クラブママがこっそり教える「モテる若見せメイク」5つの掟

年齢を重ねるごとにたるみ、くすみ、複雑に変わっていく私たちの顔。とりわけ40代の肌は、手を加えたくなる部分がいっぱいです。でも、かえって「メイク老け」してしまうことも。若見せには「完璧」よりも「若い印象」を与えるメイクを目指しましょう。CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお伝えします。

1・ベース作りは順序が重要!「中心→外側へ」が鉄則

下地やファンデーションを塗るうえで、絶対に押さえておきたい共通事項が「塗る順序」です。「中心→外側」「面積の広い場所→狭い場所」と覚えておきましょう。

最初に触れたところがもっとも多く化粧品がのるため、顔の中心(ひたいや頬)→髪の生え際、フェイスラインに向かってのばしていくと徐々に外側は薄くなり、美しいグラデーションができるのです。しっかりのせた部位は明るく発色し、薄づきの部位はナチュラルな陰になる――顔の立体感、メリハリを生み出すうえ、嬉しい小顔効果も実感できます。

 

2・血色だけじゃない!チークの意外な効果

チークは40代のくすみがちな肌に、「血色」を与え、健康的で溌剌とした印象にしてくれます。そしてもうひとつ、チークには意外な若見せ効果があるのです。年を重ねるたび、私たちの顔は「間延び」し、眉下と鼻の下も広がるという恐ろしい変化が訪れます。

これを解消してくれるのもチークです。両頬に塗ったチークの残りを、そのまま眉下と鼻の下にひとはけ。さりげない色味が薄い影を作り、思いがけないシャドー効果で顔を引き締めてくれるのです。

 

3・アイラインは薄くなったまつ毛の隙間を埋める要領で

加齢とともにぼやけた目もとをキュッと引き締め、目ヂカラアップに欠かせないアイライン。「ラインを書く」というよりも薄くなったまつ毛の隙間を埋めていく要領で引くことが重要です。これが目の輪郭をはっきりさせ、白目と黒目のコントラストを際立たせ、若々しい目元につながります。少々ガタガタに引いても、アイシャドーでぼかせば大丈夫。

下側アイラインは、優しいブラウンなど「ソフトで初々しい印象」に仕上げることも忘れずにいてください。

 

4・眉はナチュラル、やや太めがトレンド

いつの時代も難しいのが眉の書き方です。濃く太く書けばバブル感が否めませんし、細すぎると昭和な香りがダダ漏れ。眉山を書きすぎない自然なアーチを描きつつ、髪の色に合わせたブラウン、もしくはグレイッシュブラウンが40代の顔を引き締めてくれます。眉に太さがあるとまぶたの面積が狭く見え、2で伝えた「まぶたにひと塗りのチーク効果」と相まって、目ヂカラもアップする嬉しいメリットがあるのです。

 

5・唇の若見せはツヤとふっくら感がキモ!

年齢を重ねるたび、唇も薄く痩せてしまいます。ふっくら艶やかな唇は、若さの象徴でもありますね。口紅はその年のトレンドカラーが発表されますが、あくまでも私の場合「ピンク(ローズ系・コーラル系)をベースに、洋服に合わせる」ほうが重要と考えています。
また一般的に、女性は男性よりも詳細な色を識別できる能力に長けているため、微妙な色合いを気にするのは女性のみ。男性に若々しさを感じてもらうには「ツヤ」「柔らかさ」「ふっくら感」をアピールしたほうが効果的です。マットな仕上がりは老けて見えるので、中心だけでもグロスを塗ってツヤを演出し、思わず触れたくなるようなフレッシュな唇を目指しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

ペタンコおば髪を解消!トップにボリュームを出すブローって?【美容師のプチテク#1】

30代後半になると、肌と同じく髪も急激に老化現象が目立つようになります。白髪が増えたり、クセやうねりが気になったり、果てはボリュームが全然出なくなったり……。プロの…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

植松晃士 「上品な女性」になるために、40代から使ってほしいもの

みなさん、こんにちは。植松晃士です。暑い日が続きますね~。すっかり夏のファッションにシフトしていることと思います。が、今回はビューティ編。しかも「香り」について…

40代がオバサン化を回避するため注意すべき4つの盲点【40代からの美容道】

シミが増えた、シワが増えた、白髪が増えた……。アラフォーともなると、ある日突然、こんなことに気づきます。特に自然光が降り注ぐところで鏡を見たとき。照明の下では見え…

植松晃士 春のメイク「美人とおブス」の差はコレで決まります!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は春ファッションについてお話したので、今回は春メイクのお話をさせていただきますね。プロが上手に使っているアレ大人の美醜を…

モテる女性はやっている!【LINE】で男心をつかむテク3選

今やコミュニケーションに欠かせなったLINEは、ビジネスやプライベートと様々な場面で活用されています。だからこそ、相手に好印象を持ってもらえるLINEを送りたいもの。実際、モテる女性はどのような部分に…

【男の本音】結婚の決め手は何だった?「男が逃したくない女性」4つの特徴

男女ともに既婚率が低下している昨今。しかし、幸福の一つの選択肢として「結婚」が揺るぎないのも事実です。では、男性たちの結婚の決め手となったものは何でしょう?CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者が男性陣…

クラブママ伝授!ホステスに学ぶ「元カレと復縁」する4つの方法

出会いと別れは紙一重。どれほど甘い恋愛期間を過ごしていても、ある日突然、別れがやって来るかもしれないのです。「どうしても元カレと復縁したい」と熱望するあなた、高級クラブのホステスたちの思考や接し方がと…

「彼女、美人だよね」と言われる人のごく当たり前の10の習慣

50歳を過ぎても、ナチュラルな色香を放ち、男性が放っておかない女性っていますよね。彼女たちに共通しているのは、ひとえに「女を忘れない」心がけ。若い女性と張り合うのではなく、成熟した自分を受け入れたうえで…

50代でも「モテまくる女」のごく当たり前な10の習慣って…?

内面が充実してくる一方で、容姿の衰えは否めない50代。当然ながら、男性からのお誘いや扱い、モテにも大きく影響しており――。モテを左右するのは、ひとえに「女を捨てない」心がけ。そんな50代のモテ女性の習慣…

美人じゃなくてもここまでモテる!40代女性の「アリな色気」4つの極意

美女なのにいまいち男性と縁がない女性がいる一方で、容姿はそこそこでも、周りに男性が絶えない女性が存在します。私自身、10年間にわたり六本木のクラブママを勤めましたが、必ずしも「ナンバーワンホステス=ス…

実はここならモテモテ?40代独女が「理想の独身男性」と出会える場所って

40代独女の婚活が、厳しさの一途をたどるのは周知の事実。「平成駆けこみ婚」を焦るあまり、流されるまま、お見合いパーティや街コンに参加し、お手軽に知りあった男性に遊ばれてしまったり、「こんなはずじゃなか…

「婚活開始から1年以内にゴール」できた40代女性の3大共通点って?

「婚活疲れ」は、社会現象のひとつとなっています。「ちょっとだけ休もうかな」「でも、ここまで頑張ったんだし」と行ったり来たりを繰り返す女性が多い一方で、短期決戦で見事勝利を収めた女性も大勢いるのが実情で…

ウソ…もしかして私「セカンド女」?疑わしいカレの挙動7つ

彼との「愛情の温度差」を感じることってありますよね?常にスマホをチェックして落ち着かなかったり、別れ際が以前より素っ気なかったり、次のデートの約束を「忙しいから、こっちから連絡するよ」と大よその予定さ…

一発アウト!40代女性が即恋愛圏外にされる「ゲンメツ臭」4つ

30歳を過ぎると、気になる人が多いと言われる加齢臭やミドル脂臭。汗をかきやすい夏が終わっても、ニオイとの戦いは一生続きます。今回は冬場の「女性のゲンメツ臭」に注目。男性に「女性のニオイに関するガッカリ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事