、従来のたるみケアで効果が実感できなかった人も期待ができそうです。

アルビオンとたるみケア、あまりイメージがない人もいるかもしれませんが、このブランドはリフトアップファンデーションも秀逸。その名も「タイトフィルム ファンデーション PRO」、美容液と一緒にぜひお試しください。

ハイテク成分の効果を引き出すブースターに注目!

 

R.N.A.パワー エアリー ミルキー ローション マグネティック キット ラディカル ニュー エイジ 14,040円(編集部調べ)/SK-Ⅱ(10/21百貨店数量限定発売)

3品目はSK-Ⅱ。新しい美容乳液とセット販売されている「マグネティック ブースター」が話題になっています。このブースターは美容乳液や同シリーズの美容液の浸透を高めるために開発されたもの。毎分約7000回の心地よい振動×磁石の反発力を応用した技術を搭載し、有用成分をギュギュっと押し込んでくれるのです。スカスカだった肌がプリッと満たされ、肌密度が上がる感覚。特に肌がしぼんでほうれい線や疲れの影が目立ってきたとき、乾燥しすぎて化粧水が上手く浸透しないときの集中保湿にもおすすめです! 美容乳液もサラッとみずみずしくベタつきナシ。とはいえ軽すぎず、40代にも大満足の充実感ですよ。

40代のたるみは、美容医療で解決できる!?

美容医療の技術を応用した化粧品も目立った今年。実は私自身はこの秋、美容クリニックで「ダブロ」というリフトアップマシンと、「エアージェット」という頭皮に空気圧で薬剤を注入する施術を体験しました。間延びした顔がギュッと縮まり、ほうれい線は薄くなり、いろんな人に「何かした?」と聞かれたり、はっきり言って効果テキメンでした! が、この2つの施術は比較的、痛みも値段も控えめなものの、一般的にたるみ&シワ治療は痛みが強くて値段が高いものが多い印象です。しかも1回で終わりではなく、継続して行うことでキープできるものがほとんとなので……、お小遣いに限りがある私は、日々の化粧品でうっとり癒されながら、下がらない顔の基盤を作るのが正解なんだと実感しました。同窓会などガチ勝負などきにはまた駆け込みたいですが!

イヴ・サンローラン・ボーテ 03-6911-8563

アルビオン 0120-114-225

SK-Ⅱ 0120-021325

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

塗るだけで歯が白く美しく立体的に?3つのプチプラリップで叶います

大人の女性にとって、口紅は新調するのが難しいアイテム。肌から色浮きしていない? オバサンっぽく見えない? 時代に取り残されてない……? などなど、考えれば考えるほど、新しい1本に踏み出すのを躊躇しがち。ですが…

「乾燥しすぎて化粧水さえ入らない」そんな40代肌を救うこの冬の3大スキンケア

気温も湿度もいっきに下がり、肌が急激に乾燥する季節。たかが乾燥、と放っておくと命取り。乾いた肌は折りジワが付きやすくなるし、肌内部がスカスカだと毛穴や開きやたるみも目立ってきます。さらに肌のターンオー…

マロ自眉もあくまで自然な「生えてた風」に。40代を救う眉リキッドがブーム!

細眉ブームのときに抜いた眉毛が復活せずに、いまだに麻呂眉。そうでなくても年とともに眉毛が細く薄く少なくなってきた……。そんなお悩み、40代女性に多いのではないでしょうか。アムロちゃんの引退宣言は衝撃的でし…

3歳若見え! ペタッとつぶれた髪の分け目をふんわり戻すワザ

髪の根元がペタッとつぶれていると、いっきに貧相で生活感あふれる印象になりますよね。柔らかなネコ毛が外国の少女みたいにオシャレに見えることもありますが、それは顔が若々しければ、の条件付き。ほうれい線+ペ…

「老けた?」と言われない!オトナ美肌を叶える秋ファンデーション4選

はじめまして、美容ライターの摩文仁こずえです。これからBEAUTYの記事を執筆していきますので、どうぞよろしくお願いします。常に数多くの製品をお試ししていて、新製品や季節モノが大好きなミーハー気質。現在は雑…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事