クラブママが斬る!その「表情グセ」と「しぐさ」がオバ化を招くの!

「美しいことが当たり前」であるホステスの世界。しかし、過剰なアルコール摂取、昼夜逆転の生活パターンなど、油断すればまたたく間に美が損なわれる環境にあります。「表情」も同じこと。普段、何気なくとっている「表情グセ」が老いを早めるのです。CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者が「オバ化の罠」を斬りました。

 

1・「食事中」「就寝時」にも刻まれる「法令線」の恐怖!

口もとは老いの波が押し寄せる最大のパーツです。その中でもっとも象徴的なのが「法令線」でしょう。この溝が深い人は、次のような表情グセがあげられます。

・への字口。

・口を半開きにする。

・頬杖をつき、どちらかの頬に圧をかける。

・就寝時も横向きになり、頬の脂肪によけいな圧をかける。

・食事中の「片側噛み」で、左右どちらかのシワだけ濃くさせる。

普段から意識して口角をあげる、肌に余計な圧をかけない、食事中の咀嚼にも気を配ることが必要です。法令線を気にして、「あまり口を開けずに笑う」人も多いようですが、これは逆効果。体の筋肉と同じで、顔の筋肉も使わなければ衰え、タルミへと繋がります。表情は豊かに、しっかりと顔筋を使いましょう。

2・「ひたいのシワ」は「頭皮の固さ」にも注目!

顔はツルンとしていても、額の横ジワが異常に目立つ人が増えています。一気に5歳は老けて見られる悩ましいパーツですね。おでこのシワが目立つ人は、

・目を大きく見開く。

・眉毛を持ちあげる。

・PCやスマホなど「下目使い」を長時間続ける。

以上のことが考えられます。特に、「下目使い」は目の周辺の筋力を弱めてしまい、結果、まばたきのたびにおでこの筋肉を使うこととなり、シワを定着させてしまうのです。PCやスマホの画面を見る際も目や眉の動きに注意し、それ以上シワが折りこまれないよう、気を配りましょう。

また、意外に見落とされるのが「凝り固まった頭皮のタルミ」。仕事中も、1時間に1度は頭皮マッサージをしたり、こめかみ部分をプッシュするなど、柔らかな頭皮を保ちましょう。シャンプーの際も「頭皮を揉みほぐす」ことを習慣化してください。

 

3・不幸顔の象徴「眉間のシワ」は、視力の影響大!

一本刻まれるだけで、たちまち不幸顔になってしまう眉間のシワ。無意識に眉間にシワを寄せている仏頂面の人は、街なかでもよく見かけますが、「幸せに年齢を重ねていない」との印象で、実に勿体ないことです。これは、

・目を細める

・眉を寄せる

ことが習慣となっている場合が大半。マイナスの感情を抱いた時だけではなく、「視力」の影響も考えられます。まずは、自分に合ったメガネやコンタクトレンズをしているか、確認してみましょう。

 

4・蔓延する「スマホ顔」。重力に逆らえない「頬とアゴのタルミ」は致命的!

「スマホ顔」という言葉をご存知でしょうか。スマホを見る際の「下向き」の姿勢を続けることにより、顔の皮膚は常に下向きに引っ張られ、結果「頬のタルミ、二重アゴ」を招くという恐ろしいものです。スマホに夢中になっている人の多くは、

・猫背。

・アゴが突きでている。

・口が半開き。

・頬の筋肉が緩んでいる。

姿勢の悪さと顔の筋肉の緩みが、どんどん顔面のタルミを目立たせるのです。

ひたいのシワの箇所でもお伝えしましたが、「下目使い」「下向き」を長時間とることはやめましょう。そして、スマホの位置をできるだけ目線と同じ高さにするのです。また二重アゴ防止のために「口角をあげる」「時々、首を反らせる」ことを取り入れてください。

 

5・年間通して「乾燥防止と紫外線対策」をサボらない!

前述した表情グセ、姿勢の悪さと同様、老いに対して最も気をつけねばならないことが「乾燥防止」「紫外線対策」です。乾燥により深く刻まれたシワは、少々のケアでは修復できませんし、乾燥を招く紫外線対策も、年間を通して必要になってきます。

 

何気なくとっている表情や仕草も、蓄積されれば大きなダメージとなってしまいます。美は日々の積み重ね。ちょっとした美意識も忘れずにいましょう。

 

 

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

40代がオバサン化を回避するため注意すべき4つの盲点【40代からの美容道】

シミが増えた、シワが増えた、白髪が増えた……。アラフォーともなると、ある日突然、こんなことに気づきます。特に自然光が降り注ぐところで鏡を見たとき。照明の下では見え…

植松晃士 春のメイク「美人とおブス」の差はコレで決まります!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は春ファッションについてお話したので、今回は春メイクのお話をさせていただきますね。プロが上手に使っているアレ大人の美醜を…

話題の「クッションファンデ」40代のメリットって?

アラフォーとは、メイクのトレンドをどのくらいプラスしていくかだけが悩みではなく、どれだけ簡単にきれいになれるものがあるかも考える時期ではないでしょうか。新しいメ…

40代からの女磨き!放っておくと痛い目にあう顔パーツ3つ

年齢を重ねると、電車の中でガラス越しに映る自分の顔を見てがっかりする……そんな機会が増えますね。薄暗い中で見る自分の顔は未来の自分を映し出す鏡とも言われています。…

クラブママ直伝・女の年齢がバレる4大おばさんパーツはこう隠して

40代になると、思いもよらないパーツの老化が加速します。顔はメイクで隠せても、化粧が不可能な部位の場合、悩みは深刻ですね。そんな時は上手にカモフラージュしましょ…

「オトコに追わせる女」はこうして作る。元CAのあざといモテテクって?

年齢を重ねるほど重要になる「清潔感」。特にお客さまの目に留まりやすいのが手先、足先、髪の毛先などの「先端ケア」。流行のファッションに身を包み、ヘアメイクも万全なのに、これらへの気配りがおろそかだと、残…

モテてモテて困ったCAが「モテの3大疑問」にお答えします!

時代は変わっても、世の男性にとってCAは「高嶺の花」であるようです。彼女たちのモテの秘訣はなんでしょう?今回はサイトに寄せられた疑問点を、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお答えしたいと思います。…

港区男子1万人をこれで手中に!「永遠にモテる格言4」by六本木高級クラブママ

男性に夢を与え、非日常を楽しんでもらう夜の高級クラブ。美と若さ、トーク術、心くばりなど、女性が自分の価値を最大限に売る熾烈な競争の場でもあります。男性客に選ばれ、リピートされる女性になるためには何を心…

隙とギャップで男を落とす!なぜかモテる女がさりげなく張るワナ3つ

「モテる女には隙がある」「女はギャップが大事」とは言うものの、その具体案がイマイチわからないという女性が多いのが現実。確かに、「上手な隙」「ギャップ萌え」の箇所は人それぞれですね。今回はホステスも使う…

一瞬で男がゲンメツ!クラブママが指摘する「女性の言動」4つのNG

なにげなく放った言葉、とった行動が、男性を幻滅に導くことがあります。無神経・無頓着な言動は、恋愛や仕事において、取りかえしのつかない事態を招きかねません。前回の「ルックス編」に続き、今回は「言動編」を…

こんなところを見られてる!クラブママが指摘する「男の視線の先」4つのNGポイント

女のモテには「適度な隙」が必要と言われますが、隙をこえて「ズボラ」「だらしない」領域まで達してしまうと、元も子もありません。今回は「えっ、男性ってそんなところも見ているの?」という意外な声を、CA歴4…

クラブママ直伝!40代50代の老化を早める「姿勢ブス」4つの習慣って?

軽やかなファッションにチェンジする春の到来ですが、体のラインが一目瞭然なだけに、「姿勢ブス」の女性を多く見かけます。ファッションやヘアメイクが決まっていても、姿勢の悪さで「ブス」の烙印を押されてしまう…

CA直伝!これだけは押さえて「モテ美脚」の基本4選

軽やかなファッションに身を包み、お出かけしたくなるこの季節。気になってしまうのが、冬の間に溜まってしまった脂肪。中でも脚は目立つ部位だけに悩みも深刻です。CA経験者の筆者自身も、むくみ体質のうえ、機内…

CA流「必ず結果を出す」美ボディダイエット5つの秘策

様々なダイエットにトライしても、途中で挫折したり、リバウンドをくりかえす女性は結構多いのではないでしょうか?私も、今でこそ166センチ、48キロ代をキープしていますが、新人CA時代は不規則なフライト生…

元CAが明かす「ここだけは必死にやっています!」モテルックス4か条

洗練された身のこなしが求められるCAたち。保安要員であるとともに、接客要員であるのですから、好感を抱いてもらう「ルックス作り」には余念がありません。第一印象の良さは、その後の人間関係を左右する重要事項…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事