コンビニの「冷凍大学いも」がシャクもちスイーツに変身!半解凍テク

秋の味覚、芋栗スイーツを一巡したのですが、いまひとつ物足りないような。

身近なところでもっとおいしいものが食べたい、と要求だけが高くなってきてしまうのが、40代の悪いクセ。

そんなわがままな舌を満足させられるものがないかと、視点を変えてアイスのフリーザーから目を移してみれば、そこには冷凍食品のラーメンなどに混ざってスイーツが見え隠れ。

より本物志向をいくならば、冷凍食品という手があったではありませんか。

いまや貴重?冷凍大学いもで外カリカリ中ヒンヤリの半解凍を楽しむ

ニッスイ 大学いも 飴がカリッとおいしい

コンビニで欠かせない冷凍食品コーナーの一角を占めるスイーツコーナーにこちらがあり。

その昔、といっても数年前ですがセブンイレブンの冷凍大学いもがプチブレイクしていたことがありました。

さらに昔、記憶をたどればデパ地下系のおいもさん専門店のらぽっ〇が、わたくしの周りではお持たせとして流行っていて、スイートポテトに並んで大学いもも大人気。

なぜ人気だったかというと、らぽっ〇の大学いもが「冷凍」大学いもだったこと。

お母さんの手づくりおやつ的な存在、揚げたてのホカホカイメージだったのに、冷凍、しかも自然解凍して、「半解凍」状態で食べるスタイルが目ウロコな上に、絶品だったのです。

話は戻りますが、というわけで「半解凍」大学いものおいしさはその後、セブンの冷凍大学いもで体感できたのですが、いつしかなくなってしまい、大手スーパーでもあまり見かけなくなり、やがて半解凍大学いもの存在をすっかり忘れていました。

ところが最近、見つけたのはローソンさん。メーカーはニッスイ。

2つに小分けされています。食べ過ぎ予防ですね。スティック状ではなく、乱切りタイプ。

より中身のほっくり感を感じることができます。

容器から出すこと、10分程度。

半解凍のヒンヤリしたところを徐々に、ゆっくりと、食べ進みます。

半解凍でヒンヤリスイーツから、全解凍されたカリッとしっとり大学いもまで、時間経過といもの変化を楽しむことができます。

実際はおいしくてすぐに食べ進んでしまうことが多いのですが。

今回リサーチしたところ、人気だった冷凍大学いもはことごとくなくなっていることがわかり、このニッスイの大学いもは貴重、のようです。

ぜひ見かけたらこのおいしさを体感してください。

セブンのホットビスケットは小腹のおともに

セブンプレミアム 温めてふんわり食感 ホットビスケット 別添シロップ付き

焼きそばやラーメンの隣にひっそりと存在していた、こちら。

粉ものの冷凍食品といえば、お好み焼きやたこ焼きをよく見ますが、洋モノは少数派で、しかも「ビスケット」です。

ケンタッキーフライドチキンのビスケット好きとしては、試してみたくなる一品。

 

小分けトレーに2つ入っています。各トレーにはメープルシロップがそれぞれin。

簡単に2つに分けられました。

こちらは電子レンジで温める商品。

数十秒チン。

層になった生地がおいしそう。

やっぱり、ビスケットはこの層を分離させて食べるのが好きなので…

上下2分割にして別添のメープルシロップをかけて食してみました。

食べたことがある方はわかると思うのですが、ケンタッキーのビスケットはさっくり系なのですが、こちらはふんわりもっちり系。

サクサクのビスケットというよりは、バターたっぷりのプチパンといった風情。

ふわふわ空気がたっぷり含まれたようなパンをおやつに食べるよりも、身が詰まっているので小腹がすいたときにぴったり。

自分でこういうお菓子を焼くタイプでしたら、邪道なのかもしれませんが、レンチンでこのクオリティ。

これはアリなおやつだと思いました。

より手づくり感、本物感のあるおやつを食べたいときには、冷凍食品コーナーをちょこっと見てみると意外な掘り出し物があるはずです!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク