正月太りをリセット!「腸活」に効く、食材入り3大スープ

1年でいちばん体重が増えている時期ともいわれるお正月明け。みなさんはプラス何kgで乗り切りましたか? さて、体重増加のほか、この時期特有の冷えや便秘、むくみは、絶食など極端なことをせず「きちんと食べて対策」するのがベスト。たとえば朝をスープとパンで始めたり、夜は小盛りのごはんとスープにしたりと、バランスよく食べるのがポイントです。さっと作れて、満足感たっぷりの3つのスープを、その食材の秘密とともにご紹介します。

根菜&にんにくで冷え対策「手羽先と根菜のあったかスープ」

滋養強壮のイメージがあるにんにくですが、実は体をあたためて免疫力を上げる作用のほうが重要なのだそう。血行をよくするしょうがとともに、スープにはどんどん入れていきましょう。食物繊維が豊富なにんじん、大根など根菜もたっぷり使い、うまみ成分の塊のような手羽先をプラス! 手羽先はよい出汁がとれる上に、お肉のたっぷり感も出て大満足ですが、意外に食べる部分が少ないので実はカロリーセーブになります。

150513ino061

 

■材料(作りやすい分量/2人分目安・1人分196kcal・調理時間約20分)
鶏手羽先…6本
大根…100g
にんじん…70g
にんにく…2かけ
しょうがのすりおろし…小さじ1
塩…小さじ1
万能ねぎの小口切り…適量

■作り方

1 下ごしらえをする

大根とにんじんは4㎝長さの短冊切りにする。にんにくは包丁の背を当ててつぶす。

2 手羽先を煮る

なべに水2.5カップ、にんにく、しょうがを入れて火にかけ、沸騰したら手羽先を入れて中火で10分ほど煮る。途中、アクをとり除く。

3 野菜を煮て仕上げる

大根とにんじんを加え、塩を振ってさらに5分ほど煮る。器に盛り、万能ねぎを散らす。

(料理制作・スタイリング/緑川鮎香)

 

コレステロール値にコミットする「サーモンとほたてのクリームスープ」

野菜を食べないにもかかわらず、イヌイットは心臓病にかかる割合が少ないのだそう。彼らがよく食べる魚類にはDHAやEPAなどの多価不飽和脂肪酸が多く含まれ、これが循環器疾患のリスクを下げていると示唆されています。とはいえEPA含有量の多いいわしなどの青魚はスープには取り入れにくい。でも、サーモンとほたてなら美味しい! トッピングの青のりは磯の風味をぐっとアップする魔法です。必ず使ってください。

150513ino063

■材料(作りやすい分量/2人分目安・1人分442kcal・調理時間約25分)
生鮭…1切れ
ほたて…4個
じゃがいも…1個
玉ねぎ…½個
しめじ…½パック(75g)
牛乳…½カップ
ホワイトシチューのルー(市販品)…30g
青のり…大さじ½
バター…10g
塩…少々

■作り方

1 下ごしらえをする

鮭は一口大に切る。じゃがいもは一口大に切り、玉ねぎは縦に1㎝幅に切る。しめじは石づきを除いて小房に分ける。

2 いためて煮る

なべにバターを入れて中火にかけ、バターがとけたら玉ねぎ、じゃがいもを入れて2~3分いため、水2.5カップを加える。煮立ったら、鮭、ほたてを加え、アクを除き、ふたをして10〜15分煮る。

3 調味して煮る

火を止め、ホワイトシチューのルーを加えてとかし、再び弱めの中火にかけ、3〜4分煮る。牛乳を加え、ひと煮立ちしたらしめじを加えてさらに3〜4分煮る。仕上げに青のりを加え、塩を振って味をととのえる。 (料理制作・スタイリング/野本やすゆき)

 

包丁も使わず具だくさん、豚もやしのみそバタコーンスープ

かさたっぷりながらカロリー低めのもやしは、意外にも食物繊維だけでなく各種ビタミンやミネラルも豊富です。アスパラギン酸やビタミンB1が疲労を回復し、繊維とビタミンB2が便秘を解消して脂肪の代謝をうながします。ちなみに、食物繊維の1日摂取基準は40代女性で17g。もやしの食物繊維量は100gあたり2.3gとなかなかの健闘です。こまぎれ肉、もやし、コーンを使うので包丁も不要でクイック。帰りが遅くなった日のさっと夕食にぜひ!

150513ino054

■材料(作りやすい分量/2人分目安・1人分287kcal・調理時間約30分)
豚こまぎれ肉…100g
豆もやし…½袋(150g)
コーン缶(粒)…80g
A 水…2カップ、鶏ガラスープのもと…小さじ1.5、にんにくのすりおろし…小さじ1
しょうゆ…小さじ1
みそ…大さじ2
赤とうがらしの小口切り…適量
バター…10g

■作り方

1 煮る

なべにAを入れてまぜ合わせ、中火にかける。煮立ったら豚肉を入れてほぐし、豆もやし、コーンの順に加える。

2 調味する

再び煮立ったら、しょうゆ、みそを加えてよくとかし、弱火にして1分ほど煮て火を止める。器に盛り、赤とうがらしを散らし、バターをのせる。    (料理制作・スタイリング/緑川鮎香)

 

出典/『忙しい人のためのパパッと&ヘルシーおかず』 主婦の友社・刊 500円+税

参考/『からだに効く食べもの事典』 田村哲彦・著 主婦の友社・刊 1,100円+税

新しい実践栄養学』 栄養学博士 落合敏・著 主婦の友インフォス・発行 1,450円+税

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

ワインを飲むと太る?その原因は○○にあった!

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

笠原将弘さんの「あぶり親子丼」が簡単&絶品! プロのコツ満載レシピ 

あまり家で作る機会もない親子丼。でも、一度このレシピを知ってしまったら、週5回でも親子丼を食べたくて震える騒ぎに! 主婦の友社のベストセラーどんぶり本、『笠原将…

どんなパンも「蒸し」で3割増し美味しくなる!決定的コツは

あらゆるパンが素晴らしく美味しく焼きあがる、と買った人が全員絶賛するトースター「バルミューダ」をご存知ですよね。いわゆるスチームオーブントースターは、先に庫内を…

豆乳グルトのおいしい食べ方レシピ、おすすめベスト3を広報に聞きました!

牛乳ではなく、豆乳を、植物性の乳酸菌で発酵させた豆乳ヨーグルト。ここしばらくで代表製品の「豆乳グルト」の流通範囲が広がり、各段に買いやすくなりました。でも、ネッ…

生クリームなしの簡単レシピ!甘酒、豆乳、ココナッツミルクを混ぜるだけ、今井洋子さんのアイスの作り方

1年を通して、お風呂上りには必ず食べたいアイスクリームとシャーベット。でも、砂糖や油脂をたっぷりとると、寝る前の体にとってもダメージがありそう……。そこで、注目の…

「疲れ・頭痛・むくみ」 女性の3大悩みはこの栄養不足が原因だった!

おつかれさまです。時間があるときはいいのですが、忙しくなるととたんに食事がでたらめになって、結果的に身体がスッキリしないというアラフォーのみなさん。疲れが取れな…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

最近、コンビニのワインコーナーが充実してきました。ワインが身近になっている証拠ですね。でも、コンビニに売っているワインって美味しいの?悪酔いしそう、、、。と不安…

新米の塩おにぎりに「ごま油」プラスすると絶品!よりおいしくするポイント3つ

こんにちは!新米美味しいですね! 昨年末炊飯器をバーミキュラに変えてからお米が美味しくて美味しくて、お米屋さんで2銘柄ずつ買っては味比べしています。バーミキュラ…

40代一人暮らし女性と地震、普段から備えておきたいものは!

大阪北部地震で被災なさった皆様、影響を受けた皆様、お見舞いを申し上げます。余震があるかもしれませんし、また日本はおおむね全国のどこにでも地震のリスクがあります。とはいえ、防災情報はどちらかといえばお年…

「イライラする人は口も臭い?」歯科医おススメの12秒対策は舌がカギ

あなたの口、乾いていますか? と言われても、この季節、喉なら乾くけれど「口の中が乾いているかどうか」は自分ではよくわからない……。では、唇が歯にくっつくことはありますか?「くっつくことがある場合は、乾い…

本当に衝撃的…ファミマの「チョコミントパンケーキ」が残念すぎる

私はいま、本日のお昼ご飯を、年に1回あるかないかの残念な気持ちで食べ終わりました。ことの発端は今から30分前。お昼を買いにいった弊社1Fのファミマです。今日はいつものおにぎり売り場だけでなくパン売り場も見…

【歓喜】ファミマのルーロー飯が新しくなってるよ!

昨年は台湾ブームだったと伝え聞くファミマ。弊社1Fにもファミマがあるのですが、どの時間帯に行っても台湾系アイテム置いてないなあ……と思っていたら、本日5月29日にリニューアル発売されたルーロー飯を先ほど発見…

セレブに学ぶ!「イマな白コーデ」バランス at ロンシャン

ファッションセレブの着こなしに見る「今年の白」とは?2018年5月4日に開催された、ロンシャンのニューヨーク5番街のNEWフラグシップストア「ロンシャン5th Avenue店」オープニングパーティから白コーデをピックアッ…

はしか(麻しん)が流行中らしいけれど、40代はどうすればいいの?

4月中旬に入って、「はしか(麻しん)」という言葉をよく耳にします。現在局地的に流行していることは報道の通り。平成19・20年に10~20代を中心に流行しましたが、同様に今回のように海外から持ち込まれて感染する…

「パラパラチャーハンの作り方」論争に新たな刺客!濃く溶いたスープで驚きの結果

何気なく「一人暮らしをはじめた方へ 新生活応援トピック集」という資料をめくっていたときのこと。新入学・入社の人たち向けの資料です。「なるほど、いまどきの一人暮らしは収納と一緒に防災まで考えるのか…」な…

ハーゲンダッツ茶房「これ食べといたほうが」ランキング

1年中もれなくどの季節も楽しんでいるハーゲンダッツ。新フレーバーが出るたびコンビニやスーパーの店頭へ探しに行く20年選手も多いのではないでしょうか!さて、そんなハーゲンダッツが、5/6までの期間限定カフェ『…

みんな、出張のときの「きちんと服」どうしてる?スマホより軽いジャケ&ワンピ登場

夜ちょっとした会食がある、よいお店の予約を入れてみた。そんな旅行や出張のとき、みなさん「夜用のもう1枚」をどうしていますか? シワにならないように持っていくのがめんどくさい、バッグに入れるとぐちゃぐち…

更年期世代の肌たるみは「骨が減る」せい?閉経前後の注意事項【医師に聞く】

閉経前後に急激に女性ホルモン分泌が減る、という話は近年よく知られるようになりました。食事や運動である程度対策したほうが良いことや、いわゆる更年期症状がつらい場合は婦人科に頼って治療したほうが良いという…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FOODに関する最新記事