「乾燥しすぎて化粧水さえ入らない」そんな40代肌を救うこの冬の3大スキンケア

気温も湿度もいっきに下がり、肌が急激に乾燥する季節。たかが乾燥、と放っておくと命取り。乾いた肌は折りジワが付きやすくなるし、肌内部がスカスカだと毛穴や開きやたるみも目立ってきます。さらに肌のターンオーバーリズムが乱れて、くすみやたるみなどのあらゆるエイジングサインの原因にも。放っておけない40代の乾燥、まずは化粧水を見直して、しっとりみずみずしい肌を目指しましょう。

 

 

保湿力が進化した最新の化粧水は、40代にぴったり!

肌が乾燥し過ぎて、化粧水さえ入っていかない、なんてこともありますよね。でも大丈夫! この秋、発売された新作の化粧水には、40代のしぶとい乾燥やカサつきも即座に癒やしてくれる名品があるのです。

たっぷりの潤いを与えて逃さない、肌に貯水する化粧水

エスト ザ ローション 140ml ¥6,480/花王

今年の保湿化粧水の代表作ともいえるのが、エストのザ ローション。ほどよいとろみのある感触ながらスッと肌に入り込み、潤いをガチッとホールド。本来、化粧水は水分を補給するもので、肌にフタをして水分の蒸発を防ぐのは乳液やクリームの役目ですが、この化粧水は塗りっぱなしでも水分が蒸発する感覚がまったくナシ(だからといって、化粧水だけでフィニッシュするのは絶対にNGですが)。その秘訣は、砂漠の生物が生み出すエクトインという成分にあり、このエクトインが角層細胞内で潤いを抱え込んで保持してくれるそう。保湿してもすぐに乾いてしまう人、ヘビーな乾燥肌の人もきっと気に入るはず。

透明な乳液みたいに、水分&油分をバランスよく補給

モイスチャー ハイドロ ローション 100ml ¥8,640/SUQQU

SUQQUのこちらは、大人の乾燥トラブルのために作られた化粧水。とはいえ、テクスチャーはシャバシャバ軽やか。それでいて肌になじむと、もっちり吸い付くような仕上がり。実は、この透明な化粧水には極小サイズの乳液粒子が配合されているんです。水分と油分の両方を補うことができ、しかも乳液粒子が極小だからこそ、ベタつかないし、浸透もスムーズ。40代の乾燥肌は潤いが不足しているだけでなく、皮脂が減って油分も枯渇していることが多いので、まさに理想的な化粧水。同シリーズのクリームと併用すると、ますますムッチリ、ハリが高まります。

濃密なとろみ感触で、肌も心もヒタヒタに満たす

DEW ローション 150ml ¥3,780(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品

この秋、大リニューアルしたDEW シリーズ。濃密なとろみ化粧水が、肌でホロッととろけるような感触がとにかく気持ちいい! 乾燥してこわばった肌がもっちり柔らかくなり、ベタつきも残りません。素早くメイクをスタートしたい朝にも便利で、プロのヘア&メイクさんでも撮影現場に持ち込む人が増えているようです。もともとDEWは肌のヒアルロン酸代謝に着目しているブランドで、肌のハリや弾力アップに定評があり、40代のしぼみ肌のケアにも最適。よりエイジングケア機能の高いDEW スペリア シリーズもありますが、DEW スペリアの化粧水の価格はDEWの化粧水の約2倍なので……、まずはこちらで、至福の保湿力とハリ感に浸ってみては。

問い合わせ先

花王  0120-165-691

SUQQU 0120-988-761

カネボウ化粧品 0120-518-520

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

ほうれい線はその起点「小鼻の横にある溝」からケアして!シワ対策は【Katsuyoの顔筋ケア#3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

美容ライター 摩文仁こずえが選ぶ、2018年ベストコスメ

今年1年間に発売された製品の中から選び抜かれた「ベストコスメ(ベスコス)」。雑誌などで特集も組まれていますが、ここでは完全に個人的な好みで選んだMYベスコスを発表します!私はもともとミーハー気質で、光GENJ…

【美容ライターが提言】40代「目元の乾燥」どう対策する?やってないとヤバい目元美容とは?

今月のオトナサローネは、大人の乾燥対策がテーマ。ここでは、40代女性ならほぼ100%の人が気になっているはずの、目もとの乾燥にフォーカスします。目もとの皮膚は顔の他の部分に比べて厚みが1/3ほどしかなく、皮脂…

塗るだけで歯が白く美しく立体的に?3つのプチプラリップで叶います

大人の女性にとって、口紅は新調するのが難しいアイテム。肌から色浮きしていない? オバサンっぽく見えない? 時代に取り残されてない……? などなど、考えれば考えるほど、新しい1本に踏み出すのを躊躇しがち。ですが…

マロ自眉もあくまで自然な「生えてた風」に。40代を救う眉リキッドがブーム!

細眉ブームのときに抜いた眉毛が復活せずに、いまだに麻呂眉。そうでなくても年とともに眉毛が細く薄く少なくなってきた……。そんなお悩み、40代女性に多いのではないでしょうか。アムロちゃんの引退宣言は衝撃的でし…

たるみもほうれい線も! 40代こそ使いたい最先端コスメ3選

みなさん、たるみケアしていますか? たるみやほうれい線はシミやくすみと違って、ファンデーションではなかなか隠せないのも痛いところ。夕方のエレベーターの鏡や、帰宅時の電車の窓に映った自分の顔……、その深い影…

3歳若見え! ペタッとつぶれた髪の分け目をふんわり戻すワザ

髪の根元がペタッとつぶれていると、いっきに貧相で生活感あふれる印象になりますよね。柔らかなネコ毛が外国の少女みたいにオシャレに見えることもありますが、それは顔が若々しければ、の条件付き。ほうれい線+ペ…

「老けた?」と言われない!オトナ美肌を叶える秋ファンデーション4選

はじめまして、美容ライターの摩文仁こずえです。これからBEAUTYの記事を執筆していきますので、どうぞよろしくお願いします。常に数多くの製品をお試ししていて、新製品や季節モノが大好きなミーハー気質。現在は雑…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事