ダイエット中でも安心!40代独女流おうちで楽しむグラススイーツ

女子とスイーツはきってもきれないほどの縁。甘いものには目がなかった10代、ダイエットと格闘しながらもご飯抜いても甘いものは別腹だった20代、体のこともかんがえはじめ、できるだけヘルシーなスイーツを求めて彷徨った30代、そして今、昔ほどの熱はないけれども、やっぱり甘いスイーツの誘惑を求める40代独女の皆さんへ。今回は、40代独女流のスイーツとの賢い付き合い方と、おうちで簡単にできるグラススイーツをご紹介します。

 

40代独女流スイーツとの付き合い方


大人の女性になったら、朝、目が覚めて、美味しい珈琲と、前日に買っておいたお気に入りのショコラティエのチョコレート1粒をいただくというシチュエーションが20代の頃からの憧れでした。今、実際に自分自身が40代になってみて気がついたのは、実は昔ほど、甘いものが食べられなくなっているという事実。
そう、1つは日々忙しくておやつなど食べている時間がない。時には三度のごはんを食べるのもままならないときさえある。疲れたらスイーツというよりは疲れたらごはんと味噌汁を欲するようになった。そしてもう1つは、自分自身の体の変化。昔みたいに甘くてこってりなパンケーキやパフェなどはもはや胃が受け付けなくなっているみたい。年々舌が肥えているというのもあり、人工的な甘さや、添加物一杯のカラフルなスイーツには、正直体が拒否反応を示すほど。
反対に、今求めるのは1つは上質なもの。使っている原材料が天然由来のものや、口にしただけで、口のなかでほろっととろけたり、滑らかな舌触りであったり、体にすっと溶け込んでいくような自然な甘さは、違和感なく受け入れられるし、スイーツから栄養をもらっているような感覚にさえ陥ります。

そしてもう1つは、自然由来の甘みであること。白砂糖よりは、メープルシロップやアガペシロップ、はたまた最近話題の甘酒など。天然の甘みは何よりも体にしっくりなじみ、そしてGI値も低いため体への負担も少なく、もちろんダイエットにもつながりますね。

美味しく食べて太らないスイーツの法則

昔より食べる量は減っても、それでもやめられないのがスイーツ。
疲れたときの甘いものはいくつになってもやはり至福の時。
ですが、年齢を重ねることで基礎代謝も落ちているため、さほど食べている自覚はないのになぜか体が重くなっているとしたら要注意!

40代独女だから知っておきたい、今時の美味しく食べて太らないスイーツの法則をご紹介します。

 

 

・白砂糖は控える

 

・フルーツの甘みを味方に

 

・ナッツなどの食感のいい食材で満足度をあげる

 

・冷たいアイスに注意

 

・乳脂肪に注意

 

・和菓子は意外に見直されるべき

 

白砂糖は血糖値を急激に上昇させるため、体にも負担がかかります。また血糖値が下がるとイライラの原因にもなりかねません。

スイーツというとお砂糖というイメージが強いですが、熟したバナナなどをつかったり、ドライフルーツなどをいれることで上手に甘みをとることもできます。ナッツなどは食感のアクセントにもなり少量で満足することができます。

反対に、冷たいと甘みを感じにくくなるのが人間の舌。市販のアイスクリームは乳脂肪に加えて、大量のお砂糖がはいっているので要注意。そして生クリームなどの乳脂肪は口当たりはいいですが、お砂糖と一緒に摂取するのは消化にも負担がかかり、カロリーオーバーになりがちです。脂肪分の少ない和菓子なら、小豆や白いんげん豆などの優しい甘さで満足感もあり安心です。
いずれにせよ、適正な量を守り、たしなむ程度にいただくのが美味しく食べて太らないための鉄則だといえます。

 

 

 

それでも食べたい時にすぐできる!簡単お洒落なグラススイーツ

少量でも満足、市販のお菓子をつかって少しお洒落にたのしむことができるグラススイーツを紹介します。
グラススイーツとは、グラスに盛ったスイーツのこと。今回はコンビニで手に入る材料でヘルシーにいただけるレシピを紹介します。

『バナナショコラクリームパフェ』

<レシピ>
【分量】2人分
豆腐200g

ビターチョコレート 120g

リキュール(あれば) 少々

バナナ 1/2本

砂糖5g

ココナッツオイル小さじ1

胡桃 10g

ビスケット1枚

コーンフレーク 20g

【作り方】

      1. 豆腐は電子レンジ(600w)で1分半加熱し、裏返して更に加熱する。これをもう一回繰り返したら、ビターチョコレートを加えブレンダーでなめらかになるまで混ぜ、あればお好みのリキュールを加える。
      2. バナナは縦に半分にスライスし、3cm長さに切る。胡桃は粗く砕く。フライパンにココナッツオイルを熱し、バナナの両面をさっと焼いたら胡桃を加え、砂糖をふりかけキャラメリゼする。
      3. グラスに、コーンフレークを入れ、1の半量を加える。バナナ半量をのせ、残りの1とバナナ、胡桃をのせ、ビスケットを添える。

豆腐でつくるショコラクリームは、自然な甘さで罪悪感のないヘルシーな味に。豆腐臭さは、ラム酒などのリキュールやバニラエッセンスなどを加えることでなくなります。

 

 

甘いだけはもう卒業!賢く美味しく楽しむスイーツ

甘いだけのスイーツではもはや満足できないのが40代独女。これからのスイーツは、ただ甘いだけでなく、見た目も美しく、体にも優しいがキーワードのよう。目で見て楽しみ、心にも体にも栄養になるスイーツ、是非お試しください。

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

1,000円以下なのにオシャレ・美味しい・日持ちがする オススメ手土産4選

ちょっとしたお礼の気持ちという意味で、友達や仕事のおつきあいの相手などに「プチ手土産」を渡すことがありますよね。そんなとき、何を選んだらいいか意外と悩んだりする…

豆乳グルトのおいしい食べ方レシピ、おすすめベスト3を広報に聞きました!

牛乳ではなく、豆乳を、植物性の乳酸菌で発酵させた豆乳ヨーグルト。ここしばらくで代表製品の「豆乳グルト」の流通範囲が広がり、各段に買いやすくなりました。でも、ネッ…

生クリームなしの簡単レシピ!甘酒、豆乳、ココナッツミルクを混ぜるだけ、今井洋子さんのアイスの作り方

1年を通して、お風呂上りには必ず食べたいアイスクリームとシャーベット。でも、砂糖や油脂をたっぷりとると、寝る前の体にとってもダメージがありそう……。そこで、注目の…

お風呂上がりに5分のデトックス! 今日からできるリフレクソロジーの基本

桜の開花宣言も出て、だんだん春らしくなってきましたね。暖かくなってくると、「それほど体も冷えていないから、いいや」と、ゆっくりお風呂につからずにシャワーですませ…

「酢キャベツ」は効く?40代の「ヤセ菌増やし」ダイエット10日チャレンジ#2

幼い頃のぽっちゃり経験から、体重コントロールに対する意識は非常に高かったのに、40代半ば頃からかなり苦戦中!少食なのに太る、運動の時間が取れない。そんな私が出会っ…

有名人御用達のマッサージ師が教える「老廃物・脂肪」をスッキリさせるコツ

疲れが取れない、むくみが取れない、脂肪が落ちにくくなった……。そんな悩みを感じてはいませんか? その原因は「リンパや血液の流れが滞って老廃物や余分な脂肪がたまって…

太りにくい「ヘルシー夜食&おやつ」3選。深夜も罪悪感なく食べたい!

夜遅くになってお腹がすいた、甘いものが食べたい! そんなときってありませんか? 遅い時間に食べてもおいしくて罪悪感がないヘルシー夜食&おやつを紹介します!茹で汁…

寒天×さつまいもで「あの名店の芋ようかん」ができた!

いつでもたっぷり食べたいさつまいも。スイートポテト、ブリュレ、クッキー、サラダ、いろいろなレシピがありますが、中でも「芋ようかん」は、東京駅の手土産ランキングで…

オトナの夏の胃腸疲れにきくリセットスープ

フードスタイリストの河合真由子です。お盆が過ぎ、夏のおわりを感じさせるように、朝晩は涼しい風が吹くようになりました。夏から秋への季節の変わり目は、夏の間に受けた紫外線などのダメージや、溜まった疲れが一…

レンジで3分!楽ちんなのに満足感「夏野菜のヘルシー丼」

フードスタイリストの河合真由子です。酷暑が続く、日本列島。汗だくで帰ってきた日は、キッチンにたつのも億劫になりがち。そんなときにおすすめなのが火をつかわないでできる一品。今回は、電子レンジでつくれる夏…

ひっくり返さないオープンオムレツで!インスタ映えもOKの贅沢朝ごはん

フードスタイリストの河合真由子です。朝ごはんの定番といえば卵料理。なかでもふわふわのオムレツは、食欲をそそる大人も子供も大好きな一品。でも、家でつくるとなるとコツがつかめずつくるのにハードル高め。なら…

毎日のキレイに♪アーモンドミルクでつくる麺レシピ

フードスタイリストの河合真由子です。第三のミルクともいわれるアーモンドミルク。一時のブームは去ったものの、実はキレイのもとが詰まっておりおすすめしたい飲み物です。今回はそんなアーモンドミルクを毎日の食…

コンビニ食材でつくる がんばらないで痩せるおつまみ

こんにちは。フードスタイリストの河合真由子です。ここ最近雨の日々がつづいていますが、梅雨がおわればいよいよ本格的な夏の到来です!真夏になる前に、気になる体のラインも整えておきたいところですが、ハードな…

鯖缶もOK!「パワーサラダ」のお手軽ヘルシー朝レシピ

フードスタイリストの河合真由子です。毎日の食生活、気をつけてはいるものの、外食が続いたりするとうっかり野菜不足に陥りがち。そんなときにおすすめしたいのが、栄養バランスがとれたお手軽パワーサラダです。今…

【簡単かわいい】「オープンいなり」でレジャーのお弁当ラクラク!

ちょっとしたホームパーティーやイベントのときに、ぱぱっとできる手料理のレパートリーがあると便利。そしていまどきは、おいしいだけでなく見た目のかわいさも重要!そこで今回は、手軽にできて、しかも見た目もか…

材料3つ!低糖質パン「クラウドブレッド」でつくるヘルシー朝ごはん♪

GWもおわり、気温がだんだんと温かくなると体のラインが気になる季節でもあります。そんな40代独女におすすめしたいのがクラウドブレッド。今回は、見た目はパンのようにふかふかなのに、小麦粉を一切つかっていない…

お肉がっつり食べてもヘルシー!野菜、きのこを巻くだけ「肉巻き」

日々の忙しさで体が慢性的にお疲れ気味。そんなときは、がっつりお肉!といきたいところですが、カロリーやお財布事情を考えるとそんなに頻繁にボリュームのあるお肉を食べるのは難しそう。そんなときにおすすめした…

深夜もセーフな糖質オフ!ビーフと野菜のヘルシーかさ増し「まぜご飯」

炊き込みごはんは炊飯器一つでできて見栄えもよく、具沢山でおいしけれどもついつい食べ過ぎてしまうのが悩みのたね。そこで今回は、手軽においしくごはんを食べながらもうっかり食べすぎ防止にも役立つ、お肉と野菜…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事