素敵そうなのに「地雷なワケアリ男」をさっと見分ける3ポイント

バツイチにバツ2、婚約破棄の経験など“ワケあり”な40代男性って、意外といますよね。

そんなワケあり男性と出会い、「こんなに素敵な人なのに、なんの問題があるのかしら?」と首を傾げつつも、深い仲になっていく40代女性もいらっしゃることでしょう。

しかし「ワケあり男性」とひと口に言っても、「いいワケあり男性」と「悪いワケあり男性」がいるのも世の常!

「ワケありな男性は問題ないけれど、悪い男には引っかかりたくない!」と思っている40代女性もみなさま。こんにちは、並木まきです。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を専門とする私が、“悪いワケあり男性”の見分け方についてお話していきます。

 

1:深い仲になると母親の話が多くなる

 

悪いワケあり男性には、極度のマザコン気質が原因で、離婚や婚約破棄などの“ワケ”に至っているタイプもいます。

40歳過ぎの大人男性で、深い仲になる前から「オフクロが」「母親が」などと頻繁に口にする男性は少ないので、実は深い仲になるまでは、この手の男性のマザコンっぷりは見抜きにくい面も。だから、意外と厄介なんです。

彼らがマザコンを露呈し始めるのは、体の関係を持ってしばらく経った頃。

マザコン男性たちは、心を開くまではマザコンであることを隠しますが、ひとたび心を許すと溺愛している母親の話題を嬉々として口にします。

「将来を考えてくれているから、家族の話をしてくれる」なんてポジティブに受け取っていると、あとあと散々な目に遭うことも!

 

2:物事や行動、お金に対してセコい

 

何度かデートを重ねているうちに「この人って、ちょっとセコいところがあるかも?」と感じるなら、悪いワケあり男性のサインと見て。

物事や行動に対する損得勘定が強すぎたり、デートなのにやたらに出費をケチったりといった“セコい言動”は、単なる“ケチ”よりも打算的だし、“堅実”や“節約”とも全く異なる気質です。

「けれど、彼はそれなりに身なりや持ち物にお金をかけているし、結婚すれば変わるのかも?」などと多めに見るのは、ちょっと待って!

周りにはセコいけど、自分には浪費するタイプの男性が、最も危険なワケあり男性です。

以前の結婚も、もしかしたらそのセコい気質に嫌気がさした妻が、三行半を突きつけたのかも。

20代など若い男性ならともかく、大人らしからぬセコさがある男性は、結婚してからも、その気質はまず変わらないと踏んだほうが賢明です。

 

3:過去の相手を悪く言う

 

ワケあり男性と“ワケ”にまつわる話題になったときに、いつも過去の相手を悪く言う人も、「悪いワケあり男性」の典型です。

「前のカミさんはワガママすぎて」「元カノは性格がキツいうえに浪費家で」などと、自分の“ワケ”を誰かのせいにするかのような口ぶりは、男気のある男性ならしないこと。

大人の男性ならば、一度は愛し合った仲の女性を貶すなんて自分を貶しているようなものだと、“恥”に感じる行為でもあります。

また、別れを誰かのせいにして平然としている男性は、ほぼ例外なく、誰と別れても同じような“言い訳人生”を歩んでいるものです。

「そんなにヒドい女性といたのね。私はあなたを幸せにできるわ」などと言葉通りに受け取ってあげても、今度は別れる原因をあなたのせいにされるうえに、周りにも悪く言われるだけなのです。

 

ひと口に「ワケあり男性」と言っても、過去によって成長した男性もいれば、女性を苦しめる性分を隠れ持っているタイプもいます。

「悪い男だけには引っかかりたくない!」と思っていらっしゃる女性は、こんなワケあり男性にはくれぐれもご注意を。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク