実は標準体重はあてにならない!40代ダイエットの決め手は「3大習慣」

 

ダイエットを意識している方なら「標準体重」という言葉を聞いたことがあると思います。肥満傾向にある方は健康診断などでもとくに注意されますよね。診断結果では、「やせ気味」「普通」「肥満気味」などの表示を見かけます。しかし、あなたがもし「普通」(標準体重)内だったとして、本当に安心できますか?

 

40代ダイエットは、何を基準にすればいいの?

 

「標準体重」というけれど、この基準ってどうやって決められているのでしょうか。実は、その身長において一番病気になりにくい低い体重、という考えで決められたもののようです。つまり、人間ドック受診者や生命保険加入者など数多くの調査をもとにつくられているのです。ということは、標準体重を決める対象者は少なくとも20代、30代ではなく、40代以降の方たちが多いということが考えられますね。言葉が悪いかもしれませんが脂肪がつきやすい年代の人たちの調査をもとに考えられた標準体重は果たして参考にしていいのでしょうか、という疑問がわいてきます。

そこで今回は、「何を基準にしてダイエットをすればいいのか」を考えていきます。

 

「標準体重」はあてにできるのか?

 

標準体重を考える上で、世界共通の物差しとして「BMI(体格指数)」があります。BMIは、健康づくりにおいて肥満度の判定に使用される計算式で、体重を身長の2乗で割った肥満度を示す体格指数のことです。

【BMI式:(Body Mass Index: 体重(キログラム)/身長(メートル)2)】

【関連リンク】
厚生労働省  e-ヘルスネット BMIについて

 

男女ともに標準とされる指数は22.0と言われていますが、これは肥満との関連が強い病気に最もかかりにくい数値とされているそうです。厚生労働省の資料によると、BMI25.0以上を肥満として、肥満度は4段階に分けられています。

また、厚生労働省では以下のような記載があります。

・肥満のタイプは「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪肥満型」に分けられ、前者の方が生活習慣病を発症するリスクが高くなります。

・「肥満」とは体重が多いだけでなく、体脂肪が過剰に蓄積した状態を言います。

【関連リンク】
厚生労働省  e-ヘルスネット 肥満と健康について

 

ダイエットでは「体格指数」より「体脂肪率」

 

上記で説明した標準とされるBMI指数22.0に合わせて体重を計算してみました。

例)身長158センチの女性の場合…

1.58×1.58×22=54.9キログラムが標準体重ということになりますが、いかがでしょうか。

「範囲内だから普通ね」「げっ。やっぱり肥満だわ」「この計算ってあてにならないよね」など人それぞれだと思います。ちなみに私の感覚はやや重めの体重になります。

健康診断でもこういった経験あると思いますが、肥満とは体重が重いという状態をいうのではないと思います。同じ体重でも脂肪の割合は人によって異なりますし、体重が重くても筋肉質の量も異なります。各個人の脂肪率を考えず、「体重」だけに問題を置いているのは不思議ですよね。

厚生労働省にも、BMIだけでは筋肉質なのか脂肪過多なのか区別ができません、と記載があります。まずは、近年普及している体脂肪計などを利用して、自分の体脂肪率の増減を把握してみるといいかもしれません。

 

40代ダイエットは「3大習慣」の見直しを

 

「健康診断で標準体重だったから安心…でも、他の内臓数値やウエストサイズはオーバー気味…。」

これではバランスが悪いですよね。いつか体調を崩してしまいそうです。健康診断や血液検査などのデータは今現在とこれまでのライフスタイルを見直すきっかけになるので、ぜひ受診して参考にしてほしいと思います。また、更年期かな、と思われる症状が出はじめる40代は、運動をしたり食事量を減らしたりと、単純に減らしたり増やしたりするだけではダメです。

 

体重を減らすことに集中する、など何かひとつだけのことに固執するのではなく、

①食習慣

②運動習慣

③生活習慣

これらの全体を見直しできる暮らしをしてみてください。自然と光が見えてくるはずです。大人の女性は生活習慣全体を包括的に改めることがダイエット成功の大前提となります。

 

スポンサーリンク

大山式足指パッドのやせる効果は? リング式を試したら骨盤はどうなる?【ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

1年ガチ愛用して判明!大山式足指パッド「9つの効果」その魅力とNG点は?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

ワインを飲むと太るって本当?赤ワインなら?ダイエット対策する飲み方とは

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

【超簡単】体が硬くてもOK。ラクにほぐれるタオルストレッチ

肩周りがかたくて腕を後ろに回せない! 脚全体がむくんでだるい…なんて人はどこでもできる簡単ストレッチにトライしてみてはいかがですか。準備するものはタオルやヒモがあればOK。寝る前や朝起きたときにベッドの…

100均で小顔になれる?「かっさ」と「マスク」でスキンケア

最近の100円ショップの美容グッズがあなどれません! そこで今回はダイソーの美容グッズを使った小顔法をご紹介します。100円美容グッズを使った小顔法今回100円美容で使うグッズはダイソーで見つけた、中国の民間…

おいしく美しくダイエット!簡単「酢納豆丼」ですっきり春やせ

4月に始めたいことのアンケートでは、語学や運動に並んで「ダイエット」も上位に入るそうです。そこで、昨年からTVで大反響の「酢納豆」。健康やダイエットによいと言われる酢納豆の効果をチェックして、作り方やお…

100均で見つけた!ダイエット中におすすめのヘルシーおやつ4つ

ダイエット中におやつが食べたい。そんなとき、コンビニで売っているヘルシーおやつを買いに行く人が多いと思いますが、ヘルシーおやつをコンビニで頻繁に買っていると意外と出費が…。そこで今回は100均で見つけたコ…

「花粉で肌荒れ」防止!春のスキンケア&メイクの5つのコツ

少しずつ暖かくなってきて、桜や新緑など春をイメージすると気持ちが明るくなるけれど、悩ましいのが花粉症……。症状が出始めると気分が落ち込みます。花粉に加え乾燥や強風など肌にとっては過酷な条件が重なり肌トラ…

花粉対策アイテムで老け防止!花粉を寄せつけない5つの習慣

3月に入ると身近に感じてくるのが花粉症。ふだん症状が軽い人も年々花粉の量が増えている今年は辛く感じるのでは? 今日は、まだ自分が花粉症だと認めたくない人、花粉による症状が軽い人向けに花粉対策のアイテム…

「ぽっこり腹」にコレがいい。朝夜5分、反り腰改善3つのポーズ

お腹やせを目指して腹筋を鍛えたいのに、腰が痛くてトレーニングにならない…というお悩みありませんか? 私自身、人一倍の反り腰で、腹筋を鍛えるエクササイズをしてもどうしても腰に響いてしまい長年困っています…

治らない!繰り返す「口周りのニキビ」の気になる原因と治し方は?

肌の乾燥も気になるけど、あごのざらつき、吹き出物も増えて気分が落ちる…冬の時期にニキビが増えてくり返し改善されなくて悩んでいる人は、一度スキンケアの見直しをしてみると解決するかもしれません。今日は、冬…

冬の寒さに負けない!オトナの「冷え取り対策」5選

冬の寒さも本番。冷え対策は万全でしょうか。女性の悩み「冷え」。冷えが原因で体調を崩している人も多いはず。そこで、今回は心も体もあったかくなる、冷え対策の習慣やグッズをご紹介します。冷え対策に、体の芯か…

「正月太り」すぐできてめんどくさくない対策は?私のリセット法3つ

年始はイベントが盛りだくさん。まだまだお正月気分が抜けない年はじめ。年始のほうが人と会う予定で忙しい! という人もいますよね。ですが、楽しい飲み会も多く、食べ過ぎ・飲み過ぎで消化不良を引き起こすことも…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事