クラブママがこっそり教える「モテる若見せメイク」5つの掟

年齢を重ねるごとにたるみ、くすみ、複雑に変わっていく私たちの顔。とりわけ40代の肌は、手を加えたくなる部分がいっぱいです。でも、かえって「メイク老け」してしまうことも。若見せには「完璧」よりも「若い印象」を与えるメイクを目指しましょう。CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお伝えします。

1・ベース作りは順序が重要!「中心→外側へ」が鉄則

下地やファンデーションを塗るうえで、絶対に押さえておきたい共通事項が「塗る順序」です。「中心→外側」「面積の広い場所→狭い場所」と覚えておきましょう。

最初に触れたところがもっとも多く化粧品がのるため、顔の中心(ひたいや頬)→髪の生え際、フェイスラインに向かってのばしていくと徐々に外側は薄くなり、美しいグラデーションができるのです。しっかりのせた部位は明るく発色し、薄づきの部位はナチュラルな陰になる――顔の立体感、メリハリを生み出すうえ、嬉しい小顔効果も実感できます。

 

2・血色だけじゃない!チークの意外な効果

チークは40代のくすみがちな肌に、「血色」を与え、健康的で溌剌とした印象にしてくれます。そしてもうひとつ、チークには意外な若見せ効果があるのです。年を重ねるたび、私たちの顔は「間延び」し、眉下と鼻の下も広がるという恐ろしい変化が訪れます。

これを解消してくれるのもチークです。両頬に塗ったチークの残りを、そのまま眉下と鼻の下にひとはけ。さりげない色味が薄い影を作り、思いがけないシャドー効果で顔を引き締めてくれるのです。

 

3・アイラインは薄くなったまつ毛の隙間を埋める要領で

加齢とともにぼやけた目もとをキュッと引き締め、目ヂカラアップに欠かせないアイライン。「ラインを書く」というよりも薄くなったまつ毛の隙間を埋めていく要領で引くことが重要です。これが目の輪郭をはっきりさせ、白目と黒目のコントラストを際立たせ、若々しい目元につながります。少々ガタガタに引いても、アイシャドーでぼかせば大丈夫。

下側アイラインは、優しいブラウンなど「ソフトで初々しい印象」に仕上げることも忘れずにいてください。

 

4・眉はナチュラル、やや太めがトレンド

いつの時代も難しいのが眉の書き方です。濃く太く書けばバブル感が否めませんし、細すぎると昭和な香りがダダ漏れ。眉山を書きすぎない自然なアーチを描きつつ、髪の色に合わせたブラウン、もしくはグレイッシュブラウンが40代の顔を引き締めてくれます。眉に太さがあるとまぶたの面積が狭く見え、2で伝えた「まぶたにひと塗りのチーク効果」と相まって、目ヂカラもアップする嬉しいメリットがあるのです。

 

5・唇の若見せはツヤとふっくら感がキモ!

年齢を重ねるたび、唇も薄く痩せてしまいます。ふっくら艶やかな唇は、若さの象徴でもありますね。口紅はその年のトレンドカラーが発表されますが、あくまでも私の場合「ピンク(ローズ系・コーラル系)をベースに、洋服に合わせる」ほうが重要と考えています。
また一般的に、女性は男性よりも詳細な色を識別できる能力に長けているため、微妙な色合いを気にするのは女性のみ。男性に若々しさを感じてもらうには「ツヤ」「柔らかさ」「ふっくら感」をアピールしたほうが効果的です。マットな仕上がりは老けて見えるので、中心だけでもグロスを塗ってツヤを演出し、思わず触れたくなるようなフレッシュな唇を目指しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

ペタンコおば髪を解消!トップにボリュームを出すブローって?【美容師のプチテク#1】

30代後半になると、肌と同じく髪も急激に老化現象が目立つようになります。白髪が増えたり、クセやうねりが気になったり、果てはボリュームが全然出なくなったり……。プロの…

植松晃士 「上品な女性」になるために、40代から使ってほしいもの

みなさん、こんにちは。植松晃士です。暑い日が続きますね~。すっかり夏のファッションにシフトしていることと思います。が、今回はビューティ編。しかも「香り」について…

40代がオバサン化を回避するため注意すべき4つの盲点【40代からの美容道】

シミが増えた、シワが増えた、白髪が増えた……。アラフォーともなると、ある日突然、こんなことに気づきます。特に自然光が降り注ぐところで鏡を見たとき。照明の下では見え…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

植松晃士 春のメイク「美人とおブス」の差はコレで決まります!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は春ファッションについてお話したので、今回は春メイクのお話をさせていただきますね。プロが上手に使っているアレ大人の美醜を…

一発アウト!40代女性が即恋愛圏外にされる「ゲンメツ臭」4つ

30歳を過ぎると、気になる人が多いと言われる加齢臭やミドル脂臭。汗をかきやすい夏が終わっても、ニオイとの戦いは一生続きます。今回は冬場の「女性のゲンメツ臭」に注目。男性に「女性のニオイに関するガッカリ…

また恋がうまく始まらない…もしかして私「友だちどまりオンナ」?3つのダメポイント

数回デートを重ねると、彼と疎遠になってしまう。デート中はいい雰囲気なのに、イマイチ愛情に温度差を感じて常に心配。尽くせば尽くすほど、彼が遠ざかっていく。――もしかして、良かれと思っていることが裏目に出て…

男のホンネ!「好きだよ」と言わなくなった男の裏に隠れた5つの理由

初めは良い雰囲気でいた二人なのに、気づけば、彼からの連絡が減っている。デート中も以前ほど盛り上がらない。――恋愛の悩み・すれ違いは、永遠のテーマですね。でも少し考えて下さい。あなたは気づかぬうちに「男を…

ついついやってない? 40代独女が「無残なくらいモテない」10のNG

今年も残すところあと4カ月。「年内には結婚相手を見つけたい!」と願う40代女性も多いことでしょう。さて、多くのモテコラムを書かせて頂いたところで、再度「モテない40代独女のNG言動」を確認してみましょ…

これはダメだわ!「モテない40代独女」がとる5つのダメ行動

40代の恋愛は、多くが「結婚」を意識したものになります。しかし現実は厳しく、とある婚活アドバイザーは「女性35歳限界説」を唱えています。よりよい子孫を残すため、男性は「若い女性との結婚を望む」という生物…

「目で見るだけでシミが増える」?意外に知らない紫外線の話

夏本番となり、気温も日差しも強まるばかり。美肌ケアにいそしむアラフォー女性には、もっとも酷な季節の到来です。美肌の秘訣は「保湿・紫外線カット」が基本ですが、今回は「美白」に対してアプローチしてみましょ…

「オトコに追わせる女」はこうして作る。元CAのあざといモテテクって?

年齢を重ねるほど重要になる「清潔感」。特にお客さまの目に留まりやすいのが手先、足先、髪の毛先などの「先端ケア」。流行のファッションに身を包み、ヘアメイクも万全なのに、これらへの気配りがおろそかだと、残…

モテてモテて困ったCAが「モテの3大疑問」にお答えします!

時代は変わっても、世の男性にとってCAは「高嶺の花」であるようです。彼女たちのモテの秘訣はなんでしょう?今回はサイトに寄せられた疑問点を、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお答えしたいと思います。…

港区男子1万人をこれで手中に!「永遠にモテる格言4」by六本木高級クラブママ

男性に夢を与え、非日常を楽しんでもらう夜の高級クラブ。美と若さ、トーク術、心くばりなど、女性が自分の価値を最大限に売る熾烈な競争の場でもあります。男性客に選ばれ、リピートされる女性になるためには何を心…

隙とギャップで男を落とす!なぜかモテる女がさりげなく張るワナ3つ

「モテる女には隙がある」「女はギャップが大事」とは言うものの、その具体案がイマイチわからないという女性が多いのが現実。確かに、「上手な隙」「ギャップ萌え」の箇所は人それぞれですね。今回はホステスも使う…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事