節約のつもりがムダに?「現金払い」にしないと損する2大ポイントは

最近のクレジットカードは、おトクなポイントがたまったり、提携しているお店での買物が割引になったり、年会費が無料になったりと、各社それぞれに工夫をこらしたサービスを競い合っています。

あまりにも多様すぎて、何がおトクなのか分からなくなってしまうほど。

そもそも、クレジットカードの支払いは、世間で言われるほどおトクなのでしょうか。

実はそうではありません。大切なことは、各社クレジットカードの使い分けよりも、クレジットカードと現金の使い分けにあります。

 

クレジットカード決済に適した支出は「固定費」

1ヵ月の支出には、大きくわけて「固定費」と「変動費」があります。

クレジットカード決済に適しているのは、変動費よりも固定費です。

たとえば、

・家賃、住宅ローン

・生命保険、医療保険の保険料

・習い事のお月謝

・スポーツジムなどの月会費

・プロバイダー代など通信費の基本部分

このような、毎月の支出額が同じものが固定費です。

クレジットカード支払で犯しがちなのは、いくら使ったか曖昧になってしまうこと。固定費であればそんな心配は無用です。

しかも、利用金額に応じてポイントがいつの間にかたまっていくと楽しみが増えますね。カード利用を固定費限定にすれば、毎月いくらの請求がくるのか計算できるので、有利なカードを選びやすくなります。

 

「日々の買物」は現金、「衝動買い」も現金で

ところで、どうしてこんなにクレジットカードで支払える加盟店が増えたのでしょうか。それは、どのお店も「今すぐ買って欲しいから」に尽きます。

ウィンドウショッピングのつもりでも、いいものが見つかれば買いたくなってしまうものですよね。でも、お財布にお金がなければ、あきらめざるをえません。とっても欲しければ、ATMでお金を引き出してお店に戻るかもしれません。または、次のお給料日まで待ってから買いに行くかもしれません。

しかし実際は「そこまで欲しいわけでもない」というものがほとんどです。

その「なんとなく欲しいような気がする」という微妙な物を買ってもらうために、クレジットカードは大きな力を発揮するのです。なぜなら、お財布や銀行口座に現金のない人でも、今すぐ買ってくれるツールだからです。

買う立場から見れば、クレジットカードで買物をするのは、どうしても欲しいわけではないものまで買わされる、売る側の作戦にのせられているわけです。

何を買おうか悩んだり、衝動買いをしたりするのも買物の楽しみのひとつ。心ゆくまで楽しめるよう、予算は現金の範囲内にして、後で苦しまないようにしましょう。

クレジットカードと現金の特徴を生かして使い分け

クレジットカードは、いざという時に現金がなくても支払ができます。そのメリットは本当の「いざという時」にとっておいて、ポイントを貯めながら利用実績を作っておくことが役にたつでしょう。

現金は、使えば無くなるので強制的に予算を守ることができます。現金だとセキュリティ上の心配を感じる人なら、デビットカードやプリペイド式のカードを利用してもよいでしょう。予算を守れる方法ならよいのです。

お金の使い方はライフスタイルそのもの。クレジットカードのおトク情報に精通しているのも役に立ちますが、忙しい大人の女性にはなかなか難しいのではないでしょうか。自分らしい、お金の使い方のスタイルを見つけたいですね。

 

(FPCafe登録パートナー   タケイ啓子

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

ほったらかしで年6000円もおトク!電子マネーを使うだけのカンタン節約技

電子マネーとは、レジで読み取り機にかざすだけで支払いができる、便利な「お金」のこと。カード型が多く、nanaco、WAON、Suica、PASMO、楽天Edyなどがあります。これらの電子マネーを使うと、ポイントがたまって現…

ヘアケアの正解をコストで比較すると?白髪・ボリューム・うねり【特集オトナの髪悩み】

困りごとをお金で解決、というと、まるで札束を積んで問答無用のイメージですが、意外と身近にありふれています。荷物が重いときに、頑張って抱えるよりもお金を払って配送にする。急いでいることきに、走るよりもタ…

節約に見えて実は浪費?!やるだけ損のダメ節約4

限られたお金は大切に使いたいものです。節約できるところはしっかり節約して、有効なお金の使い方をしたいですね。ところが、節約のように見えて実は浪費になっていることがあります。節約の頑張りが報われないどこ…

銀行預金が無意味になるかも?10年後に損しない40代のお金知識

銀行ATMの手数料が実質値上げになったり、銀行の営業日が平日9~15時までとは限らなくなったりなど、銀行のサービス内容が少しずつ、しかし確実に変わってきていることにお気づきでしょうか。今回は、変わりゆく銀行…

女性FPがそっと教える「お金にまつわるおいしい話のウソ」 3つの見抜き方

おいしい話にはウラがある、とはよく言われます。それでも、おいしい話に乗った挙句、損をさせられてしまう人は後を絶ちません。だましのウソはますます巧妙になり、「私だけは大丈夫」と思っている人が、実は一番危…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯め方ノウハウ、いったいどんな内容なのでし…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間がかからず、放ったらかしでもお金が貯まる仕…

新年度の「かくれ値上げ商品」はコレ!値段ではなく量に注意すべし

新年度が始まり、新たなスタートをきった方も多いのではないでしょうか。新しい環境になっても、お金の収支はきちんと守っていきたいですね。冬の間は野菜の高値が続きましたが、最近は落ち着いてきています。しかし…

4月から生命保険料が変わる!見直してもいい人とダメな人

春、新しいことが始まる季節。実は生命保険も新しい保険料になります。生命保険は、5~10%程度の値下げとも言われています。これは、平均寿命が延びて長生き時代になったため。この機会に保険の見直しを考える人も…

給与天引き派なら10年20万以上トクできる?イデコ・ニーサ「基本のき」

毎月の収入の中からコツコツお金を貯めるのは、貯蓄の基本です。しかし、それだけではなかなか増えていかないのも現実。長く続くマイナス金利の影響で、金融機関に預けていても、利息は0.001%という金融機関は少な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事