英語でさらりと「よろしくお願いします」って言える?

「よろしく」は日本語では頻繁に使う大事な言葉。
初めてあった人にも、この先うまくいってほしいときにも、様々な場面で使われます。

が実は、英語には「よろしく」を直訳できる言葉はありません。

 

なので、「はじめまして、よろしく」、別れ際の「今後とも」のよろしく、お願いごとをするときに……
など、状況に応じて言い方を考えるしかありません。

 

今回は、「よろしく」といいたい場面に使える英語をご紹介します。

何かこれから一緒にするときの「よろしく」

“Nice to meet you.”
“It is a pleasure to meet you.”
「はじめまして、よろしく」
初対面のときのよろしくはなんとなく思い浮かびますね。
では 、何かこれから一緒に仕事をするにあたっての「よろしくお願いします」は

“I am looking forward to working with you.”
「これからあなたと働けるのが楽しみです」

“I am excited to work with you.”
「あなたと一緒に働けるなんてわくわくします」

と、期待と喜びをあらわします。
work をdance  などに言い換えれば、一緒に何か物事を始める時に使えます。

“I’ll do my best.
「精一杯がんばります!」
さらにこういえば、相手をたてている気持ちを表現できますね。

 

別れ際に「今後ともよろしくお願いします」

別れ際も出会いと同じように

“It was nice meeting you.”
「会えてよかったです」

といったあとで、

“I am looking forward to doing something with you in the future.”
「そのうちなにか一緒にしたいですね。」

と、今後をにおわすような言葉を添えたいですね。

ビジネスでなく、カジュアルな関係なら

”I’ll see you around.”
「またどこかで会いたいね。」

”Keep in touch!”
「今後も連絡をとりあおうね。」

と関係を継続をしたい気持ちを伝えましょう。

 

なにかお願い事をしたときの「よろしく」

お願い事をきいてもらったら
“Thank you.”
「ありがとう」
と感謝の気持ちを伝えるだけですが、
I am counting on you.
「あなたを頼りにしてるの」
と付け加えると、面倒をみてほしいなというニュアンスになります。

 

その場にいない人に「よろしく伝えて」は

よろしくお伝えくださいという気持ちは
Please say hello to your father.
お父さんによろしくね。
Tell him I said hello.
彼によろしくいっといて!

 

改まったビジネスのメールで最後に「よろしくお願いします」

英語での手紙、メールでの文末の決まり文句は
Yours sincerely.
日本語では訳しにくい言葉ですが、よろしくという気持ちを最後にあらわします。

仕事や助力をを頼んだ時には

“Your help would be very appreciated.”
「ご助力いただけるとありがたいです。」
とつけくわえてもよいですね。

 

授業のはじめの「よろしく」はない!

実は英語を指導していて生徒さんからまず最初にきかれる質問が、
「先生によろしくお願いしますと挨拶したいのですが、英語でどういいますか?」です。
たしかに何かお世話になるとき、日本人としては最初に「よろしく」と言いたい。
が、そういう礼儀の言葉は英語には存在しません。
先生だろうと、友人だろうと
“Hello!”  “How are you?”
やあ どう?

といった日々の挨拶をするだけなのです。

 

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事