節約のつもりがムダに?「現金払い」にしないと損する2大ポイントは

最近のクレジットカードは、おトクなポイントがたまったり、提携しているお店での買物が割引になったり、年会費が無料になったりと、各社それぞれに工夫をこらしたサービスを競い合っています。

あまりにも多様すぎて、何がおトクなのか分からなくなってしまうほど。

そもそも、クレジットカードの支払いは、世間で言われるほどおトクなのでしょうか。

実はそうではありません。大切なことは、各社クレジットカードの使い分けよりも、クレジットカードと現金の使い分けにあります。

 

クレジットカード決済に適した支出は「固定費」

1ヵ月の支出には、大きくわけて「固定費」と「変動費」があります。

クレジットカード決済に適しているのは、変動費よりも固定費です。

たとえば、

・家賃、住宅ローン

・生命保険、医療保険の保険料

・習い事のお月謝

・スポーツジムなどの月会費

・プロバイダー代など通信費の基本部分

このような、毎月の支出額が同じものが固定費です。

クレジットカード支払で犯しがちなのは、いくら使ったか曖昧になってしまうこと。固定費であればそんな心配は無用です。

しかも、利用金額に応じてポイントがいつの間にかたまっていくと楽しみが増えますね。カード利用を固定費限定にすれば、毎月いくらの請求がくるのか計算できるので、有利なカードを選びやすくなります。

 

「日々の買物」は現金、「衝動買い」も現金で

ところで、どうしてこんなにクレジットカードで支払える加盟店が増えたのでしょうか。それは、どのお店も「今すぐ買って欲しいから」に尽きます。

ウィンドウショッピングのつもりでも、いいものが見つかれば買いたくなってしまうものですよね。でも、お財布にお金がなければ、あきらめざるをえません。とっても欲しければ、ATMでお金を引き出してお店に戻るかもしれません。または、次のお給料日まで待ってから買いに行くかもしれません。

しかし実際は「そこまで欲しいわけでもない」というものがほとんどです。

その「なんとなく欲しいような気がする」という微妙な物を買ってもらうために、クレジットカードは大きな力を発揮するのです。なぜなら、お財布や銀行口座に現金のない人でも、今すぐ買ってくれるツールだからです。

買う立場から見れば、クレジットカードで買物をするのは、どうしても欲しいわけではないものまで買わされる、売る側の作戦にのせられているわけです。

何を買おうか悩んだり、衝動買いをしたりするのも買物の楽しみのひとつ。心ゆくまで楽しめるよう、予算は現金の範囲内にして、後で苦しまないようにしましょう。

クレジットカードと現金の特徴を生かして使い分け

クレジットカードは、いざという時に現金がなくても支払ができます。そのメリットは本当の「いざという時」にとっておいて、ポイントを貯めながら利用実績を作っておくことが役にたつでしょう。

現金は、使えば無くなるので強制的に予算を守ることができます。現金だとセキュリティ上の心配を感じる人なら、デビットカードやプリペイド式のカードを利用してもよいでしょう。予算を守れる方法ならよいのです。

お金の使い方はライフスタイルそのもの。クレジットカードのおトク情報に精通しているのも役に立ちますが、忙しい大人の女性にはなかなか難しいのではないでしょうか。自分らしい、お金の使い方のスタイルを見つけたいですね。

 

(FPCafe登録パートナー   タケイ啓子

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

月収25万は増税負担いくら?「あと1万円」ムリなく貯めてチャラにする節約術

いよいよ始まった消費税10%。コンビニエンスストアやスーパーなどでお買い物をすれば、さっそく10%の消費税がかかります。今後、さらなる税金や社会保険料率のアップもささやかれているなか、増税分をチャラにする…

【軽減税率】料理用のワインとみりん、消費税8%はどっち?

いよいよ消費税増税まで1カ月をきりました。8%から10%になる10月1日に向けて各販売店などでは準備が進められているようです。さて、この消費税、すべてのものが10%になるわけではありません。一部については8%の…

あなたは大丈夫?40代独身女性が【やってはいけない】節約って?

頑張って働いて得たお金は大切に使いたいですね。買わなくてもいいものを買ったり、無駄になるようなお金の使い方をしたりするのは避けたいものです。40代独身女性なら、しっかり節約をして将来に備えて貯蓄をしてい…

【総資産300億円!】もしもあなたがジャニーさんの娘だったら、遺産はいくら?相続税は?

ジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川さんの訃報が届いたのは2019年7月9日のこと。日が経つにつれ、各メディアからはさまざまな報道がなされているように感じます。そこでふと気になったのが、ジャニーさんの遺産…

航空券を安く押さえる㊙テクとは?海外旅行をお安く安全に楽しむコツ5選

JTBの発表によれば、2019年の夏休みに海外旅行をする人は299万人、前年比3.5%増の見込みとのことです。人気は台湾、ハワイ、グアムなど、ショッピングやアクティビティが充実していて、しかも比較的安全なところが…

夫婦で2,000万円!?【一生独身の女性の老後のお金】はいくら必要?

「老後資金として2000万円の蓄えが必要」、2019年6月に金融庁の金融審議会がまとめた報告書が話題になっています。年金だけでは足りないと政府が認めたということ? 今から2000万円も貯められない! など不安を感…

【我慢不要で1年で100万貯まる】40代独身女性におすすめの節約術10選

40代の独身女性が節約をするには、「とにかくガマン」の力技的な方法は不向きです。ストレスが溜まりますし、長続きできません。大切なお金は、使うべきところでは使い、締めるところはしっかり締めていきたいですね…

ご祝儀の相場は◯◯円!オトナ世代の【冠婚葬祭で包むお金】の平均

大人のお付き合いに、冠婚葬祭のご挨拶は欠かせません。お祝いやおくやみなど、自分の思いを相手に伝えられるようにと考えると、包む金額はなかなか悩ましいものではないでしょうか。今回は、冠婚葬祭に包む金額の相…

おひとりさまの1ヶ月の貯蓄平均値は約3万円!貯蓄を倍増させるには?

人生100年時代。シングルの女性が老後のために必要な貯蓄は、2000万円とも3000万円とも言われています。しかし、思うように貯まらないと感じている人も少なくありません。そこで今回は、今の貯蓄を一気に倍増させる…

貯金の上手な県は○○だった!貯蓄ができる都道府県ランキング

県民性、という言葉があるように、都道府県ごとに異なる個性があります。性格や行動パターン、考え方などの傾向は、その地域であれば当たり前のことが、別の場所ではそうではない、ということも。ソニー生命保険が発…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事