口下手な40代独女に勧めたい。印象をプラスに変える「復唱」テクニック

「人の輪の中にいてもスムーズに会話に入れない」「ふたりで話していても上手く言葉をつなげられない」など、いくつになっても口下手なことに悩む女性は多いと思います。

会話が止まってしまって、何だか気まずい空気に……なんてことは避けたいものですが、上手く言おうとすると余計に力が入ってしまって空回りします。

話すときは、まず相手の話にしっかり耳を傾けること。

緊張するときは、相手の言葉を復唱しながら会話を進めると、テンポ良く続けられます。

 

緊張すると相手の話が聞けなくなる

 

大人数でも3人であっても、会話にちゃんと入れていない感覚があると、焦って「何か言わなくちゃ」と思いますよね。

自分も話題についていきたいし、自分が黙っていることで場が気まずくなるのを防ぎたいとも思うと、つい焦って見当違いなことを口にしてしまいます。

特にビジネスでは、初対面の人と会話する機会も多いし同僚や上司とのやり取りもあって、上手く会話ができないとコミュニケーションでつまずきを感じることもありますよね。

「口下手」な自分を自覚してしまうと、誰かと話す機会ができるたびに緊張してしまいます。

上手く言葉が出てこないのは、相手の話が頭に入ってこないことが原因です。

「え、ちゃんと聞いているよ?」と思うかもしれませんが、それは聞いているというより「言葉が耳に入ってきているだけ」の状態かもしれません。

緊張して肩に力が入っていると、しっかり耳を傾けているつもりでも実は肝心の内容が脳を通り過ぎてしまい、相手が本当に言いたいことを掴みにくくなります。

焦って言葉を口にしてみたものの、見当違いなことや場違いなものになってしまうのは、相手の話をちゃんと受け止めることができていないからなのですね。

 

まずは相手の話に集中する

 

友人と話していて、楽しいと感じるのはどんな瞬間でしょうか。

「そう思わない?」「わかるー!」のように、同じ気持ち、感覚を共有できたときではないですか?

感情や感覚を共有することは、相手との信頼を築きます。「この人は自分と似ている」「気持ちをわかってもらえる」と無意識に感じることで、もっと仲良くなりたいと思うのですね。

共感する力は、相手の言いたいことを正しく理解することから生まれます。

ちゃんと話さなくちゃ、と緊張していると、自分が発信することに意識が向いてしまい、一番大切な相手の話を聞く姿勢が持てません。

言葉を発することはひとまず脇に置いて、まず相手の話に集中してみましょう。

「この間彼とケンカしちゃってね、こんなひどいこと言われたの」と友人が言うとき、相手が伝えたがっているのは何でしょうか。

何か言おうと思って「そうなんだ、彼はひどい人だね」と表面的な話題だけに反応してしまうと、相手が本当に共感して欲しい部分に気が付きません。

短い言葉でも、相手がどんな言葉を口にするか、どんな表情を作っているか、情報はたくさんあります。

ひどいことを言われたのに、怒っているのではなく悲しい顔をしているなら、本音はそこにあります。

「つらかったね」「大変だったね」と相手の気持ちに寄り添う言葉が返せるのは、相手の言いたいことをちゃんと理解できるから。

「聞く姿勢」は、言葉だけでなく相手の存在をきちんと受け止めることが大切です。

 

復唱することで会話のテンポを作る

 

仲の良い人ならリラックスして聞くことに集中できるけど、初対面の人だったり複数の人数になるとやっぱり緊張する・・・。

そんなときに使いたいのが、相手の言葉を復唱するテクニックです。

「最近ゴルフを始めたんですよ」と言われたら、「ゴルフを始められたんですね」とまずは返します。

自分もやっているなら「どこのゴルフ場に行かれるんですか?」など続けられますが、そうでないときはいったん相手の言葉を受け止める返事をします。

「運動不足が気になって……」「運動不足、気になりますよね」

と相手の言葉を繰り返すやり方なら、ひとまず見当違いな返答を避けられます。

あまり復唱すると会話が続かなくて相手も気にするので、話し始めに使うようにしましょう。

言葉を繰り返すことは、自分からの発信をスムーズにつなげることにも有効です。

最初に相手の言葉を復唱することで会話のテンポをつかみ、「ゴルフって結構歩きませんか?」など、話題に添った言葉が続けられるようになります。

相手の本当に言いたいことがすぐに理解できなくても、まずは会話を「続ける」ことができればOKです。

話すことで緊張が薄れてくれば、相手の表情や身振りなどの情報をキャッチする余裕も生まれます。

 

 

「口下手」で悩んでしまうのは、それだけ会話を楽しみたい気持ちの現れでもあります。

上手く話そうと思えば思うほど、言葉は空回りします。自分からの発信をいったん止めて、相手の話に集中することで、聞く姿勢を鍛えてみましょう。

相手の気持ちに共感する言葉は、何より相手を受け入れないと出てきません。

焦らずにまずは耳を傾ける落ち着きが持てると、自信を持って発言できるようになります。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

比べるから苦しくなる。40代で「友人が少ない」はダメなことじゃない

学生のころや若いときは気軽に話せる友人がいたけど、40代になるとすっかり連絡もご無沙汰・・・。気がつけば、休日に誘える人がいない。「友達が少ない」ことに悩む40代独…

知らぬ間に避けられてる?「めんどくさいオバサン」会話の特徴3つ

職場であったり友人であったり、会話するのも疲れるような40代独女っていませんか?避けたくなる女性の特徴は、とにかく「面倒な人」であること。他人を不快にする振る舞い…

気をつけて!職場で「足を引っ張るアラフォー」になってない?

職場でも友人関係でも、何かと「足を引っ張る」アラフォー女性っていませんか?良いところで水を差す、順調なのにケチをつける。こんな女性は、周りの幸せを素直に喜べない…

40代女性は今すぐやめて!「人が遠ざかる」イタい口ぐせ3つ

普段、何気なく口にしている言葉ですが、ネガティブな響きのものって他人から聞くとテンションが下がりませんか? 自分ではそんなつもりがなくても、自分の発言が人に与え…

一緒にいるとイタい40代になる!?「愚痴っぽい人」からさり気なく離れるコツ

顔を合わせれば誰かの噂、何かの文句……。「愚痴っぽい人」は、常に自分の気持ちを他人に満たしてもらうことを求めています。ストレスを我慢して付き合っていると、自分も疲…

うそも方便!大人が使いたい「飲み会を断るときのフレーズ」3つ

12月に入ると、会社や取引先など仕事のお付き合いで飲み会が増えるというアラフォー女性も多いでしょう。気乗りしないものもあるけど、断ると角が立ちそうで……。なんていう…

人間関係に疲れを感じたら。40代に試して欲しい上手なリセット方法3つ

仕事もプライベートも忙しい40代。毎日忙しなく過ごしていると、人との付き合いに疲れを感じるときもありますよね。かと言って職場ではどうしても顔を合わせる人、趣味の場…

「職場で感じのいい人」が密かに心がけている3つのこと

どの職場にもいる「うるさい先輩」。あなたが新人時代にもいましたよね。その人達にはどんな特徴があったでしょうか。また逆に、そう言われない先輩にはどんな特徴があるで…

モテる40代女は「同僚男性の異動」を聞いたら反射でこんなことをしている

3月は人事異動の発表があり、オフィスも慌ただしくなる時期ですね。仲間との別れは名残惜しいけど、新しい環境に向けて心の準備を整えるのが男性。"新天地"への期待と不安…

きっかけは意外なもの!?40代独女との「交際に発展した夏デート」3つ

じめじめした梅雨が明けると、外は一気に夏モード。外出が楽しくなる季節は、気になる男性とデートに行く時間を増やしたくなりますよね。イベントが多い夏は、男性も同じく好きな女性を誘う機会をうかがっています。…

男性が誘いたくないと思う40代独女の「残念な身だしなみ」

梅雨が明ければ日差しの強い夏が来ます。暑さの厳しい時期は、薄着のファッションを好んで着たり、メイクも涼し気なカラーを選んだりと、装いにも変化がありますね。外出もしやすくなる夏からの季節、男性も気になる…

モテない女っぷり、LINEでバレてる!「男がその気になれない」40代の特徴って

気になる男性にせっせとLINEを送るけど、イマイチ良い反応が返ってこない……。そんなときは、男性をポジティブに引き寄せるLINEができていないのかもしれません。言葉ひとつで相手に与える印象は変わります。気遣うつ…

忘れられない……40代・50代の男性に聞いた「別れたことを後悔する女性」

終わりを迎えた恋。そのときはそれが最善だと思って別れを決めたのに、時間が経って冷静になってみると、やっぱり後悔する気持ちのほうが強くて……。こんなことは、女性だけでなく男性にだって起こります。特に、40代…

「おひとりさま」が結婚したい相手は?オトナ女性が求める男性像

50歳、60歳を迎えても、好奇心を忘れず肉体の衰えもまだまだポジティブに乗り切れる。現代は、こんな「おひとりさま」が男女ともに多い時代です。ずっとシングルで過ごしてきた女性も、バツイチの人も、年をとったか…

豆腐が髪を育てる?「カンタン薄毛対策」私のおすすめ3つ【特集オトナの髪悩み】

私の髪は小さい頃から「薄毛&猫っ毛」で、どんなにがんばってブローしてもぺったりと髪が寝てしまうことが悩みでした。20代のときはパーマにも挑戦してみたけど、「左右の髪でパーマのかかり具合が違う」「ふんわり…

どれが正解?40代独女が気をつけたい「気になる男性とのLINEマナー」

手軽にやり取りができて、気になる人との距離が縮めやすいLINE。積極的に使いこなしている40代独女も多いと思います。一方で、「IDは交換したけど、なんて送ればいいかわからない」「ちょうどよい頻度ってあるの?」…

え、こんなときに!?男性が40代独女に出す「近づきたいアピール」

いくつになっても、恋に臆病になるのは男性も同じ。いいなと思う40代独女がいても、なかなかきっかけを掴めずに悩む男性は多いようです。「警戒されず、ダサくならない近づき方」を考えている男性が出すアピールは、…

残念ッ!「気配り下手」な40代独女が逃がす恋のチャンスって?

恋愛のきっかけはさまざまですが、気配りの上手い女性は男性の心を動かすのも早いもの。相手を思いやる気持ちが見てとれると、男性は居心地よく過ごせるなと感じます。逆に、配慮の足りなさが目立つ女性だと、どれだ…

騙されないで!40代独女を狙う「アソビ目的な男」の特徴3つ

真面目に私のことを思ってくれていると思ったら、アソビ相手としか見られてなかった!?男性の中には、アラフォー女性を自分の都合よく扱おうとするけしからん輩もいます。いい顔して近づいてきたと思ったら、目当て…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事