年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はどのくらい貯金をしているのでしょうか?気になる統計から今日からできる貯蓄のテクニックまでご紹介します。

 

年収400万円の場合と500万円の場合、貯蓄できている?

 

年収400万円の場合、税金や社会保険料の負担を引いた手取り額は約300万円です。総務省家計調査*1によると、手取り300万円未満の勤労世帯(2人以上)の場合、「貯蓄しなかった」と回答した世帯が最も多く、42.3%でした。次に多かったのは、「10~15%未満」の18.7%で、その次が「5~10%未満」の10.3%でした。

 

次に年収500万円の場合をみてみましょう。こちらの場合、手取り額は約380万円になります。先ほどの統計でみると、300万円から500万円未満に該当し、最も多かったのは同じく「貯蓄しなかった」の20.0%、次も同じく「10~15%未満」の17.8%ですが、その次は「35%以上」の13.9%となっていました。

 

このように、統計の幅の開きがあることにも留意しなければなりませんが、年収400万円の場合は、15%ですと年間45万円、年収が500万円の場合は15%ですと57万円、35%ですと133万円になります。単純計算ですが10年後は120万円~880万円の貯蓄額の差になってしまうことが分かります。このため、年収500万円の方がやはり貯蓄がしやすい状況でしょう。

*1  8-2表<貯蓄・負債>貯蓄及び負債の1世帯当たり現在高 年間収入階級別、2017年1~3月期

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001187063

家計調査>貯蓄・負債編>二人以上の世帯>詳細結果表>四半期>2017年1~3月期

 

本当はどのくらい貯蓄できるの?

 

基本的には、月収手取りの10~15%を貯蓄していくことをライフプランニングなどで考えていくことが多くなっています。あくまでも貯蓄は無理なく長期間行うことが前提だからです。ですから、先ほどの統計は、2番目に多かったものとして「10~15%未満」であることは、納得できそうな結果です。

 

しかし、年収400万円以下の場合ですと、「貯蓄しなかった」という割合が大変多くなっていることに注視すべきではないでしょうか。これは、結局、家賃や光熱費など毎月一定額かかる固定費の費用は年収400万円の場合でも500万円の場合でもそれほど変わらない、というものが理由だと考えられます。

 

確かに年収が上がると広い住居へ引っ越すこともあるでしょう。しかし、年収が上がったからといって、すぐに引越しする人は少ないでしょう。年収が上がれば多少財布の紐もゆるくなるかもしれませんが、不景気な社会情勢の中でぜいたくし過ぎてしまうのは、抵抗を感じる人も多いでしょうから、ぜいたくするにもやはり限度があります。

 

どうすれば貯蓄できる?

 

 

このため、貯蓄するには、まず固定費を減らすことができるか考えてみるのがひとつの手段であるといえます。例えば、電気代を月々1,000円減らすだけでも年間12,000円、ガス、水道なども同じように減らすことができれば、36,000円多く貯蓄することができるようになります。月々の多少の変動だと気がつきにくいのですが、年間でみてみると差が出ることに留意してみると日々のちょっとした行動に変化が出せるのではないでしょうか。

 

また、そもそも年収が上がれば貯蓄できる可能性が高くなるのですから、年収を上げてしまうテクニックもあります。昇給が難しい近年、話題になっているのが副業です。

 

 

現在貯蓄できなくても、月々3万円副業で稼ぐことができれば、年間36万円貯蓄することが可能になります。副業で月々3万円稼ぐことは簡単でしょうか?難しいでしょうか?

 

近年は人手不足で飲食店など数時間単位で働くことが可能になっているところもあります。時給1,000円で2時間働けば、単純計算で1カ月20日40,000円になります。年間48万円貯蓄することができるようになります。

 

もちろん現在就業している会社が副業禁止の場合この手段は利用できませんが、そうでない場合はご自身で検討してみるのもいいのはないでしょうか。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

香典やお見舞いの金額。祖父祖母や嫁の親、叔父叔母の相場はいくら?

ある日突然訪れる不祝儀事や病気のお見舞い。これら冠婚葬祭にまつわるお金の相場は、おつき合いの程度、贈る側の社会的な立場、年齢、地域など、さまざまな条件によって違…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

めんどくさがりズボラ女子でも、1年で貯金100万を達成できる3カ条

お金が貯まらない。でも細かく予算を立てたり、家計簿をつけたりするのはめんどくさいからムリ! 性格というのは変わらないもので、めんどくさがり人間がマメな人間になる…

面倒なのは最初だけ!ほったらかしでお金が貯まる方法、試しませんか?

2017年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の対象者がぐーんと拡大し、加入できるようになった方も増えました。また、2018年1月から、払い込みの月などを選べるようになったため、より利用しやすくなりまし…

そのレシート捨てないで!「お金に変わる領収書・レシート」はコレ

確定申告の季節が終わり、花粉症が猛威をふるっているこの時期……。ぜひしておいてもらいたいことがあります。それは、医療機関はもちろんのこと、市販薬に関しても、領収書やレシートを捨てないで保管しておくことな…

お財布の買い替えどきって?2018金運最強の「春財布」はこの日に!

いつも節約しているのに、お金が思っているより貯まらない。神頼みや縁起を担ぎたい。そんな方に向けて、春ならではの金運を引き寄せる方法をお伝えします。縁起はいいほどいい。「春財布」は最強!春にお財布を買っ…

確定申告、間合わなかった人もあきらめないで!まだお金は戻る

毎年、受付開始がニュースになるほどの確定申告。2017年度は終わってしまい、「すっかり忘れてた!」という方もいるかもしれません。でも、まだ間に合うかもしれません。「自分には関係ない?」あるかもしれません。…

今年こそ100万貯める!「利息のリターン以上」なお得おもしろ定期預金5選

お正月のドタバタも落ち着き、ボーナスで買わなければいけないものや、予定していた支出が無事に済んだころでしょうか? 今年こそは100万円貯めたい、でもただ貯めるだけじゃつまらない。「面白い定期預金で貯めた…

買わないで!新年の運気が下がる「ダメ福袋」3つの見抜き方とは

12月から1月2月と、セールや福袋の登場に心躍り、ついつい財布のヒモも緩みがちです。でも、待ってください。買うときはわくわくしても、結局着なかった、使わなかった、という場合もあるのです。そうなると、お得な…

東京メトロ利用者は通勤定期を買うと損、は本当?年間1200円の損って何?

あなたは通勤定期を購入していますか? もし答えがイエスの場合、「学生時代の学割定期の感覚でそのまま購入」していませんか?学割定期の場合、割引率が高いため、買わない選択肢はないのですが、通勤定期の場合、…

安物買いの銭失いって本当?ブランドバッグの費用対効果を考える

世の中に「安物買いの銭失い」という言葉があります。この言葉は、安いものを買っても、質がそれほどよくないためにすぐ買い換えなければならないことから、結局のトータルコストはかかってしまうため却って損になっ…

最新統計に見る「女性の平均年収」の低さ。なんでこうなるの?

今年も国税庁から平均年収に関する統計が発表されました。今回はこの「平成28年分民間給与実態統計調査」をもとに、気になる「みんなの平均年収」を見ていきましょう。女性は毎年平均年収が低い結果になっていますが…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもしれませんよ。今回は、このバスの通勤定期券…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事