ここを毎日ひと押し。冷えとストレス対策に万能のツボとは?

2017.10.30 WELLNESS

寒くなってきて身体を動かすのが億劫になりがち、冬眠モードでヨガやストレッチから遠退きがちな方にもオススメの万能ツボ押しをご紹介します。満員電車内でもOK!会議中でもOK!デート中でもOK! ほ~っと一息、気がついた時にいつでも押せる万能ツボをご紹介します。身体が硬いからヨガやストレッチは苦手という方にも簡単で気軽なセルフケアです。

スマホでこの記事を表示し、書かれている通りに身体を動かせばOKです。

いつでもどこでもどなたでもツボ効果抜群!

夏の名残惜しさ漂いまだまだビーサンの方を見かけるのがココ湘南。しかし気温の変化は著しくこの時期に身体を冷やす事は、来るべき冬の時期に身体を底冷えさせます。「冷えは万病の元!」女性は特に冷え性の方が多く、慢性化して自分では気が付いていない隠れ冷え性も注意が必要です。

10月後半から11月は心身のバランスが崩れ免疫力が低下しやすい時期、体力や気力が戻り頑張りたくなりますが暴走は禁物。ゆっくりと生活スピードを落としてじんわりと両手のツボを押してみましょう。

万能ツボと言われる経穴「合谷(ごうこく)」は効果がたっぷりです。

・顔周りの症状、疲れ目、視力回復、鼻づまり、鼻炎、蓄膿症、花粉症、口内炎、歯肉炎、のどの痛み、肌荒れ、にきび、頭痛、耳鳴り。

・大腸経なので大腸周りの症状、胃腸活性化、便秘、下痢、冷え性、血行促進、肩コリ。

・脳にも刺激が伝わり、ストレス解消、精神的不安定解消、やる気、よく眠れる。

思い当たる症状が一つでもあれば、今!とりあえず手のツボを押してみてください。自分で自分を癒す最初の一歩をお気軽にどうぞ。

 

毎日ひと押しで健康的に!万能ツボ「合谷(ごうこく)」

電車内やオフィスでどこでも一押し万能な両手のツボ

すきま時間に気がつけば押してみましょう。煮詰まっている時の気分転換にもなります。

 

合谷(ごうこく)ツボの位置と押し方

①左手の親指と人差し指の骨が繋がる所を確認します。

②そのポイントよりも少し人差し指側が「合谷」ツボです。

③右手の親指で押します。(約5秒×約5回)

④強すぎない程度で、どちらの手も無駄な力を抜きます。

⑤ボールペンなどの後ろで押すのも良いでしょう。

⑥反対側の手も同様に行います。

 

いかがでしたでしょうか?

正しいツボの位置を押さえていると、身体がじんわり温まったり、視界が明るくなってきますね。

 

「安藤けいこさんのワークショップが開催されます」
114() 満月“Viva La Vida  素晴らしき人生”4時間ワークショップ
愛知県名古屋市東区葵2-3-4 三光ビル4f  A
詳細は、https://www.777bodyworks.com/viva-la-vida-2017/

スポンサーリンク