寝ながらやさしく腰痛対策、ギックリ腰にオススメポーズ

秋あるある不調の一つとしてギックリ腰があります。なにげない動きをした時に腰に激痛が走る、寒くなると腰が軋む、腰が重いなど思い当たる節がありませんか?多少ごまかしの効いていた腰痛予備軍が秋本番を迎えるころに悪化しないためにもケアしましょう。

寒さで固まった身体をいきなり動かすのはイタタタとなりかねません。寝ながらできるやさしいヨガポーズをご紹介します。

スマホでこの記事を表示し、書かれている通りに身体を動かせばOKです。

柔らか美尻?カチコチお尻が腰痛の原因に?

 

重度のギックリ腰になると立つ事もできないなど経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか?ギックリ腰や腰痛になった時に腰を摩ったりマッサージしたりしますが、痛む場所だけが問題点とは限りません。

腰痛の一般的な原因は臀部、臀筋(お尻の筋肉)にあると言われています。自覚症状が出にくいお尻の筋肉はデスクワークの方は硬直しカチコチになりやすいのです。

腰痛の原因は股関節、背中、仙腸関節も関係しています。

ただ座るだけに存在しているようなお尻ですが、歩く、走るなどの動きもお尻が活動しています。

足を後ろへ伸ばす、内側へ振るなどの下半身の動きの要はお尻の筋肉。特に瞬時に動く躍動系の動きに関係しているので、硬直ぎみのお尻の方は不意打ちの力みやバランスに身体の反応が崩れギックリ腰になりやすいです。

意識しなくても出来る立つ、座るの自由な動きに制限がかかり生活に支障をきたすギックリ腰や腰痛を予防、緩和するためのポーズです。普段なかなか意識することのないお尻の筋肉の状態を確認しながら重力に逆らわずゆっくりお尻、腰、背中を解しましょう。

寝転びながら腰をケアできる針の穴ポーズ

(写真モデル:安藤けいこ)

就寝前や起床時にたった5呼吸、腰を中心に身体の調子を見る時間を作りましょう。

両手が足の間を通らなくてもOKです。まずは片足を反対側の足にひっかける事からスタートです。

針の穴ポーズ(スチランドラ・アーサナ)

①仰向けになります。仙骨、背中、後頭部をしっかりとマットに着地させます。

②左足の膝を立てます。

③右足の外側くるぶしを左膝、もしくは左太腿に乗せます。右足の足首はしっかり曲げます。

④息を吸いながら左足を引き上げ、両手で左足を抱えます。右足の間に右手を通して左太腿裏で両手を組みます。(両手が届かない方は左太腿を掴む、もしくは右手を通さずに左膝を外側から掴む)

⑤息を吐きながら右足の太腿からお尻がストレッチしているのを感じます。

⑥この時、顎が上がりすぎている方は顎を引き、なるべく胸をひろげ背中をしっかりマットに着地させたままです。

⑦ゆっくりと呼吸を繰り返します。(約30秒~1分)

⑧の足も同様に行います。

効果:腰痛の緩和、股関節の柔軟性UP、お尻のコリ解消、肩コリの原因にもなる僧帽筋(背中の広範囲)を解す、骨盤まわりの血流を促し冷えを解消、美尻なボディライン。

 

いかがでしたでしょうか?

さぁ秋本番ですね。健やかで伸びやかな身体で芸術やスポーツを楽しめるように少しずつセルフケアご一緒しましょう。

 

「安藤けいこさんの個人ワークショップが開催されます」

11月25日(土) 大人の呼吸法 –冬支度編- 神奈川県鎌倉市 光明寺

詳細は、http://ptix.at/fUPFje

11月26日(日) リラックスヨガと呼吸法実践 神奈川県逗子市

詳細は、http://kokucheese.com/event/index/493061/

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

今すぐ!4呼吸でお腹がへこむ奇跡のドローイン

ドローインという言葉をご存じでしょうか? 知っていても、知らなくても、大丈夫。今からたったの4秒、ちょっとご一緒にお願いします。では、いきますよ?1・何も意識せ…

朝昼スキマ時間30秒の肩甲骨ストレッチで「見た目おばさん」ストップ!

先日、同世代の友人と話していて、「何歳から、おばさんと呼ばれて然るべきか?」という話題になりました。若くても、子供がいる人は「おばさん」「おばちゃん」と呼ばれる…

夏までにお腹ぺったんこに!お腹やせの秘訣は「3つの腹」刺激

はじめまして。エステセラピストの町山和代です。私は、2011年に“癒し、美容と健康”をテーマに、美しさと輝きを自然の力で取り戻すことを目的とした自然派サロンをオープン…

「肩甲骨はがし」10秒~1分でOK!お仕事中の3大不調を今すぐ解消

その不調、いま座ったままで解消しましょう! 「肩甲骨はがし」を応用した[オフィスはがし]で、座りながらでOKの解消方法をご紹介します。どれも10秒~1分と短時間ででき…

理想はすんなりシュッ!バレエストレッチで体型を整える

自分のボディラインになんとなく緊張感がないと感じるのもアラフォー以降の悩みです。しかし欲しいのはマッチョな緊張感ではなく、しなやかさのある緊張感ではないでしょう…

背中のハミ肉に、ぐるぐる背中ほぐし。肩甲骨はがし#22

こんにちは、たんだあつこです。私はゴロゴロ寝ながら 自分の体は自分でほぐす[寝たまま肩甲骨はがし]を指導しています。でも、みなさんがこの記事を読むときは、オフィス…

春眠暁を覚えず!?スッキリ目覚めて動ける4ステップ!

昔から「春眠暁を覚えず」などといいますが、暖かな心地よさの裏返しか、微妙に眠気が残ってスッキリ起きられない……そんな朝におすすめのアイテムや、ユニークな目覚まし方…

5分でウエスト 2.5cmやせ! バスタオル2枚ですぐできる骨盤メンテナンス

疲れが抜けない、肩こりや腰痛がひどい、生理痛が重い、そして下半身太り……。そんな悩みの元として注目されているのが、“骨盤のゆがみ”!肩の高さやウエストのくびれ方が左…

寝る前5分でその日の股関節づかれをスッキリ伸ばす!「上向きストレッチ」

寒くなってきたせいでしょうか。ヒザが痛い、腰が重い、股関節の動きがスムーズでないなど、下半身に違和感がありませんか?年をとっていけばいずれは歩行そのものに違和感が出てしまうものですが、だからこそ、ぜひ…

ダイエットはまず「ふくらはぎの筋肉づくり」から!やわらかく伸ばす10呼吸ストレッチ

太ももはスカートで隠せるとして、立っても座っても隠せないのがふくらはぎ……。最近はくるぶしを出すパンツも多いので、膝下から足首までスラリとしていると足全体が細く見えますよね。そこで今回は、引き締まった身…

「僧帽筋ストレッチ」で背中のオバサンくささを撃退。すっきりした後ろ姿に

僧帽筋って知ってますか? 背中の上部を覆ういちばん表側の筋肉です。この筋肉がたるんでいると、いきなり「見た目オバサン」になる要注意筋肉。思い当たる節があったら、夜の3分間ストレッチで痩せる僧帽筋に仕上…

ほうれい線は片目ウインクで消える?40代のたるみをあっさり解消する3つのエクササイズ

40代の友人たちに「体のたるみで気になるのはどこ?」とアンケートしたところ、挙がったのは「顔、二の腕、お腹」でした。いわく、バストやヒップのたるみも気になるけど、補正下着や服装でなんとか隠せます。でも、…

口臭が気になる人。いも、豆と、コレを食べるといいみたい!

自分が話し始めたら相手が口元に手を置いたり、距離をとられたりすること、ありますよね。「あれ?もしかして口臭かな?」と気づくきっかけになります。最近思い当たる節があるなら、もしかしたら夏の胃腸疲れかも。…

肌寒くなったら「白湯」でダイエット!代謝アップ、風邪も防ぐ飲み方は

秋の始まりには身体を内側から温める白湯でダイエット。40代にもなると痩せにくいのを実感します。身体の代謝を上げてダイエットにも一役買うのが朝の白湯。冷え性もなくなり風邪もひかなくなりましたよ。朝一番に冷…

40代のお疲れ、首や肩のコリがひどい……もうコリない肩甲骨になる!

首をコキッコキっと鳴らすのが癖になっていませんか?40代になり筋力の衰えを感じます。座りっぱなしの姿勢を支え続けている酷使しやすい肩甲骨まわりや背中のコリ。こまめに動かしてコリを溜めないように、その場で…

毎朝起きると疲れてる…そんな人、この「5つの夏疲れ習慣」をやってませんか?

夏の疲れがじわじわと出てくる今日このごろ。40代という年齢のせいにしたくもなるけれど、そもそも7月からの猛暑と8月の残暑、連続する台風と気温の乱高下、この天候のめまぐるしい変化に体は適応するだけでも精一杯…

塩レモンとツボ押しで、オトナの夏疲れをスッキリ養生!

盛夏を遊び尽くし冷たいグルメを楽しんだ身体もそろそろ胃腸がお疲れモードに感じる今日この頃。1年で最も体力や消化力が低下する夏の時期から食欲の秋へのシフトチェンジ。いつもの食事でお腹の不調を感じるような…

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹? むっちりヒップ?いえいえ、実は違うんで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事