「酢キャベツ」は効く?40代の「ヤセ菌増やし」ダイエット10日チャレンジ#2

幼い頃のぽっちゃり経験から、体重コントロールに対する意識は非常に高かったのに、40代半ば頃からかなり苦戦中!

 

少食なのに太る、運動の時間が取れない。そんな私が出会ったのが、「7号食ダイエット」の記事、そして「ヤセ菌を増やしてデブ菌を減らせば痩せる」という、医学博士・藤田紘一郎先生の教えでした。

 

ヤセ菌を増やすには、玄米や発酵食品を中心にした食事、そして酢キャベツを取り入れることが有効なのだとか(→くわしくは連載#1を読んでね)。

 

連載第2回めの今回は、実際にヤセ菌増量食を始めてみて、どんな変化が起こったのかをレポートします。

 

【10日間の玄米食✖酢キャベツ✖ザワークラウトで【ヤセ菌】は増やせるのか?#2】

 

酢キャベツとザワークラウト、両方食べてみるってどう?

ヤセ菌を増やすのに役立つのは、酢キャベツ、玄米、発酵食品などなど、とのことですが、はて?発酵食品を集中的に食べるにはどうすればいいの?? 実はワタクシ、昔から納豆がちょっぴり苦手なんです。キムチは好きだけど、アロマセラピストがキムチ臭いなんてことはありえないこと!なので、なかなか食べるチャンスがありません。漬物は塩分が心配で大量には食べられないしなぁ。

 

そこで閃いた。そうだ、ザワークラウトだよ!

 

ザワークラウトって、別名「乳酸菌キャベツ」とか「発酵キャベツ」とも呼ばれていて、植物性乳酸菌の宝庫だって言うじゃないですか。たしかアレよね、植物性乳酸菌って、ヨーグルトなんかの動物性乳酸菌よりも、胃酸に強いんじゃなかったっけ?ならばきっと、私の腸内における絶対王者=“デブ菌”にも屈することなく、いい働きをしてくれるに違いない。酢キャベツだけ食べ続けると飽きそうだし、交互に食べてみるのもいいんじゃないかしら?

じゃじゃ~ん。わざわざ隣駅のカルディまで走って(走ったのは私じゃなくて電車だけど)、買ってきましたよ♪  瓶詰めのザワークラウト(右)。ついでに、自家製ザワークラウト(左)まで仕込んでみた!うまく発酵してくれるかどうか、1週間~10日後が楽しみ♪

 

とまぁ、こ~んな感じで、あれこれ自分の生活に合うようアレンジしつつ、ダイエットを開始。決めたルールは以下のとおりです。

  • 朝晩、食事の前にザワークラウトか酢キャベツ、もしくは両方食べる。
  • 朝と昼はできるだけ玄米菜食(肉と魚控えめ)。
  • 夜は玄米と、普通のおかず。
  • おやつは玄米おむすび、ナッツとドライフルーツ。
  • 就寝前4時間は食べないようにする。
  • 糖分、アルコール、カフェインをできるだけ控える(あくまでも、できるだけ)。

「もしかしたら玄米と酢キャベツorザワークラウトだけで10日間くらいならイケるんじゃない?」とも考えました。しかし別途3人の子供たち(私は40代バツイチシングルです)には食事を作らねばならず、ということは味見だってする。味見だけして、おかずを食べないなんて我慢できるわけないじゃん!

 

というわけで、ストイックな方法はあっさり却下しまして、上記のような自己流ルールとなりました。

 

「7号食ダイエット」にくらべると、ずいぶんゆるいんですが、玄米+発酵食品+酢キャベツでヤセ菌が増えるなら、これでも十分効果が出せる……はず!?

 

こうして下準備は整った!さて1日目のダイエットは→次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

HEALTHに関する最新記事